「お世話になったお礼に」と隣人のオッサンとセックスした人妻に夫が激怒し裁判に!!

セックスのエロ画像

昭和6年7月11日、大阪地裁である裁判の判決が下された。

被告は主婦の光子(29)とその隣家に住む和夫(49)。

原告は光子の夫である一郎。罪状は姦通罪で、判決は懲役4ヶ月だった。なお、人物はすべて仮名である。

ことの発端は、隣人の和夫の厚意であった。一郎は鉄道工として仕事をしていたものの、育ち盛りの子供がいるなどの事情で生活は苦しかった。

そんな状況をみていた和夫は、「何かの足しに」と光子に50銭を渡した。

当時、白米10キロが30銭から40銭であったというから、50銭というと現在の価値でいうと5000円からせいぜい1万円といったところであろう。

それほどの大金というわけでもなく、和夫もほんの親切心という感じだったのだろう。

しかし、日々の厳しい生活に困っていた光子にとって、この50銭は本当にありがたかったのだろう。

貧乏に苦しんでいる人間にとって、金額に関係なく経済的に助けてくれるというのは本当にありがたく感じるものである。

おそらく光子も、この50銭にたいへん感謝したに違いない。

感謝した光子は、和夫に何かお礼をしたいと思った。

だが、困窮した生活では、お礼に手渡すことのできるものなど何もない。

そこで光子は、「この身でよろしければ」と、和夫にセックスで恩返ししたのだった。

和夫もとくに下心があったわけではないのであろうが、断るべきところを、「せっかくだから」と受けてしまったようである。

ところが、その光子と和夫の現場を、光子の甥がたまたま発見。

そして一郎に報告したところ、彼は激怒。裁判所に2人を姦通罪として訴えた。

当時は結婚している女性が配偶者以外の男性とセックスした場合、姦通として夫がその妻と相手の男性を告訴することができた。

戦後、昭和22年(1947)10月に廃止されるまで、不倫は刑法犯として処罰の対象になる可能性があった。

そして、一審では光子と和夫ともに反省の弁を述べたが、両名とも懲役4ヶ月の判決。

これに対し和夫は控訴するとともに、「誠意を見せるので」として懇願したところ、2人とも期限つきで釈放が認められた。

そしてその間に、和夫は親戚中を回って、「血の出る」ような思いで1000円をかき集めた。

現在の価値でいうなら、数百万円から1000万円ほどの大金である。

そして、これを一郎に差し出すと、これでどうか訴えを取り下げてもらいたいと申し出た。

しかし、一郎はこれを拒絶した。

「どんなにお金を積まれても、この怒りは収まらない。それに、告訴は取り下げないと検事さんにも誓約してある」

一郎はそう言って、この1000円という大金を受け取らなかった。

そして、控訴審では一審判決が支持され、光子と和夫は再び刑務所に戻されてしまった。

筆者が感ずるに、なんとも難しい事件である。

繰り返すが、和夫はたかが50銭で光子にセックスを強要したわけでもないだろうし、光子も和夫ととくに情を通じていたかどうかもわからない。

そして、一郎については、よほど自分の妻の不倫が許せなかったのだろう。自分の貧しさを考えれば、1000円は魅力があったにちがいない。

それでも和夫の申し出を拒否した彼を、真面目で実直と見るか、偏屈な頑固者と考えるか、ただちに判断はつきかねるところではある。

ただ、家計のやりくりが大変だったであろうことを考えると、筆者としては光子にいくらかの同情の余地ありではと考える次第である。

【引用元:メンズサイゾー】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ運営者について