「イルカと人間がセックスした」実は、イルカは誘惑的な生き物だった!?

dolphin sex

先日、アメリカのユタ州で開催されたインディペンデント映画の祭典である「スラムダンス映画祭」において、あるショート・ドキュメンタリーが公開され、話題を呼んでいる。

タイトルは、『ドルフィン・ラバー』(監督:カリーム・タブシュ)。

1970年代、イルカと恋に落ち、なんと性行為にまで及んでしまったマルコム・ブレナー(63)による当時の独白記録だ。

現在作家として活動するマルコムが、雌イルカのドリーと出会ったのは1971年。

当時、フロリダ州の大学に通う学生だった彼は、州内の「フロリダランド」というテーマパークで学業の傍ら撮影の仕事をしていた。

そのフロリダランドのイルカの施設にいたのがドリーだった。

初めて二人(正確には一人と一頭だが)が出会ったとき、ドリーはマルコムを警戒して距離をとっていたという。

しかし、やがて彼に近づくようになり、二人の体が触れ合うと関係は変化していく。

彼は、映画の中でその瞬間のことを次のように語っている。

「最初は頭を撫でて、それから背中、尾びれ、そして尻尾に向かって手を動かしていったんです。

すると、彼女がゆっくりと回転してお腹の方を上にしはじめ、私の手がちょうど彼女の性器の割れ目に触れたとき、ピタリと止まったんです」

“そこを触って”というドリーの意思表示。
雌イルカの積極的なアピールに最初は戸惑っていたマルコムだったが、何度も繰り返すうちに彼の中にもある思いが生じはじめる。

「もし彼女が人間の女性だったらと考えたら、ためらう理由なんてない」

それからというもの、毎日テーマパークの閉園後にマルコムとドリーは逢瀬を重ねたという。

映画の中では、彼らがどんなかたちでセックスをしたのかアニメタッチで分かりやすく描かれているが…。ここでは詳細を控えよう。

ちなみに、フロリダ州には獣姦禁止法があるが、それが施行されたのは2011年からなのでマルコムの行為は法的にはセーフである。

さて、イルカと性的な関係にあったという人は、実はまだ他にもいる。

昨年、さまざまな海外メディアで報じられ話題になったため知っている人もいるかもしれないが、科学者のマーガレット・ハウ・ロヴァット(72)だ。

1960年代、彼女はNASAが行う「動物に英語を教える実験」の一環として、青年期を迎えていた雄イルカのピーターの先生役を務めていた。

しかし人間でいえば思春期に当たる年齢だったピーターは頻繁に発情し、興奮からか、少々乱暴になることもあったため、そのたびに雌イルカがいる水槽に移されていた。

しかしあるとき、「自分でやった方が手っ取り早く、その分、英語の勉強に時間を充てられる」と考えたマーガレットは、自らの体でピーターの性的な衝動を発散させるようになったという(ふつう、なかなかそういう発想にならないと思うが、さすが科学者、合理性を重んじるのだろう)。

マーガレットはピーターとの行為(彼女の場合は、いわゆる性行為までには至っていない)をBBCのドキュメンタリーにおいて次のように回想している。

「彼はとても優しく穏やかなものでした。ピーターがそこにいる。そして彼も私がここにいることを認識している…。

彼にとっては性的な行為だったのでしょうけど、私にとっては性的というより感覚に訴える気持ち良さでした」

イルカが人間に対して発情するケースは、実はそう珍しいことではない。

YouTube上にも、水族館のショーなどでイルカに触れようとした観客の上に馬乗り(またはイルカ乗り)になり、腰を振るという動画が多数見られる。

種の垣根を越えた異種姦は、自然界において稀に見られるものだが(最近もアザラシがペンギンを強姦する衝撃的な映像がネット上を騒がせていた)、そこにマルコムとドリー、そしてマーガレットとピーターのように気持ちが通じ合っているようなケースは少ない。

イルカは自閉症者と健常者を見分けられ、なんらかの障害を負っている人には特別優しく接することから、セラピーなどでも活用されている動物。

もしかしたらほかの動物以上に、人間と深いつながりを生むことができるのかもしれない。

【引用元:メンズサイゾー】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ運営者について