「H初体験はほぼ中学時代!?」14歳で子作り生中出しセックス開始する、中国”早産村”の異常ぶり

中国の早産村

一人っ子政策に幕を下ろし、「産めよ増やせよ」の二人っ子政策に転じた中国だが、同国最南端の海南島にある、異様なまでの「早婚・早産村」が問題となっている。

その漁村では、女性は10代前半での結婚・出産は当たり前で、20歳になっても未婚だと行き遅れ扱いされるのだという。
中国のニュースサイト「今日頭条」が伝えた。

中国の婚姻法では、結婚年齢は男性が22歳以上、女性は20歳以上となっているが、村の人の話によると、女性は15~16歳で結婚するのが普通。

病院の記録によると、この1年間に出産した108人の女性のうち19人が20歳以下で、最年少は14歳。
しかも、19人のうち15人は2人目の出産だった。

そのため、30歳にして祖母になる人も珍しくないという。ヤンママならぬ、ヤンババだ。

取材を受けた16歳で妊娠5カ月の少女も、すでに1歳数カ月になる子どもがいた。

彼女の17歳の夫は父親と一緒に船で漁に出て、彼女は40歳になる義母と一緒に子どもの面倒を見ているという。

早婚・早産の大きな原因のひとつが早すぎるセックスで、村では中学生時代に初体験を済ましてしまう子がほとんど。

この少女も「セックスするなんて、たいしたことではなかった」と語っている。

日本でも「田舎はほかに娯楽が少ないから、初体験の年齢が早い」などという説がまことしやかに主張されたりもするが、それにしても10代前半での結婚・出産は早すぎだろう。

そして、もうひとつの大きな原因が、親の無知と無関心。
自分たちも若い頃にこの村で同じような体験をしていたことから、今の状況が異常だとは思っていない。

また、母親となるにはまだ心と体の発育が十分ではない10代前半での出産は、女性にとって大きな負担が伴うということを理解していない。

そのため、逆に娘たちが早く結婚して出産することを勧めているほどだという。

なぜ、村の早婚・早産に歯止めがかからないのか?記者が村の計画生育関連部門に取材したところ、担当者は頭を抱えて「罰金を科す以外に、どうしたらいいのか?」と反問されたという。

いずれにしても、村や共産党の職員たちが、たいした対策を取ろうとしていないのが実情だ。

さらに、この村の状況がネットで報じられると、村の各部門の幹部らが慌てて記者に電話をしてきて、「罰金以外に、私たちは教育やPR、調査など、対策を取り始めているところです」と言ったというからあきれるばかりだ。

いずれにしても、村の大人から子どもまで、性や家族についてのしっかりとした教育が早急に求められる。

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ運営者について