セックス初体験は早くても遅くても体に悪いってホント?

童貞

「筆おろし」とか「ロストバージン」とか……。

初体験は人生の忘れられない甘酸っぱい思い出ですが、何事もタイミングが大切で、早すぎても遅すぎても体によくないという研究があるのをご存じだろうか。

「そんなこと今さら言われても、もう手遅れだよ」とムッとしたアナタ、思い当たるふしはありませんか?

日本人の「初体験」の平均年齢は、大手コンドームメーカー、相模ゴム工業の調査(2013年)によると、30代男性で20.2歳、女性で19.6歳と最近は女性の方が早くなっている。

初体験に関する研究をまとめたのは、米コロンビア大学の心理学や医学の専門家を集めた総合チームだ。

米の公衆医学専門誌「American Journal of Public Health」の2008年1月号に発表した。

研究は1996年以来、毎年全米規模で行なわれている「性行動と健康調査」のデータから成人男女8466人を対象に初体験の年齢と健康状態との関連を詳しく調べている。

論文によると、対象者の平均年齢は男性が43.3歳、女性が45.5歳で、初体験時の平均年齢は男性が17.2歳、女性が18.3歳だった。

男女とも早い方の25%、遅い方の25%をそれぞれ「早期経験者」、「後期経験者」と定義し、男女ともに14歳以前を「早期経験者」、22歳以後を「後期経験者」とした。

そして、対象者全員に次のように性生活と健康状態を詳しく尋ねた。

(1)初体験は結婚前か、結婚後か。これまでの経験人数は何人か。過去と現在、どういう相手とセックスをしてきたか。

(2)週に何回セックスをしているか。性生活にどのくらい満足をしているか。ED(勃起不不全)などの性機能障害はあるか。オーガズムに達する頻度はどのくらいあるか。

(3)エイズ、クラミジア、梅毒などの性感染症にかかったことがあるか。性行為の際、コンドームなどの予防措置をとっているか。薬物やアルコール依存症になったことはあるか。

(4)エイズ感染者や薬物中毒、アルコール依存症者などの危険な相手とセックスをしたことがあるか。

(5)夫婦(パートナー)関係の生活にどのくらい満足しているか。離婚経験はあるか。

(6)(女性に)望まない妊娠の経験があるか。

その結果、初体験が標準的な年齢の人に比べ、次のように早すぎても遅すぎても健康に良くないことが明らかになった。

(1)早期経験者は男女とも性感染症になるリスクが非常に高い。

その理由は、性のパートナーの数が多いこと、その中に危険な相手がいる可能性が高いこと、そしてコンドームを使わない人が多いことなどがあげられる。
女性の場合、10代での望まない妊娠をする人が多い。

(2)これに対して、後期経験者は性感染症になるリスクが比較的低い。

特に結婚まで童貞・処女だった男女は、結婚後もパートナー以外に性の相手が少ないこともあり、性感染症にかかる人はほとんどいない。

(3)男性の性的機能の面では、非常に興味深い結果が出た。
性的機能に一番問題が少なく、性生活に満足度が高いのは標準年齢での経験者だった。

初体験が早すぎる男性と遅すぎる男性は、ともにEDやオーガズムに達しないことの悩みを訴える割合が高かった。

一方、女性では唯一、経験が遅い人の場合にだけ、オーガズムに達することができないと訴える人が多かった。

(4)夫婦(パートナー)関係の満足度では、結婚後に初めて体験をした男性だけが破局する割合が高かった。それ以外の男女では経験の早い遅いは関係がなかった。

(5)また、性機能以外の全般的な健康状態は、標準年齢での経験者が一番よかった。

この人々は教育水準も一番高く、そのことが初体験後の長い人生の健康につながっている可能性がある。

「セックス・デビュー」は早からず、遅からず、中庸を旨とすべし、というわけだが、いったいどうしてこんな結果が出たのだろう。
研究チームは、論文の中で、次のように推測している。

「早すぎる初体験者の場合は、性感染症や妊娠について無知なまま性行為を始めることに問題がある。もっと早くから性教育を行なうべきだ。

また、特に男性の場合に、早すぎる人や遅すぎる人に、EDなどの性機能障害が多かった理由に、男性の性機能には『成熟』に達する年齢があるからと思われる。

そのピークに達する前、もしくは過ぎた後に性的デビューを果たすと、セックス時に過剰に興奮してしまい、勃起を達成し維持したり、オルガスムに到達したりすることが難しくなってしまう可能性がある」

興奮しすぎないよう、女性にクールに対応できる年齢になるまで我慢しようということらしいが……。

【引用元:J-CASTニュース】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ運営者について