人気ポルノ女優・サーシャ・グレイが男性よりも稼ぐ方法を伝授する動画が物議を醸す

Sasha Grey

アメリカの元人気ポルノ女優、サーシャ・グレイが、自らの経験をヒントに男女の賃金格差を紹介する動画が物議を醸している。

「私はサーシャ・グレイ。18歳になった私は高校を辞め、違うキャリアを追い求めたかった」との言葉から始まるこの動画。

「秘書や教師、ウェイトレスとしても働いたわ。看護師をしていた時は医者よりも稼いだ。

1年もしないうちに、そういった仕事は、尊敬だけでなく多額のお金をも私にもたらしてくれたの」と、サーシャ。

そう語る彼女の背景には、ポルノ俳優たちの姿が見え隠れする。

そう、サーシャは教師や看護師の資格を持っていない。ポルノの世界でそういった職業を演じていたのだ。

「ダーティなことが好き」と語るサーシャ。「逆さ吊りも経験したし、もちろん縛られもしたわ。

猿ぐつわをした状態でアナルセックスもした。でもこういったことを誇りに思っているわ。だって自分が選んだことだもの。私は何者かって?サーシャ・グレイよ」。

サーシャがそう言い終わると、画面には「男性よりも稼げる方法は、ポルノしかありません。

もっといい他の方法を”equalpayday.be”(賃金平等を考えるキャンペーンのサイト)で見つけましょう」というメッセージが出て、動画は終わる。動画の紹介文によると、女性の賃金はまだ男性のそれよりも平均で22%低いそうだ。

動画はこちら

動画の視聴者からは賛否両論の声が巻き起こっており、過激な内容だけに拒否反応を示す視聴者もいるのは当然だが、賃金の問題を直視するためには十分すぎるインパクトと言えるだろう。

【引用元:AOLニュース】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について