初めてフェラチオを知ったとき…!? 高橋真麻、テレビで赤裸々に性を語る

高橋真麻

お堅く真面目で潔癖、清楚。アイドルやアナウンサーは、そうした処女性を前面に押し出して売っていることが多い。

しかし実際には、その美貌と若さを武器に、人並み以上に奔放な性生活を送っていたりする者もいることは、度々報じられるスキャンダルなどからも明らかだ。

しかし、その神聖な“処女キャラ”を地でいくのが、元フジテレビアナウンサー・高橋真麻(33)。

もちろん、IT系企業の社長との熱愛とその後の破局もあり、“そう”ではないことは重々承知のこととして、俳優・高橋英樹の愛娘ということで、“箱入り娘”というイメージが強く、そう見えるのかもしれない。

そんな彼女が、2月3日の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に出演し、赤裸々に性について語ったと話題になっている。

“トリオTHEバカまじめ”のひとりとして番組に出演した真麻。コギャル時代は日サロへ行ってセンター街を闊歩していたというが、性に関してはとことん真面目だったよう。

“ワンナイトラブ”について話を振られると、「どうやって交渉するんですか?」「どこでするんですか?」と真剣に質問。

さらに、もちろんテレビということを配慮してだがセックスのことを「性交渉」といい、「異物が入ってくる胃カメラのようなもの」と独特の感性で説明するのだった。

さらに、フェラチオにいたっては「アルファベットでいうとEの次に適応する行為」と暗喩し、スタジオの笑いを誘った。

なお、フェラチオという行為自体を知ったのは高校生のときで、「世の中にそんな行為があるなんて想像もしてなかったので、ショックすぎて自分のなかで抱えきれなくなってしまって」母親に相談したと、世間一般の処女もビックリするほどウブぶりを披露した。

さらに「(経験が)ほとんどないから上手にできない」と赤裸々な本音も漏らすのだった。

2013年の春にフリーアナウンサーに転向後、バラエティ界を席巻している真麻だが、そのキャラクターは、「歌ウマ」「グルメ」「結婚できない女」というものがほとんど。

(最近は、「元デブ」などもあるようだが…)そんな彼女だからこそ、深夜番組とはいえ、性的なことをあけすけに語り話題となったようだ。

ちなみに、こうした真麻の発言は女性から「同意。フェラとかしたくない」「胃カメラみたいに異物が入ってくるって感じ、わかる!」と賛同や応援の声があったりもする。

「ほかのタレントがテレビでこういった話をした場合、『お嬢様ぶってるの?』や『ビジネスカマトトでしょ』といった具合に叩かれるハズです。

しかし、真麻さんは“空気が読めない”といえるくらい素直な性格であることは有名で(笑)、おそらく脚色すらしていないのだと思いますよ。

ただ、あまりにも素直に話していたので、番組のことをお父さんが知ったら、叱られるのではないかと見ているこっちが心配になりました(笑)」(芸能ライター)

今回の番組で、答えづらいようなことを聞かれてもごまかしたりせず、自分なりの表現で一生懸命答えていた真麻。

IT系企業の社長との破局からずいぶんと経つが、そろそろ次の恋のひとつやふたつ出てもおかしくない。

その際には、素直な性格の彼女ならば、もっとハードなオトナの世界の話を披露することになるのかもしれない…。

【引用元:メンズサイゾー】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ運営者について