実話誌のマンコやセックス特集が60~70代のシニア層に大ウケ!?そのワケとは!?

AVのエロ画像

いまや「週刊ポスト」「週刊現代」という二大オヤジ週刊誌のキラーコンテンツとなってしまったシニア向けセックス特集。

今夏もその勢いはまったく衰えを見せず、両誌の誌面には毎週のようにこんな見出しが踊っている。

「あぁ忘れられない『驚きの女体』〈死ぬほどSEXあの夜の思い出を語りたい〉」(「週刊ポスト」6/27号)

「女をもっと知りたい電車内で、オフィスで、トイレで、デート中に…彼女たちは普段からこんなエロいことを考えている!」(「週刊ポスト」7/4号)

「カンタン図解こっそり楽しむ「60歳からのエロ動画」」(「週刊現代」7/12号)

「この夏あなたを待つ究極の出会い
シニア世代に急増する甘く危険な「同窓会SEX」」(「週刊ポスト」8/8号)

「週現「生涯現役」教室『70にして勃つ!』その方法と実践講義」(「週刊現代」8/9号)

呆れたのを通り越して笑いがこみあげてくるが、そんな中、最近、両誌がやたら熱心に取り組んでいるのが「女性器」研究だ。

女性のアソコの形がどうとか、どの部分が感じるのかとか。

60、70になってまだそんなことを?と思うのだが、これがもうバカ受けらしいのだ。

中でも話題を呼んだのが、「週刊ポスト」(7/25・8/1合併号)が「死ぬまでSEX ビッグデータ編」というフレコミで実施した女性器調査。

1000 人の女性に「大陰唇の厚さ(幅)は?」「小陰唇の厚さ(幅)は?」「クリトリスの直径は?」「女性器全体は何色ですか?」「陰毛の密度は?」「膣口は上付きか下付きか」など、失礼きわまりない10項目の質問をぶつけ、その集計結果を公開しているのだ。

明らかに「ビッグデータ」という言葉の使い方を間違えている感じがするが、「ポスト」はそんなことはおかまいなしに”女性器についてこれほど大規模な調査は類を見ない”と胸をはり、その結果を20年前に刊行された医学書『日本女性の外性器』(笠井寛司/フリープレス)のデータと比較しつつ、分析していく。

たとえば、大陰唇の厚さは、20年前の調査では「5ミリ以下」が39.3%だったのが、今回の調査では23.6%。

「ポスト」によれば、現代人の大陰唇は分厚くなっているらしい。

クリトリスは逆で、20年前の調査では「5ミリ以下」が43.6%だったのに対して、今回の調査では51.8%と過半数。

そこから「クリトリスの小型化で女性は感じなくなってるのではないか」と推測する。

他にも絶頂でクリトリスは3ミリ膨らむとか、膣口の上付きが20年前に比べて7ポイント増えているとか、86%超の女性が「女性器の黒ずみ」を自覚しているとか、まるで医学書のような細部にこだわった分析が延々と展開されているのだ。

いったいこの探究心はどこから?と不思議になるくらいだが、もっとすごいのが「週刊現代」だ。

増刊号の「週刊現代Special」(8月5日号)を手に取ると、なんと表紙に「女性器『専門学校』を開校します!」というコピーが……。

まさか講談社が女性器の学校をつくったのか?驚いて中をあけたら、ただの袋とじ企画だったのだが、しかし、探究心は「ポスト」以上。

数学から理科、歴史、美術、そして保健体育と、様々な観点から女性器を研究しているのだ。

まず数学では、「統計学による女性器の分類」。

「ポスト」と同じように、大陰唇や小陰唇の長短・立体感・クリトリスの大きさなどをはじきだし、女性器を6つのタイプにわけている。

ちなみに日本人に一番多いのが、大陰唇56~67mm/小陰唇47~57mm/クリトリス3~5mmの「チューリップタイプ」で、その特徴は「見た目は小造りだが中は深く、狭い」、「名器の持ち主」だという。

次に理科では、湿度計を用いて膣内の湿度を測定しているのだが、正常時が88%だとすると、興奮時は98%に上昇することが判明したとか、興奮時の糖度を測定すると7%で、これはニンジン以上、レモン以下の糖度だとか、もはや目的さえわからないくらいマニアックな実験が次々と行われていく。

歴史では、戦前から現在までの、日本女性の女性器の変化を検証。

それによると、戦前の女性は「和式便所や井戸端などでかがむ姿勢をよくとった」ため、「摩擦で色が濃く」「大陰唇が薄めでクリトリスも未発達」で「締りはよかった」という。

そして現在、日常生活が和式から様式に変化したことと比例し、上ツキだった女性器が下ツキになったというのだが、この分析は「ポスト」の調査結果とはまったく逆なのでは……。

美術ではなんと、3Dプリンタでリアルな女性器を再現。

ろくでなし子と同じように逮捕されるのではないかと心配になるが、「美術」だからきっと大丈夫なのだろう。

そして、最後の教科である保健体育では、女性器を歓喜させるテクニックとして、女性が両足を閉じた状態で行う正常位「脚ピンゆらゆら」、腰は「55」を描くように動かす「膣55探訪」など、微妙なネーミングのワザがいろいろと紹介される。

とにかく「ポスト」も「現代」もすさまじいくらいの探究心を見せており、今まで知らなかった事実や驚くような情報が満載なのだ。

そういう意味では、 非常に丁寧に作られたよくできている企画なのだが、ただひとつ解せないのが、「ポスト」「現代」の読者である老人たちがこんな膨大な女性器に関する知識を仕入れて、ほんとうにそれを役立たせる機会あるのか、という点だ。

そんな疑問を、知り合いの男性にぶつけてみると、こんな答えが返ってきた。

「いいのいいの。男はそういうのを読んでるだけで楽しいんだから」

つまり、60歳、70歳のオジイさんたちが「女性器研究」を読みながら「86%の女のアソコは黒ずんでるだってよ、うひゃひゃひゃ」とか「ええっ、クリトリスは絶頂で3ミリ膨らむのか、すんげえ~」とかいって喜んでるってことか。

お前ら、いったいいくつまで中学生なんだよ!?

【引用元:LITERA/リテラ】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について