爆乳AV女優・小向美奈子の今、栃木刑務所「女囚生活」を初激白!「踊り子」としても一からのスタート

AV女優・小向美奈子の今、栃木刑務所「女囚生活」を初激白!「踊り子」としても一からのスタート

薬物の取締法違反により懲役1年6カ月の実刑判決を受け、栃木刑務所に収監されていた小向美奈子。今年7月に刑期を終え、11月には復帰。

さらに12月16日から「横浜ロック座」の舞台に上がる。これまで語られることのなかった「復帰の真相」から「獄中生活」まで、その一部始終を初激白する!

15年2月、覚醒剤取締法違反(所持)の疑いで再逮捕された小向美奈子は、懲役1年6カ月の実刑判決を受け、今年7月まで栃木刑務所に服役していた。

「2度も私のことを支えてくれている大切な人たちを裏切ってしまった。もう許してもらえないだろうなって。なので、出所したらひっそりと飲み屋でもやろうかなって。

私のこと扱いづらいだろうし、もう表舞台に立つことはないと思っていました。

だから出所後、雑誌のインタビューの依頼もあったのですが、全てお断りしていました」

出所直後、ある恩人のもとを訪ねた。謝罪とともに引退の意向を伝えるためだった。

だが、その恩人からは「美奈子はオレの妹だから何があっても見捨てることはない」と断言された。

「不義理をしてしまったので、厳しいことを言われると覚悟していたのですが、逆に励まされたんです。

恩人の方の言葉に『もう一度頑張ってみよう』って。今回、復帰を決心したので、『アサ芸』さんのインタビューにも応じることにしました。今日は塀の中のことも全部話します」

このインタビュー前の11月16日には「AV女優小向美奈子最終章始動」(マキシング)が発売され、AV復帰を果たした。

さらに、来年1月16日にも「緊縛奴隷調教され快楽堕ちする美しき背徳未亡人」(同)をリリースする。

「新作は調教モノで、冒頭を除いて、ほぼ全てのシーンで(縄で)縛られていて、アエぎ悶えています。

首を“ギロチン”にかけられて、ずっと手足が不自由な状態のまま、これでもかってくらいにバックでガンガン突かれたりとか(笑)」

撮影は10月と11月に行われたが、

「兄が使っていたダンベルや、弟の家で見つけた筋トレ器具で“ゆるトレ”して本番に臨みました。

あと、特にコースは決めずに、その日の気分で『今日はこのあたりまで行ってみよう』って、キャップをかぶって、トレーニングウエアを着て、午前中に1時間くらいウオーキングにも出かけて下半身を鍛えましたよ」

ウオーキングは現在も日課にしているが、すれ違いざまに一般の人に気づかれることもあるという。

「『何で小向がいるの?もう出てきたんだ』って。街を歩いても『あれ、小向だよね。胸デカっ』とか、断りもなく、いきなり写メで撮られたり。

しかたないって割り切っているんだけど、でも、やっぱりそういうのってなくなればいいのになって‥‥。そういう点では、刑務所での生活のほうが楽だったって感じることもありますよ」

では、刑務所での生活とは、いったいどのようものだったのか?

「入所する前に『性欲は強いほうですか?』とか『同性に恋愛感情を抱くことがありますか?』など、性癖について聞かれるんです。性欲よりもお酒とタバコを絶つほうがつらかったですね。特にお酒。

私、1日5時間も寝れば大丈夫なので、夜がとても長かったです。やることがないので、トルストイの『戦争と平和』や『アンナ・カレーニナ』などの古典を読破しました」

15年春に入所以降、一部のネット情報では「ボールペンや弁当箱の組立作業をしている」「独居房ではなく雑居房に入っている」など、服役中の様子が伝えられていたが‥‥。

「今日は、どうしても言いたいことがあったんです。刑務所内の生活について、勝手なことを書かれていたみたいですね。

でも、ネットの情報は全部デタラメ。ボールペンなんて一度も組み立てていません! ずっと独居房だったし、『1人はさみしいから、雑居房に変更してほしい』なんて、ひと言も言ってないです。

平日は朝8時半から30分の昼休憩を挟んで16時半まで、洋裁工場でミシンを使って毎日バレエシューズを縫製していました。

以前からストリップの衣装や小物などを自分で作っていたので、ミシンの扱いは得意だったんです(笑)」

栃木刑務所は、600人以上が収容される国内最大の女子刑務所。そこにはさまざまな“女子”がいた。

「全寮制の女子校みたいでしたね。私が入所した直後も『ついに小向が来たらしい‥‥』と、すぐに刑務所内に噂が広まったみたい。

あと、古参の女囚が率いる複数のグループがあって、『最近、アイツが誰々と仲よくしているのが気に入らない』とか『アイツが誰々の悪口を言っていた』など、女の園にありがちな、くだらない足の引っ張り合いが各所で起こっていましたね。

刑務所には中国人をはじめ、外国籍の受刑者も多かったんですが、日本人のほうが陰湿でしたよ」

女子刑務所というだけあり、図書館にはたくさんの料理本があって人気だったそうだが、平日は6時半に起床し、消灯・就寝は21時という規則正しい生活を送ることになる。
そのため“獄中生活で激ヤセ”という報道もあった。

「それも間違っていますね(笑)。確かに痩せる人も多いらしいんですけど、私はお酒が飲めない分、御飯を食べすぎてしまって逆に太ってしまいました。

1日3食の御飯は男性サイズの茶碗に盛られて出てくるし、昼食にあんこたっぷりのコッペパンが出ることも。

祝日には1人1箱クッキーが配布されたり。塀の中のほうが太る誘惑は多いくらいでしたよ。

『運動の時間』があるので、タイ人のグループと一緒にバレーボールをしてダイエットに励みましたが、食の誘惑には勝てませんでしたね(笑)」

1年6カ月の実刑判決を受けていたが、刑期満了を迎える3カ月前の今年7月に仮出所した。

「朝早くにお母さんが車で迎えに来てくれました。近くのコンビニに立ち寄って、緑茶ハイ2本を購入して、その場で一気に飲み干しましたよ(笑)。タバコも一緒に吸ったんですけど、久しぶりすぎて頭がクラクラでしたね。

あと、服役中にお父さんがちぎりパンのレシピ本を差し入れしてくれたんです。それを読んですごくパンが作りたくなって。

家に帰ってから、パンやクッキーを大量に作ったり、刑務所ではあまり卵を使った料理が出てこなかったので、だし巻き卵を作って『吉四六』の緑茶ハイを楽しんだり。

今は毎日のように飲んでいますけど、さすがに量は減りましたね。吉四六のボトルを1日で空けるのがキツくなりましたから(笑)」

今年も芸能界の薬物汚染のニュースが世間をにぎわせたが、彼女は現在の心境について、こう口にする。

「家族はもちろん、今回の復帰をサポートしてくれた人たち、そしてファンの方々を裏切るような軽はずみな行動はしてはいけないって思っています。

『どうせまたしばらくしたら手を染めて捕まるんじゃない?』って思っている人も多いとは思いますが、どんなに悔やんでも反省の言葉を口にしても過去は変えられない。

だから、これからはしっかりと前を向いて、元気な姿を見せることが、心配をかけた方々への一番の償いだし、恩返しだと思っています」

12月16日には「横浜ロック座」での公演初日を迎える。ストリップ復帰についての意気込みをこう語る。

「ハマ劇は舞台が小さいから、お客さんひとりひとりの視線がよくわかるんです。マニアなファンの方は、私の顔や胸やお尻ではなくて、毛穴が気になるみたい(笑)。ワキの下をずっと凝視している人とか。

あと、足の指に興味を示すファンの方もいらっしゃいますね。私の足の指、すごく細くて長いので、スタッフからは“奇跡の指”って言われているんです(笑)」

約2年ぶりにストリップの舞台に上がるため、現在は連日自宅で稽古をしているという。

「ブランクがあるので不安もありますけど、舞台に立つと決めたからには、いい踊りをして、お客さんとのコミュニケーションを楽しんで、みんなの心をつかめたらと思っています。

踊り子としても、一からのスタートですね。新しい小向美奈子の一面を見せられたらいいなと思っています。

12月16日から12月30日まで舞台に立っているので、ぜひ、足を運んでいただけたら、うれしいです」

AVにストリップと、まさに完全復活の小向美奈子。再び“スライム乳旋風”が巻き起こるに違いない。

【引用元:アサ芸プラス】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について