【新今宮駅ホーム突き落とし事件】朝鮮籍の無職・中川晃大こと裴晃大容疑者を逮捕「殺す気はなかった」

裴晃大

大阪の駅のホームで、女性2人が男に押され、1人が線路に転落した事件で、殺人未遂の疑いで逮捕された男は「力を込めて触ったら落ちた。殺す気はなかった」と容疑を否認している。

殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、滋賀県大津市の無職・裴晃大容疑者(28)。

裴容疑者は11日、大阪市浪速区のJR新今宮駅のホームで、女性2人を背後から押し殺害しようとした疑いがもたれている。

女性(63)が線路に転落したが、直後に入ってきた快速電車が7メートル手前で緊急停止し、けがはなかった。

警察が現場の防犯カメラに映った男の行方を捜査したところ、特徴が似た裴容疑者が愛知県内で無銭飲食をしたとして保護されていたことが判明。
13日未明、大阪に身柄を移し逮捕した。

裴容疑者の母親「すごいショックで信じられませんでした。息子があんな悪いことをして本当に申し訳ないと被害者の方に心から謝ります」

被害者女性「やっと捕まったなと思うけど、電車にはしばらく乗りたくないという感じです」

裴容疑者は、「力を込めて触ったら女の人がホームに落ちた。殺そうという気はなかった」と容疑を否認しており、警察が犯行の経緯や動機を調べている。

【引用元:日本テレビ系(NNN)】

■線路突き落とし 28歳男を殺人未遂の疑いで逮捕

11日、大阪市のJR新今宮駅でホームにいた女性2人が男に突き飛ばされ1人が線路に転落した事件で、警察は殺人未遂の疑いで滋賀県に住む28歳の男を逮捕しました。

逮捕されたのは、滋賀県大津市の無職で朝鮮籍の中川晃大こと裴晃大容疑者(28)です。

裴容疑者は11日、JR新今宮駅のホームで女子高校生(18)と女性(63)の背中などを立て続けに線路に向かって押して、殺害しようした疑いが持たれています。

女子高校生はホームに踏み止まりましたが、女性(63)は線路内に転落し入ってきた電車が直前で急停止しました。

警察によりますと、裴容疑者は履いていたサンダルや上着を駅の中で脱ぎ捨てて逃走し電車に乗って愛知県まで行ったとみられていて、その日の夜11時ごろになって無銭飲食をしたとして警察に保護されていました。

取り調べに対し裴容疑者は「女性に力を込めて触ったら線路に落ちたが、殺そうという気持ちはなかった」と容疑を否認しています。

「不幸中の幸いというか、よく運転士さんが止まってくれて、被害者の方にけががなくて怖い思いをさせて申し訳ない」(裴容疑者の母親)

警察は逃走の際に裴容疑者が不可解な行動をとっていることなどから、刑事責任能力があるかどうかについても慎重に調べる方針です。

【引用元:毎日放送】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について