【訃報】“ミスターラグビー”ラグビー元日本代表監督・平尾誠二が死去。享年53歳

【訃報】“ミスターラグビー"ラグビー元日本代表監督・平尾誠二が死去。享年53歳

ラグビー日本代表などで不動の司令塔として活躍し、代表監督も務めた神戸製鋼ラグビー部の平尾誠二ゼネラルマネジャー(GM)が20日午前、死去した。
闘病生活をしていた。53歳。京都市出身、自宅は神戸市東灘区。

平尾氏は京都・伏見工高3年時に全国大会を制し、同志社大では史上初の全国大学選手権3連覇を達成。
1986年に神戸製鋼所に入社した。

神戸製鋼では、3年目からチームを日本選手権7連覇に導き、ラグビー人気を支えた。

また、日本代表として87、91、95年のワールドカップ(W杯)に3大会連続出場。

91年時は主将を務め、日本のW杯初勝利に貢献した。日本代表キャップは35。

現役引退後は、97年から2000年まで日本代表監督を務め、1999年のW杯に出場。
神戸製鋼では、総監督やGMとしてチーム強化に力を尽くした。

また、2019年のW杯日本大会に向け、組織委員会の理事と事務総長特別補佐を務め、大会情報の発信や神戸市など開催都市への助言をしていた。

【引用元:神戸新聞NEXT】

4月撮影の平尾誠二
<今年4月撮影>

■平尾誠二さん死去…53歳「ミスター・ラグビー」

華麗なステップでラグビーの神戸製鋼で7年連続日本一に貢献し、「ミスター・ラグビー」と称された平尾誠二(ひらお・せいじ)・神戸製鋼ゼネラルマネジャー(GM)が20日、死去した。53歳。

日本代表監督として1999年の第4回ワールドカップ(W杯)を指揮した。

平尾さんは京都市生まれ。伏見工高3年の時に主将として全国高校大会で初優勝。

同志社大では1982年度からの大学選手権3連覇に貢献した。同大2年の19歳4カ月の時に、当時としては史上最年少で日本代表入り。

86年に神戸製鋼に入社しSOやCTBを務め、1988年度からは大八木淳史や大西一平とともに新日鉄釜石に並ぶ日本選手権7連覇を達成した。

特に3連覇までは主将を務め、監督を置かないチームの中で、練習方法や作戦などを中心となって企画。

FWとバックスが区別なくボールをつないでいくプレースタイルなど独自の「神鋼ラグビー」を作り上げた。

W杯には87年の第1回大会から3大会連続で出場し、第2回大会では主将を務め、日本のW杯初勝利に貢献した。

97年2月に史上最年少の34歳で日本代表監督に就任。98年1月に現役引退した。

2007年3月から14年3月までは神戸製鋼の総監督も務めた。キャップ(国・地域代表同士の試合の出場数)は35。

【引用元:毎日新聞】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について