リカンベント型自転車で転倒か…46歳の漫画家・小路啓之が死亡

小路啓之 リカンベントバイク

20日午後9時50分頃、奈良県御所ごせ市城山台の国道24号脇の歩道で、男性が顔から血を流して倒れているのを通行人が見つけ、110番。

そばの車道には、あおむけに近い姿勢で乗る「リカンベント」型と呼ばれる自転車が倒れていた。
男性は病院に運ばれ、約1時間後に死亡が確認された。

県警高田署の発表では、大阪府守口市の漫画家小路啓之しょうじひろゆきさん(46)。

現場は長い下り坂を終えた平らな場所で、自転車に接触したような痕がないため、同署は、スピードの出し過ぎで転倒し、頭などを強く打った可能性があるとみている。

小路さんは家族に「和歌山県にサイクリングに行く」と伝えていたという。

【引用元:読売新聞】

■<事故>自転車で転倒か…46歳の漫画家が死亡 奈良の国道

20日午後9時50分ごろ、奈良県御所市城山台の国道24号沿いの歩道で、大阪府守口市八雲西町の漫画家、小路啓之さん(46)がうつぶせで倒れているのを通行人の男性が見つけ、110番通報した。
小路さんは病院に運ばれたが、死亡が確認された。

県警高田署によると、小路さんの顔や両ひざに擦り傷などがあり、そばに自転車が倒れていた。
署は小路さんが自転車を運転中に転倒したとみて、原因を調べている。

【引用元:毎日新聞】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について