大阪・門真で親子4人が刺され父死亡…殺人未遂容疑で小林裕真容疑者逮捕/叫び声で長女「知らない男が父に馬乗り」

大阪・門真で親子4人が刺され父死亡…殺人未遂容疑で小林裕真容疑者逮捕/叫び声で長女「知らない男が父に馬乗り」

19日午前4時10分ごろ、大阪府門真市四宮の大工川上幸伸さん(43)方で、「知らない男が家に入って来て刺された」と長女(19)から110番があった。

府警門真署員が駆け付けたところ、川上さんが刃物で胸などを刺され倒れており、搬送先の病院で死亡が確認された。

長女と次女(17)、長男(15)の3人も刺されるなどしたが、いずれも軽傷で命に別条はないという。

同署は、現場にいた定時制高校に通う小林裕真容疑者(24)=同市北岸和田=を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。

「はっきり覚えていない。今は動揺している」と話しているという。

同署は、容疑を殺人と殺人未遂に切り替え、小林容疑者と川上さん一家の面識の有無などを調べている。

同署によると、現場は2階建ての一軒家で、川上さんは2階寝室で血を流して倒れていた。

2階の廊下には血の付いた短刀(刃渡り約30センチ)が落ちており、小林容疑者が背負っていたリュックの中からは包丁(同約20センチ)、なた(同約20センチ)も見つかった。

長女と長男は左腕、次女は左腕や首を切り付けられるなどしたが、いずれも2週間程度の軽傷。

他に長女の娘(1)が2階にいたが、けがはなかった。小林容疑者も両手を切るけがをしたという。

1階リビングの窓ガラスが割れており、同署は小林容疑者がこの窓から侵入した可能性もあるとみている。

【引用元:時事通信】

<門真・4人殺傷>叫び声で長女「知らない男が父に馬乗り」

◇15歳長男が24歳容疑者を取り押さえる 服は血だらけ

刃物を持った男が突然、民家に押し入り、寝ていた一家を次々に襲った。

19日、大阪府門真市の大工、川上幸伸さん(43)が自宅で刺されて死亡し、10代の長女や長男ら3人も切りつけられて負傷した事件。

現場周辺は救急車やパトカーが集まって騒然とし、近所の住民らは「一体何があったのか」「なぜこんなことに」と肩を震わせた。

大阪府警によると、2階で寝ていた長女が突然、「おまえ誰や」という父の叫び声を聞いた。

2階にある川上さんの寝室で事件を目撃した長女は、「知らない男が父親に馬乗りになって刺していた」と説明したという。

その後、長男(15)が暴れる同市北岸和田3、定時制高校生、小林裕真(ゆうま)容疑者(24)を床に押さえ込んだ。

上着が血だらけの小林容疑者は逃げようとせず、府警門真署員が駆け付けた際、2階廊下でうずくまるように座っていたという。長男は近くで倒れていた。

近所に住むパートの女性(43)はパトカーのサイレンの音で目が覚めた。「外に出ると、パトカーがたくさん来ていて驚いた。自分にも子どもがいるので不安だ」と話した。

近くに住む別の男性(41)は、長女が川上さんの長男と小中学校の同級生といい、事件をニュースで知って駆け付けた。

男性は「川上さんは小学校の運動会に毎回来て、脚立を使って長男らを撮影していた。『子どもが好き。かわいい』と話していた」と振り返り、「すごく優しく、親しみやすい人だった。

他人から恨まれるような人ではなく、どうしてこんなことになったのか」と悔しさをにじませた。

近所の別の女性(40)も「やさしそうな人だったのに。何があったのか」と声を詰まらせた。

殺人未遂容疑で現行犯逮捕された小林容疑者の自宅は、川上さん宅から南東約600メートルの距離にある。

近所の人によると、1階で母親が飲食店を経営している。
店の常連という男性(50)は「5、6年前に母親から『高校生の息子が引きこもりで悩んでいる』と聞いたことがある」と話した。

川上さんと小林容疑者との関係は分かっていない。
19日午前、府警の捜査員が小林容疑者宅に出入りする姿が見られた。

【引用元:毎日新聞】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について