女優引退の原因…高樹沙耶容疑者にマリファナ教えた事実婚相手・森山繁成の正体/高樹沙耶容疑者を送検、大麻取締法違反容疑 同居男性2人と那覇地検へ

森麻繁成と高樹沙耶

選んだ“相棒”が悪かった!? 大麻所持の現行犯で25日、厚労省関東信越厚生局麻薬取締部に逮捕された元女優の高樹沙耶(本名・益戸育江)容疑者(53)。

沖縄・石垣島の自宅で一緒に捕まった会社役員の森山繁成容疑者(58)は、4年前に高樹容疑者と「事実婚状態」と報じられた男だ。

どうやら森山容疑者が高樹容疑者に“大麻”を教え込んだらしい。森山容疑者と親しい知人がこう明かす。

「森山さんは20年以上前に都内で土木関係の会社を設立、そこそこ儲かっていましたが、10年ほど前に突然、産業用大麻の解禁活動にのめり込むようになった。『大麻はたばこよりも害がない』が口癖でしたね。

当初は千葉県内で活動していたのですが、それで千葉・南房総市に移住してきた高樹さんと出会った。2人は急接近、高樹さんも森山さんの活動に参加するように。

森山さんの奥さんが2人の仲を勘繰り、夫婦げんかになったせいで石垣島に移住したと、仲間内ではウワサになっていました」

■参院選出馬のきっかけ

高樹容疑者は2012年に自身のブログで「大麻草検証委員会」という産業用大麻などを推進する団体の幹事になったと告白。

それがきっかけで芸能界を引退する羽目になったが、その団体のボスが森山容疑者だった。

それでも高樹容疑者は森山容疑者のことを「パートナー」と呼び、石垣島の自宅で“親しい関係”を続けていたという。

「森山さんは『俺はいい男』と自称するナルシシストなところがあって、キレやすい面もあった。

高樹さんの前にも、社長令嬢に大麻解禁の活動資金を出させていたなんて話もある。

政界にも人脈があって、元国家公安委員長の名前をちらつかせることもありました」(別の知人)

高樹容疑者が今年7月、参院選(東京選挙区)に立候補したきっかけも、森山容疑者だったようだ。

森山容疑者が所属する市民・政治団体、全国勝手連連合会の関係者がこう明かす。

「森山さんが急に高樹さんを連れてきて、『支援してほしい』とお願いされました。

もっとも、選挙中も森山さんは高樹さんより出しゃばるもんだから、周囲の評判はあまりよくなかった」

結果、高樹容疑者は落選し、今度は逮捕と散々だ。高樹容疑者は全財産を投じ、石垣島に計約4000平方メートルの土地を購入。

ジャングルのような土地を森山容疑者らと開墾し、昨年2月に宿泊施設「虹の豆」をオープンさせた。

そうした森山容疑者ら男性4人との奇妙な共同生活の様子を、今月7日、TBS系の番組が報じているが、番組中、森山容疑者はパイプをプカプカ。

番組スタッフから「まさか?」と聞かれた森山は、「たばこだよ」と一蹴していたが、今となればうがった見方もしたくなる。

【引用元:日刊ゲンダイ】

■高樹沙耶容疑者を送検、大麻取締法違反容疑 同居男性2人と那覇地検へ

沖縄県石垣市の自宅で乾燥大麻を数十グラム所持していたとして、25日に大麻取締法違反の疑いで現行犯逮捕された元女優・高樹沙耶容疑者(53)が26日、同県那覇市の那覇地検へ送検された。

高樹容疑者は午後1時35分、車の後部座席中央に座って、報道陣15人が待ち受けていた地検に入った。

黒地に白のロゴが入ったTシャツ姿で、顔を伏せることなく上げていたが、目は閉じていた。

高樹容疑者と共に逮捕された森山繁成容疑者(58)は午前中に、小見祐貴容疑者(26)は高樹容疑者の約10分前に、それぞれ地検へ身柄が移された。

25日朝に関東信越厚生局麻薬取締部に逮捕された高樹容疑者は、飛行機で石垣島から沖縄本島へ移送された。

捜査関係者によると、午後8時まで那覇市の沖縄麻薬取締支所で取り調べを受け、「私の家から発見された大麻は、私の物ではありません」と供述した。

その後、沖縄市の沖縄警察署の留置施設へ。
関係書類の作成に時間を要したために、26日午前中の送検は見送られ、午後になったという。

地検と沖縄麻薬取締支所は、同じ那覇第一地方合同庁舎に入っているが、この日は麻薬取締部による取り調べは行われなかった。

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について