島根女子大生バラバラ殺人事件 容疑者逮捕まで犯人扱いされ中退した学生も

平岡都

未解決だった猟奇的殺人事件は意外な形で終結しようとしている。2009年11月に広島県の山中で島根県立大1年の平岡都さん(当時19)の切断遺体が見つかった事件で、島根・広島両県警合同捜査本部は2016年12月20日、殺人と死体損壊・遺棄の疑いで、会社員の矢野富栄容疑者(当時33)を容疑者死亡で書類送検した。

捜査関係者が言う。
「平岡さんの遺体は内臓がえぐられ、太ももは上部の肉がそぎ落とされて、足首は関節を外してから切断されていた。あまりに凄惨な事件の犯人を野放しにしてはいけないと当局は捜査に力を入れ続けてきた。

矢野が捜査線上に浮上したのは2016年の夏頃で、同年10月には矢野の家族からデジタルカメラとUSBメモリの提供を受けた。削除されていた画像を復元したところ、平岡さんと見られる遺体のほか、損壊に使ったと思われる文化包丁などの“証拠写真”が57枚も出てきた。

しかし、矢野は事件の2日後、高速道路で母親とともに事故死していたため、容疑者死亡で送検となった。死体損壊と遺棄は2012年に公訴時効が成立。殺人についても“被疑者死亡”のため不起訴となる見通しだ。その辺は悔しさが残る」

両県警の執念の捜査が実ったといえるが、事件発生から7年間という月日は、別の“被害者”を生んでもいた。

当時から、警察は多くの関係者を“参考人”として聴取してきた。平岡さんと同じキャンパスに通う大学院生だったA氏もその一人だ。A氏が振り返る。

「刑事がやってきたのは、平岡さんの遺体発見の数週間後でした。遺棄現場に続く高速道路のNシステム(自動車ナンバー自動読み取り装置)に私の車が写っていたのが理由でした。刑事は自宅の風呂を見た後、“家にある刃物を見せてほしい”とナタや包丁を入念にチェックしていた。

その後も何回も刑事がやってきたことで、近所や学校でも噂が広まり、私が姿を見せると“犯人が来た”とからかわれました。刑事は“隠れて来てるから大丈夫”と言っていましたが、バレバレだった」

A氏だけではない。当時、平岡さんにアルバイト先を紹介していた大学の友人B氏の知人が明かす。

「当時、平岡さんとBは仲が良く、平岡さんからの相談を受けてBがバイト先を紹介したところ、彼女は“時給が上がる”と喜んでいた。事件は“転職”直前に起きたものでした。

Bは平岡さんにバイトを紹介しただけなのに、警察はBが何らかの事情を知っているだろうと決めつけ、何度も彼を事情聴取しました。すぐに学内でも噂となり、Bに対する周囲の目も変わった。事件の翌年、彼は大学を中退した」

A氏がいう。

「犯人が見つかって良かったとは思います。でも、もっと早くわからなかったのか。この7年間、地元に帰ったら“本当は犯人なの?”と言われ続けた。警察に犯人扱いされたことへの憤りは消えません」

7年間という年月は多くの人々に深い爪痕を残した。

※週刊ポスト2017年1月13・20日号

【引用元:NEWSポストセブン】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ運営者について