廃棄カツ横流し事件「ダイコー」会長「息子に内縁の妻寝取られた」大騒動

廃棄カツ横流し事件「ダイコー」会長「息子に内縁の妻寝取られた」大騒動

世間に衝撃を与えた「廃棄カツ横流し事件」。その当事者の周辺で、いま思いもよらぬトラブルが起こっているという。

愛知県稲沢市の産業廃棄物処理業者「ダイコー」が、カレーチェーン店「CoCo壱番屋」を運営する壱番屋から廃棄を委託された冷凍ビーフカツ5万枚を横流ししていたことが判明したのは、昨年1月のことだった。

同年12月には、詐欺などに問われたダイコー会長の大西一幸被告(76)に懲役3年、執行猶予4年、罰金100万円の判決が下された。ダイコーは現在、廃業状態にある。

その大西氏が、近々訴訟を起こそうとしているという。
その情報を聞きつけた本誌記者は愛知へ飛んだ。大西氏を直撃すると、開口一番こんな話が飛び出した。

「牢屋に入っとる時、息子と内縁の妻がデキていた。オンナを寝取られたんや」

大西氏によれば、昨年7月に逮捕されるまで4年半同棲していた内縁の妻・A子さん(45)に保釈後の身元引受人を頼んだところ、「関係を続ける自信がない」と逆三行半を突きつけられたという。

そこでダイコーの社長を務める息子(51)に身元引受人を頼み、8月に保釈されたが、こんな話が待っていたという。

「従業員から、『A子と息子はデキている。知らないのは会長だけですよ』と耳打ちされ、驚いて興信所に調査を依頼した。

その結果、息子が連日のようにA子のマンションを訪れて、夜をともにしていることが分かった。

保釈された頃、A子のマンションのベランダにダイコーの作業服のズボンが干してあったからおかしいと思ったんだよ」(大西氏)

大西氏がA子さんと息子を問い詰めたところ、2人は一貫して身の潔白を主張していたという。

本誌が直撃すると、A子さんは猛反論した。
「会長が勝手に言っているだけ。おじいちゃんの戯言や。息子さんとは仲良くしていて、たしかに私の家で飲んでそのまま泊まっていくことはあった。

でもそれは飲んだら運転できないからで、別々の部屋で寝ていて男女の関係はない。

会長の身元引受人を拒否したのは、あの人に他に女がたくさんいるのが分かったから。ホント困ったおじいちゃんだわね」

息子もこう反論する。
「A子さんの家に泊まったことはあるけど、何もしてないよ。俺は子供も嫁さんもいるんだから、何でオヤジの女を盗らなあかんの。あいつとはもう、親子の縁を切ったよ。とにかく事実無根だから!」

双方の主張は平行線をたどるばかり。
大西氏は精神的な被害を被ったとして、A子さんに500万円、息子に700万円の慰謝料を請求する内容証明を送り、「今後は裁判を起こすことも検討している」(大西氏)という。

世間を騒がせた横流しの主謀者でも、さすがに水に“流せない”ことがあるということか。

※週刊ポスト1月13・20日号

【引用元:NEWSポストセブン】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ運営者について