慶応大学の問題サークル「広告学研究会」の余罪…AKB48メンバーに“非道”行為/葉山の海の家は乱行で消滅へ! 問題行動続発に地元激怒「締め出す」

レイプ現場となった広告研究会の合宿所
<現場となった広告研究会の合宿所>

“女子アナの登竜門”ミス慶応コンテストを未成年飲酒で中止に追いやった慶応義塾大学のサークルメンバーが、女子学生(18=当時)への集団レイプをした疑いで神奈川県警が捜査していることがわかり日本中に衝撃が走った。

立件されれば、5月の女子大生への強制わいせつ事件で逮捕・有罪判決者を出した東大サークルに続くショッキングな事件。

問題のサークルは、学園祭に呼んだ人気アイドルに性器を見せたり、別組織を作って美人局(つつもたせ)を繰り返したり“余罪”は他にもあるという。
その驚がくの鬼畜実態に迫った。

「あのサークルは“慶応3大ヤリサー”の一つといわれ、女とセックスするのが目的。

中でも集団レイプは『伝統行事』と言うメンバーがいるほど常習的。性犯罪のデパート化していた」(慶大関係者)

問題のサークルは、1922年創立で「サークルの草分け」ともいわれる広告学研究会(以下、広研)。

元フジテレビの中野美奈子(36)や元TBSの青木裕子(33)ら人気女子アナを多数輩出した「ミス慶応コンテスト」の企画団体でもある。

卒業生の一人は、その実態をこう暴露する。
「年々メンバーが変わっても犯罪手法は受け継がれる。基本は女の子をナンパしてみんなで犯すというだけ。

他大学と比べ、慶応は圧倒的にその手法が手慣れていることで有名。

代表格の3大ヤリサーのうち2つはテニスとダンス系サークルですが、広研は芸能界やメディアとつながりがあるのをウリに女の子の関心を誘ってます」

3年前のベストセラー「ビリギャル」の女性も広研メンバーで「広研から有名になった人は無数にいる」という。

今回の事件で慶大側は10月4日付で、未成年に飲酒を強要したとして広研の解散を命じ、ミス慶応コンテストの開催中止が発表された。

だが、その後「週刊文春」「週刊新潮」などが、集団レイプ事件が本当の解散理由と報道した。

事件は、広研内で「合宿所」と呼ばれる神奈川・葉山町の建物で9月2日に開いた親睦会で起きた。

6人の男子メンバーが1年生A子さん(18=当時)にテキーラなどを強引に飲ませ、レイプ。

その様子を動画撮影する者、A子さんに小便をかけた者までいたと報じられた。

卒業生は“余罪”についても「6年前の学園祭で開催したAKB48のライブでは、広研の連中が入場チケットを牛耳って、最前列の一部を占拠。

AKBメンバーに性器をチラ見せしながら『生でやらせろよ!』とかヤジを飛ばしたんです。

このときはAKBファンの学生が激怒し、大学側に抗議したんですが、大学は今回と同様『確認できない』で終わらせました」と明かした。

ミスコンの中止は今回が2度目。
2009年に広研メンバー9人が東横線日吉駅周辺を全裸で走る様子を撮影し、公然わいせつ容疑で書類送検され、翌年のミスコンは中止になった。

同卒業生は「メンバーたちは当時『過激なプロモーションビデオを作っていた』と言い訳したそうですが、実際にはレイプ計画に失敗した連中が罰ゲームをやらされ、裸になっただけ、という話も聞いた」という。

慶応大では数年前、別のサークルが急性アルコール中毒者を出した上、歓迎会で新入生女子を輪姦し、解散命令を受けた。

すると広研は、ナンパが得意なメンバーだけ引き抜き、子分のような支部サークルを作らせたという。

「通称『美人局サークル』と呼ばれてるんです」(同)

この支部サークルは大学非公認で、広研ではやりにくい悪さをするための別動隊とみられる。

「既婚者限定の不倫サークルという呼び込みで飲み会を開き、参加した既婚男性にサクラの女を迫らせ、ホテルへ入ったところで悲鳴を上げさせ、レイプ被害を装う。

男性側は職場や家庭に知られたくない負い目もあり、大金を払うという仕組み」(元学生)

Aさんの被害届を受け、神奈川県警は加害者2人と、スマホで撮影した1人を強姦容疑などで逮捕する方針だ。

加害者側は「同意の上だった」としているが、単なる言い逃れの可能性が高い。

同大の広報室は「現時点で警察から連絡を受けていないので、捜査についてお話しすることはありません」とコメント。

ホームページでは「事件性が確認されるような場合には、捜査等の推移を見守りつつ、厳正な対処を行う」としている。

【引用元:東スポWeb】

■慶大「海の家」乱行で消滅へ 問題行動続発に地元激怒「締め出す」

「ミス慶応コンテスト」を運営する慶大「広告学研究会(広研)」の男子学生が女子学生に集団暴行した疑いがある問題で、広研が神奈川県葉山町の大浜海岸で運営してきた海の家が、今年限りでなくなる方向であることが14日、分かった。

広研が所属する「県立葉山公園下海岸営業組合」の関係者がスポニチ本紙の取材に「一連の報道について、学生から説明を求める予定。来年は締め出す方向」と答えた。

葉山町によると、海の家の営業の可否は県が判断するが、申請は各海岸ごとにある組合がまとめて行う。
そのため各店舗の営業許可は、組合が下しているのが実情という。

暴行疑惑は9月2日、海の家を運営する広研が拠点とする同町の合宿所での飲み会で起きたとされている。

慶大広報室は、スポニチ本紙の取材に「女子学生から、複数の男子学生から性的暴行を受けたと訴えがあり、関係者を聴取した。

性行為があったのは確認できたが、刑事事件につながる事実までは確認できなかった」と答えている。
神奈川県警は慎重に経緯などを調べている。

組合関係者は「これまでも飲酒に絡んだ問題行動があり、再三注意をしてきた」としている。

一昨年7月には、同町にある葉山御用邸に、当時慶大4年の男子学生が酔って侵入する事件があった。
広研所属ではないが、御用邸は合宿所の目の前。

住民からは「以前の慶大生は元気にあいさつしてくれたけど、最近は感じが悪い人もいる」と“ブランド”の下落を指摘する声もある。

慶大は今月4日、広研の解散を命じている。
学内に後継団体が発足する可能性もあるが、海の家の運営は難しい状況だ。

情報サイト「慶応ジャーナル」によると、海の家は1950年代から営業。自主独立の建学精神の象徴の一つでもあったが、消滅の危機にさらされている。

■広告研究会の女子学生暴行騒動 慶大「性行為」把握していた…

「ミス慶応コンテスト」を運営する慶大「広告学研究会」の男子学生が女子学生に集団暴行した疑いがある問題で、慶大側が女子学生から相談を受けていたことが13日、分かった。

慶大広報室はスポニチ本紙の取材に「女子学生から性的暴行を受けたとの訴えがあり、その場にいた学生らを聴取した」と答え、暴行疑惑があったことを把握していたと認めた。

さらに「その場で性行為が行われたことまでは確認できた」とも認めた。

一方で「女子学生と男子学生の話に異なる部分があり、刑事事件につながる事実までは確認できなかった」と説明した。

研究会の解散を命じた今月4日の告示文では、未成年の飲酒があったことなどを理由とし、暴行には触れていなかった。

慶大は12日、公式ホームページに「“広告学研究会”の解散命令に関わる一部報道について」と題した文章を掲載。

「捜査権限を有しない大学の調査には一定の限界があります」「大学としては自ら事件性を確認できない事案を公表することはできず」「“隠蔽(いんぺい)”の意図も事実もありません」としていた。

女子学生は9月2日、神奈川県葉山町の建物で行われた研究会の飲み会で、大量の酒を飲まされ暴行されたと慶大に相談。葉山署にも相談していた。
飲み会には女子学生のほかに、複数の男子学生が参加していた。

捜査関係者によると、女子学生の母親は被害届を取り下げる方向で考えていると伝えていたもようだが、被害届が出されていたこともあり警察が捜査に動き始めた。

ただ、なぜ取り下げを考えたのか。
その背景には「ミス慶応が中止になったが、どうしてくれるんだ」「男がたくさんいるところに、なぜ1人で参加したのか」などと関係者らから責め立てるような声が上がっているとの情報もあり、女子学生の周囲は「本当にかわいそう」と話している。

名門大学に湧き起こった大スキャンダル。学校や警察は慎重に経緯などを調べている。

【引用元:スポニチ Sponichi Annex】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について