教師たちのBL事件簿仮面をかぶった男たちの情欲が止まらない「教師の、人の性に対する人権意識が乏しいことが問題」

教師 ホモ

高校に通う息子が「スクールセクハラ」の被害を受けている──。母親が、学校側に相談をし、事態は発覚した。

滋賀・守山市にある私立立命館守山高等学校の元国語教師・中川剛容疑者(29)が9月20日、県の青少年健全育成条例違反の疑いで、同県警大津署に逮捕された。

同容疑者は、今年3月28日から4月2日までの間、2度にわたり草津市内にある容疑者宅で、教え子の男子生徒(当時17)に、18歳未満の青少年と知りながらわいせつ行為をした疑い。

男性教師が女生徒にわいせつ行為を迫る。女性教師が男子生徒と不適切な関係を結ぶ。

かつて「スクールセクハラ」といえば、そのような問題で占められていたが、最近増えているのが、男性教師による男子生徒に対するわいせつ行為。

冒頭の滋賀のケースも、男子生徒が男性教師のボーイズラブの犠牲になったものだ。

事態を知った県私学・大学振興課は、

「学校と被害者への聞き取りを行いましたが、お互いの意見が食い違っていました。現在は警察の捜査を待ち、事実関係をしっかりと把握した対応を考えたい」

逮捕翌日、学校は午前中に全校集会で生徒に説明し、同日夜、保護者説明会を開いた。

「5月22日に中川容疑者の退職届を受理し、同日に退職をしました。教師としての資質は問題がないと判断しています」

と同校の広報課は話すが、事実関係が明らかになるまで再発防止に着手することはなかった。

「現在、警察に情報提供を行い、捜査の結果を待っている段階です。結果を受けて、ほかに被害生徒がいるかどうかのアンケートを実施するか、考えていきたい」

と同校広報課。続けて、

「学校側も相談窓口などを設けているが、校内で起こっているすべてのことを把握するのは難しい。被害者の母親から訴えがあってから、被害生徒に対しては学校側もしっかりとケアに努めてきました」

だが、同校の副校長は被害生徒の母親に警察へ届けないように“彼のことを想うなら”などと口止めともとれるメールを送っていた。

「個人ベースで行ったことで、本人も軽率だったと反省しています。報道にあるとおりですが、一部を切り取られたもので、前後を含めたものを警察に提供しています」

と同校広報課は話す。

中川容疑者は2014年4月から約2年間、同校で教鞭をとり、バドミントン部の顧問も務めていた。被害生徒とは、勉強の相談をするうちに徐々に距離を縮めていったという。

関係は次第にエスカレートし、自宅に呼ばれ、逆らうこともできず、なすがままにされてしまった。

「当校のホームページに掲載してあるとおりですが、非常に遺憾に思っております。今後に向けては学校全体で教育をしっかりと行い、再発防止に努めていきます」

と同校の広報課は語ったが、中川容疑者の自分勝手な行為から、被害生徒が負った傷は深い。学校は生徒の心の傷にまでは気がつかなかったのか。
休日に子どもを集め「全裸撮影会」を開催

東京・三鷹市では昨年11月、教え子の男子児童を裸にしてデジタルカメラで撮影したとして小学校教諭・熊沢正通被告(38)が強制わいせつと児童買春・児童ポルノ禁止法違反の疑いで逮捕された。

熊沢被告は、自宅近くの学校の空き教室を借りて「虹色学級」と命名した子ども会を休日に開催し、撮影を楽しんでいたという。

「近隣の子どもが多かったようで、公園で遊んだり、遠出をすることもあったと聞いています」と三鷹市教育委員会。問題教師としての予兆はあったという。

保護者に乱暴な言葉で恐怖を与えたり、子どもの手にテープを貼ってはがしたり、生徒に下着の色を聞いたりしたことが問題視され、市教育委員会から東京都教育委員会に上申されている。

熊沢被告が勤めていた小学校の校長は、

「私と教頭で呼び出しをして注意をしても、一向に改善されませんでした。保護者から熊沢を批判した文章が出回り、ついには’14年11月ごろには、臨時保護者説明会を開いたことがあります。

その後、都・市教育委員会の両方に厳重注意を受け反省をしたようで、徐々に態度も改善されたものですから信じていたんですが……」

訴える声が、だんだんとか細くなっていく。

「いちばん傷ついているのは子どもたちです。本当に熊沢を慕っていた子がいたのも事実です。

私たちも信じて担任を任せていたのに、裏であんなことをやっているなんて裏切られた気持ちでいっぱいですよ。今だってみんな傷ついている」

市教育委員会は、「子どもの心を傷つけ、教師の信頼を損なったと重く受け止めている。面接時に見抜くことは非常に難しいが、大きな課題のひとつだと思っています」と再発防止を口にした。
修学旅行先で就寝中の生徒にキスした理由は

今年6月には、埼玉県の公立中学校の男性教諭(27)がわいせつ行為により懲戒免職処分になった。就寝中の生徒に、キスをしてしまったのだ。

県教育局小学校人事課が、いきさつを説明する。

「修学旅行先の京都市内のホテルで、就寝指導として寝たふりをしているのを確認するために、顔や頭などを触り、それが高じて唇にキスをしたということです」

わいせつ行為が行われたのは、6月9日夜11時ごろと10日午前2時ごろの2回。見回りの先生が突如、男子生徒2人の唇にキスをしたという。

「本人は、わいせつ目的を否定しています。被害生徒がほかの先生に訴えたことで発覚しました。あってはならないことで、2度とないように再発防止に努めていきます」(前出・人事課)

事件後、臨時の校長会議を開き再発防止を指導し、学校の教職員にも指導するように各学校に伝達したという。

同校の教頭は、

「きちんとした先生で、授業も部活も、ともに熱心に指導していたようです。不審な言動もなく、予兆はまったく感じなかったですね」
既婚者で子どももいる教頭が図書館の男子トイレで盗撮

愛知・常滑市では、小学校の教頭が、市立図書館の男子トイレの個室の上部から、隣の個室の男子高校生(17)を盗撮するというわいせつ行為を行った。

隣のトイレから差し出されたスマートフォンに気づいた被害者が、男を追跡し身柄を確保。問いただすと「ごめんなさい。許してください」と認め、駆けつけた県警常滑署の警察官に引き渡した。

県迷惑防止条例違反の疑いで逮捕されたのは、同県東海市立小学校の教頭・南雲陽一容疑者(54)。

東海市教育委員会は、

「誠実でまじめ、子どもに対しても一生懸命、取り組んでいたと聞いています」

と、人柄を説明。既婚者で子どももいるという。

今年4月に赴任し、社会科の教員から教頭に昇進した。世間的に見れば、地位も分別もある立場の人間が、どこの誰かもわからない、トイレに入っている男性の姿をスマホで、なぜ撮ろうとしたのか。

市教育委員会は、「大変残念です。教職員に対し指導をして、再発防止に努めていくとともに、子どもたちの心のケアを行うため学校と相談して、スクールカウンセラーの派遣などを行っていきたい」と教頭逮捕に動揺する生徒のケアを約束した。

県教育委員会は、

「捜査の進展を待ち、事実関係を確認してから、事実であれば厳正に処分していきます」

初犯か、常習犯か。事実が明らかになれば、これまで築いてきた多くのものを失うことになる。

男児の全裸撮影会、就寝中の生徒にキス、男子高校生を盗撮し御用など、男子生徒が男性教師のボーイズラブの犠牲になるわいせつ事件が後を絶たない。

社会心理学を専門とし、スクールカウンセラーも行う新潟青陵大学の碓井真史教授は、

「私たちが生活していて、あの人は男の子の裸に興味があるなんて、わかりようがないですよね。だからこそ、本人が抑制していくことです。そういう素養があると自覚する人は、教師などの仕事に就かないほうが無難ですね」

と自己抑制を促す。性犯罪は、周囲にまじめと映る教師でも、聖職者といわれる宗教家でも起こすこともある犯罪と碓井教授は指摘し、

「誰しも行う可能性があるということを考え、そういう行為が行われないようにするチェック体制を学校側が整えていくことが大切です」
教師と生徒というのは、強者と弱者の関係

スクールセクハラの防止と被害者支援を行うNPO法人スクール・セクシュアル・ハラスメント防止全国ネットワークの亀井明子代表は、最近の被害状況に関して、

「教師の質が落ちたというよりは、昔からあるものが表面化してきた。ただ、それも氷山の一角で、潜在的なセクハラはもっとたくさんあるはずです」

スクールセクハラには学校という構造の問題が絡むという。

「生徒が、先生にちょっと話があるから残りなさいとか、後で来なさい、と言われて、行かない選択ができますか?自分が生徒だったとき、どうだったかを考えてみてください。難しいですよね。それだけ教師は、絶対的な存在なんです。教師と生徒というのは、強者と弱者の関係です」

亀井代表は、問題の根源のひとつは「教師の、人の性に対する人権意識が乏しいことが問題です」と指摘し、防止策を提示する。

「被害者の立場や心理状態を理解する研修が必要です。そもそもセクハラの概念すら理解していない人も少なくない。

被害者の気持ちや何をしたらセクハラなのかがわからなければ、気づくことなどできませんし、対応も間違える。

遠回りですが性暴力について教員、生徒含めて教育していくことが大切なんです」

被害を受けた子どもは、学校に通い続けなければならない。
先生がやることは間違いないと、黙って耐えることを選ぶ子どもがいないとは、誰にも断言できない。

「海外では生徒手帳に、こういうことをされたら相談をしましょう、と相談場所まで書いてある。

日本も同じように、生徒手帳なりに示すべきです。何よりも子どもが相談できる場所を知ることが大切です」(前出・亀井代表)

親としてできることは、子どもの会話や表情に細心の注意を払い被害を食い止めること。

前出の碓井教授は、

「多くの場合、被害者の子どもは話したがっているんです。親なら一緒に買い物に行くでもいいし、ドライブでもいい。そのときに、“実は”と話が出ることもあります」

と、子どもの変化に親が気づくことの重要性を説く。

文部科学省の調査によれば、わいせつ行為などにより処分を受けた教職員の総数は’14年は2年連続で最多の205人にのぼった。

今回のケース以外にも、買春や直接触ったり、アダルト動画を見せる者も。

子どもたちが衝動を抑えきれない教師のおもちゃにされないためにも、異変を察知する役割を親は担う。

【引用元:週刊女性】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について