新宿『300B ONE』ハンバーグにホッチキス芯混入をTwitterで告発 店側はブロック対応後に謝罪

新宿『300B ONE』

27日、Twitter上であるユーザーが、ハンバーグにホッチキス芯が混入していたことを告発し、店側の対応に苦言を呈した。

同ユーザーは、新宿の飲食店「300B ONE」を訪れハンバーグを注文したそうだが、なんとハンバーグの中にホッチキス芯が混入していたのだという。

ユーザーは「周りに聞こえないように静かに伝えた」そうだが、店側からは謝罪がなかったという。「上司に伝えて貰えましたか?」と聞くと「上の者は忙しくて手が離せません」との返答だったとか。

さらに、ユーザーがTwitter上で店側のアカウントに「失礼します。各店舗のお電話番号では無く、御社の代表のお電話番号を教えて頂く事は可能でしょうか?」と連絡をしたところ、なんと店側からブロックされてしまったという。

このツイートは27日16時の時点で、2万4300件以上のリツイートと、7600件以上の「いいね」を集めており、ネット上で話題になっている。

これを受け、店側が「謝罪 大変申し訳ありません」とのタイトルでブログを更新。そのブログ記事によると、店がピークの時間帯で厨房を離れることができず、謝罪のタイミングを逃していたそうで「落ち着いたら出ようと思っていた」「お客様が帰る時間になっているのも気が付かず謝罪をすることができませんでした」と明かした。

ホッチキス芯の混入については「ハンバ―グは当店で私自身が焼いており、厨房でホッチキスを使うことはない」「混入経路についてはわかりません」という。その上で「安全には万全を期しているつもりですが重ねて謝罪します」と綴っている。

なお、Twitterアカウントをブロックした件については、「お客様かどうかは当店ではわかりかね、ツイッターではブロックをしました」とのこと。また「代表の電話といっても私個人の携帯しかない」「それをツイッターで知らない人に教えるわけにはいきません」だそうだ。

店側は料理の安全性について、「自分自身休みは取らず、毎日朝9時から午前0時までしっかり作り上げているのでご安心ください」と強調するも、「当社は小規模零細企業」「すべてに私自身が対応しており今は、その自分も料理を一日中作っていなければ追いついていかない状態にある」「対応が遅れてしまい、大変申し訳けありませんでした」と謝罪している。

【引用元:トピックニュース】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について