東京・青山でタクシー乗り上げ事故、乗用車がタクシーに追突、はずみで歩道乗り上げて1人重傷、3人がケガ-警視庁

東京・青山でタクシー乗り上げ事故、乗用車がタクシーに追突、はずみで歩道乗り上げて1人重傷、3人がケガ-警視庁

6日午前8時40分ごろ、東京都港区の南青山交差点で、タクシーや乗用車など車3台とオートバイが絡む事故があった。

タクシーは事故のはずみで歩道に乗り上げ、自転車の80代女性と歩行者の50代男性に衝突。

女性は頭の骨が折れる重傷、男性が足に軽いけがをするなど、計4人が重軽傷を負った。

タクシーを運転していた60代の男性は一時意識を失ったが回復し、けがはないという。
警視庁が事故原因を調べている。

赤坂署によると、交差点の手前の路肩で乗客を降ろしたタクシーが、3車線ある道路の一番右側に入ろうとしたところ、後方から来た乗用車と衝突。

そのはずみで、信号待ちをしていたバイクと軽乗用車を巻き込んだ。

バイクの20代男性と乗用車の40代男性がけがをしたが、いずれも命に別条はない。
軽乗用車の30代女性にけがはなかった。

タクシーは、この事故のはずみで道路脇の歩道に乗り上げて歩行者ら2人にぶつかり、標識や街灯にぶつかって止まったという。

現場は、国道246号(青山通り)と都道(外苑西通り)が交わる信号交差点。

東京メトロ銀座線の外苑前駅から南西に約250メートルのオフィス街にあり、車の行き来が激しく、歩行者も非常に多い。

【引用元:朝日新聞デジタル】

■青山タクシー乗り上げ 乗用車がタクシーに追突、はずみで歩道乗り上げ 1人重傷3人けが 警視庁

6日午前8時40分ごろ、東京都港区北青山の国道交差点で、乗用車がタクシーに追突、タクシーは押し出されたはずみでオートバイや軽乗用車に衝突した後、そのまま歩行者や自転車の女性をはねた。
タクシーは歩道に乗り上げ、街灯に突っ込んで止まった。

警視庁赤坂署や東京消防庁によると、自転車に乗っていた高齢女性が重傷。
ほかに男性3人がけがを負って病院に搬送されたが、いずれも軽傷。

タクシーを運転していた60代男性も一時意識を失って病院に搬送されたが、その後意識を回復した。

赤坂署などが詳しい事故の原因を調べている。現場にブレーキ痕は見つかっていない。

現場近くにいた建設作業員の男性(47)は「ドーンと大きな音がして交差点を見に行くと、タクシーが植え込みに乗り上げていた。

近くに人があおむけに倒れ、通行人が声をかけても全く動かなかった」と話していた。

現場は国道246号(通称青山通り)と都道(通称外苑西通り)が交わる交差点。

東京メトロ銀座線外苑前駅から南西約300メートルで、大型商業施設やオフィスビルが並ぶ。

【引用元:産経新聞】

■青山タクシー乗り上げ 乗用車がタクシーに追突、はずみで歩道乗り上げ 1人重傷3人けが 警視庁

東京・港区の交差点で、追突されたタクシーが歩道に乗り上げて、歩行者などを次々にはねた。
女性1人が重傷など、5人が負傷した。

現場では、前方部分が大きく破損したタクシーの撤去作業が続けられている。

標識も大きく曲がっていて、事故の衝撃の大きさがわかる。

6日午前8時45分ごろ、港区北青山の外苑西通りで、女性客を降ろしたタクシーが、右折車線に入ろうとしたところ、後ろから来た乗用車が、タクシーに衝突し、タクシーは、前に停車していたバイクと軽自動車に次々に追突した。

タクシーは、そのまま歩道に乗り上げ、自転車で通りかかった60代の女性と、歩いていた50代の男性をはね、標識に激突して停車した。

目撃者は、「タクシーが右車線に入ろうとしたところを、車にぶつかって跳ね返って、茶色い車にぶつかって、そのあと、ものすごいスピードであそこに乗り上げた」と話した。

この事故で、歩行者の男性ら4人が軽傷を負い、自転車に乗っていた女性は重傷で、タクシーを運転していた60代の男性運転手は、意識はあるが、心筋梗塞の疑いがあるという。

現場は、東京メトロ外苑前駅と表参道駅の間にあり、普段から交通量の多い青山通りと、外苑西通りの交差点で、警視庁は、事故のくわしい原因を調べている。

【引用元:フジテレビ系(FNN)】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について