灰皿から「時計音」爆発物騒ぎ、爆発物処理班が出動も、正体はサナギ?

マルナカ土佐山田店

26日午前7時15分ごろ、高知県香美(かみ)市のスーパー「マルナカ土佐山田店」の店長(46)から「店外の灰皿から時計の音がする」と県警に通報があった。

県警は爆発物の可能性もあるとみて、スーパーの半径50メートルを一時封鎖。
機動隊の爆発物処理班を出動させて灰皿を撤去した。

しかし爆発物は見つからず、灰皿の土台付近にいた虫が音を出していた、とみている。

南国署などによると、金属製灰皿(縦約30センチ、横約30センチ、高さ約1メートル)は店の前に設置されていた。

店長が午前5時半ごろに出勤した際、灰皿から「カチカチ」と時計のような音がするのに気づいた。

約1時間半後に再度確認しても、やはり同じ音がしたため、署に通報したという。

爆発物処理班が午前9時ごろに出動。
灰皿をX線撮影するなどして分析し、重機を使って午後2時半ごろに撤去を終えた。

爆発物騒ぎ

爆発物騒ぎ2枚目

爆発物騒ぎ3枚目

灰皿の土台として敷いていた発泡スチロールの中から見つかったのは虫。
スーパーの店長によると、種類はわからないが、小豆色で、さなぎのような状態だったという。

この騒ぎで消防車、救急車も出動。南国署員らが交通整理に追われ、あたりはものものしい雰囲気に包まれた。

現場から約600メートル南東にある香美市立山田小学校(児童472人)では26日午後の約2時間、全児童を校内に待機させた。
その後、教員が引率して全児童を集団下校させた。

松崎加余子教頭(55)は「子どもの安全確保を第一に考えて対応した。すごく心配だった」と話した。

現場はJR土讃線土佐山田駅から西約700メートルの住宅や畑が混在する地域。

【引用元:朝日新聞デジタル】

■爆発物?「カチカチ」の犯人はサナギ?周囲は約7時間立ち入り禁止

26日午前7時15分ごろ、高知県香美市のスーパーで店舗入り口に置かれた高さ約1メートルの箱形の灰皿から「カチカチ」と時計のような音がするのに同店の男性店長が気付き、県警に通報した。

県警がエックス線で灰皿の内部を調べた結果、不審物は発見されず、灰皿の下に敷かれた約50センチ四方の発泡スチロールの中から、体長2センチほどの昆虫のサナギが見つかった。

南国署はサナギの動く音が箱の中で共鳴して外部に漏れたとみている。

南国署は午前8時半から付近の交通規制を実施、近所の小学校や保育園に外出を控えるよう呼び掛けた。

機動隊の爆発物処理班が出動し、周囲は約7時間にわたり立ち入り禁止になるなどの騒ぎとなった。

【引用元:スポニチ Sponichi Annex】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について