覚醒剤使用した疑いで任意同行、ASKA容疑者逮捕へ…本人潔白主張「私はやってません」

覚醒剤使用した疑いで任意同行、ASKA容疑者逮捕へ…本人潔白主張「私はやってません」

東京都内などで覚醒剤を使用したとして、警視庁は歌手のASKA容疑者の逮捕状を取り任意同行しました。まもなく逮捕する方針です。

20分ほど前にASKA容疑者は、警視庁の捜査員に抱えられながら自宅を出て行きました。あたりは騒然としています。

そして、午後7時前にはガレージのシャッターが開き、ASKA容疑者を乗せた車がいったん外に出ようとした際、ASKA容疑者は報道陣の呼びかけに応じました。

「やってません」(ASKA容疑者)
Q.覚醒剤使いましたか?
「使ってない。使ってません。使ってない。間違いです、間違いです」(ASKA容疑者)

歌手のASKA(本名・宮崎重明)容疑者(58)は、今月中旬から25日までの間に、東京都内などで、覚醒剤を使用した疑いが持たれています。

警視庁によりますと、ASKA容疑者は今月25日、「盗撮されているので確認してほしい」と自ら110番通報し、駆けつけた警察官に「盗聴されている」などと話していたということです。
その後、尿検査を行い、鑑定した結果、陽性反応が出たということです。

警視庁はASKA容疑者の身柄を警視庁本部に移し、ま逮捕する方針です。(28日20:58)

【引用元:TBS系(JNN)】

■ASKA容疑者 任意同行 本人潔白主張「私はやってません」

警視庁は、覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕状を取得した歌手のASKA(本名宮崎重明)容疑者(58)について28日、東京都目黒区の自宅から任意同行した。
間もなく逮捕されるとみられる。

黒いTシャツの上にグレーのジャケットを着込んだASKA容疑者。

間断なくカメラのフラッシュが浴びせられ、報道陣から「覚せい剤をやっていたんですか?」「ブログでは否定していましたが、やっていたんですか?」などと矢継ぎ早に質問が飛ぶ中、自宅前に止められた警察車両3台のうち、2台目の後部座席に乗り込んだ。めがねはかけていなかった。

この日午後、「逮捕する方針」とのニュース速報が伝えられた後、ブログを何度も更新し、潔白を主張していたASKA容疑者。

午後6時半ごろ、100人以上の報道陣が集まる中、外出先からタクシーで1人で帰宅した。

同6時50分すぎ、長男とみられる男性が運転する乗用車の後部座席に乗って外に出ようとしたが、報道陣が殺到。車はバックしてガレージ内に戻った。

ASKA容疑者は再び自宅に入ったが、その際に「私はやってません」と話した。

25日に「盗聴されている」などと自ら110番したという自宅は閑静な住宅街にあり、周辺は制服警察官が出動し交通整理にあたるなど騒然とした雰囲気になった。

2014年9月に同法違反と麻薬取締法違反の罪で懲役3年、執行猶予4年の判決を受け、執行猶予中。

午後3時半ごろには、集まった報道陣に通行人の女性が「(同容疑者が)また何か事件を起こしたんですか?」と質問。

覚せい剤取締法違反の疑いで再び逮捕される方向だと聞くと、「またですか?」と驚いた表情を見せていた。

【引用元:スポニチ Sponichi Annex】

■ASKA容疑者、捜査車両で警視庁に到着

警視庁組織犯罪対策5課は28日、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで、歌手のASKA(本名宮崎重明)容疑者(58)の逮捕状を取った。

午後8時15分ごろ、警察の捜査関係者が乗った車両が東京・目黒区にあるASKA容疑者の自宅に到着した。

100人以上の報道陣が取り囲み、騒然とする中、ジャケットに黒っぽいVネックのシャツ姿のASKA容疑者は約10分後、ワンボックスカーの後部に乗り込み、任意同行のため自宅を出た。

車は午後9時過ぎに、東京・桜田門の警視庁に到着した。

自宅前はあまりの報道陣の多さに警察官約10人が出動し、交通整備を行う事態に。
混乱の中、道に倒れ込む報道関係者も出る異例の状況となった。

ASKA容疑者は午後6時半ごろに自宅に戻った。
午後7時前にASKA容疑者を乗せた車が自宅を出ようとするとテレビカメラが殺到し、現場は大混乱に。
車のエンブレムが壊れるほどで、一度は外出を断念していた。

【引用元:SANSPO.COM】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について