高樹沙耶をマリファナ中毒にした同居人が彼女を参院選に担いだ

森麻繁成と高樹沙耶

元女優・高樹沙耶容疑者(53才)が10月25日、大麻取締法違反で厚労省麻薬取締部に逮捕された。

沖縄県石垣市でコテージを運営していた彼女は、数人の男性と同居していた。

そして、この同居していた男性というのが、高樹と一緒に逮捕された小見祐貴容疑者(23才)と森山繁成容疑者(58才)である。

「小見は東京の大学を中退し、海外放浪の末に石垣島に住み着いた青年で、森山は元建築会社役員にして筋金入りの大麻解禁論者。

長く高樹とは内縁関係で、彼こそが高樹を大麻漬けにした張本人だとされています」(全国紙記者)

1980年代に日本中の男を虜にした美人女優は、なぜ違法薬物の罠に堕ちたのか。

◆「海に潜ると地球と一体化できる」

静岡県浜松市の母子家庭で育った高樹は、女手ひとつで子供を育てる母を見て、「早く自分が母を支えたい」と願う一途な少女だった。

17才の時、本名の益戸育江名義でモデルデビュー。芸能活動の転機は2年後に訪れた。

1983年、『沙耶のいる透視図』で映画初出演&初主演という大抜擢を受けた彼女は、役名にちなんで高樹沙耶に改名。

過激な濡れ場もこなした同作は話題を呼び、以後、映画やドラマに出ずっぱりの人気女優になった。

「当時の彼女は典型的なブランド女でした。言い寄ってくる男はいくらでもいましたから。高級ブランド品を貢がせ、海外旅行にも頻繁に行っていた」(高樹を知る芸能関係者)

20代の頃、高樹は一度婚約している。相手は小遣いをねだればポンと100万円をくれる金持ちだったが、その生活に愛はなく、結婚直前で破談。
同時期に、彼女の人生を転換させる出会いがあった。

「旅チャンネルのリポーター業を始め、海外の自然に触れるようになってエコロジカルに目覚めていったんです。

ある時、オーストラリアのアボリジニの男性に出会ってからは自然回帰思想への傾倒が進みました」(前出・芸能関係者)

高樹は1998年にシンガーソングライターの中西圭三(51才)と結婚するが、2年で離婚。

性格の不一致というより「近代的な都会生活に高樹が耐えられなかった」(前出・芸能関係者)からだという。

離婚後、ハワイに移住した高樹は、フリーダイビング(素潜り)に出合い、2002年にはワールドカップに出場。53mという日本新記録を樹立している。

「ハワイ在住時は水中カメラマンと交際していました。ダイビングにハマったのは彼の影響も強くて。

“海に潜っていると地球と一体化できる”とよく言っていました。あの辺りまではまだよかったんですよね…」(別の芸能関係者)

このカメラマンと破局し、日本に帰国した高樹は、2006年に千葉県南房総市に移住。

敬愛する伝説のフランス人フリーダイバー、ジャック・マイヨールの愛した館山の海岸近くに家を建て、芸能活動も再開させたのだが、2011年の東日本大震災を機に石垣島に避難する。
現地で出会ったのが、前出の森山容疑者だった。

「10年以上前から大麻解禁運動にのめり込んでいた男で、大麻取締法を廃止すべく、市民団体を作って活動していました。

“大麻は煙草や酒より害がない”“医療用大麻を禁止しているのは先進国で日本だけ”というのが口癖で、高樹さんもすぐに彼の言う『大麻無害論』に染まっていきました」(森山容疑者の知人)

ちなみに高樹の逮捕後に女医の西川史子(45才)がテレビで主張したように、「医療用大麻」というものは存在しない。

どんな形で使おうとも大麻は大麻であり、使用すれば幻覚作用が発現し、WHOでも有害性が証明されている。

高樹は2000年から、『相棒』(テレビ朝日)シリーズに主人公の元妻役で出演しており、事務所も彼女の大麻思想には危機感を持っていたという。

「過去の男性遍歴を見てもわかるように、高樹さんは恋人に共依存しやすいタイプ。

あの男はやめておけ、と周囲は何度も忠告したのですが、高樹さんは聞く耳をもたなかった。

むしろ彼にどんどん依存していき、2012年には事務所も辞めています」(前出・芸能関係者)

石垣島に移住後「大麻草検証委員会」の幹部に名を連ね、今年7月の参院選には東京選挙区から出馬。

街頭演説で医療用大麻解禁を訴える姿が注目を浴びたが、結果は落選。彼女を選挙に導いたのも、森山容疑者だった。

「彼はもともと東京の大田区で建設会社を設立しており、地元の政治家に顔が利くんです。参院選で高樹さんを担ぎ出すべく、区内の有力者に挨拶回りをしていた」(前出・全国紙記者)

参院選からわずか半年後の逮捕劇は、彼女に投票した有権者への裏切りに他ならない。

逮捕後、高樹の自宅から押収された乾燥大麻は100回分の吸引量に当たる55g。

幻覚作用の強い花穂部分を多く含み、取引価格は通常の3倍という“極上品”だという。

※女性セブン2016年11月17日号

【引用元:NEWSポストセブン】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ運営者について