【千葉大生集団乱暴事件】百田尚樹がツイッターで「犯人は在日外国人ではないか」とツイート 津田大介「この人のアカウントを削除すべき」ネットでは「警察が名前を隠すからこういうことに」の書き込みも

百田尚樹

飲み会に参加していた女性を集団で乱暴したとして、強姦(ごうかん)致傷容疑で千葉大医学部の学生が逮捕された事件で、作家の百田尚樹氏(60)がツイッターに行った投稿がきっかけで波紋を呼んでいる。

百田氏は24日未明にツイッターに投稿した。

内容は、「千葉大医学部の学生の『集団レイプ事件』の犯人たちの名前を、県警が公表せず」と前置きし、「犯人の学生たちは大物政治家の息子か、警察幹部の息子か、などと言われているが、私は在日外国人たちではないかという気がする。いずれにしても、凄腕の週刊誌記者たちなら、実名を暴くに違いないと思う」とツイートした。

これに対し、かみついたのがジャーナリストの津田大介氏(43)。

津田氏は25日、「この人この種の発言懲りずに何度も繰り返してるし、単にツイッターの利用規約違反なので、ツイッター社はしかるべき警告を発した上でそれでもやめないようなら、この人のアカウントを停止すればいいんじゃないかな」とツイッターに投稿した。

百田氏は25日、これに反論。
「千葉大の集団レイプの犯人が公表されない理由について、『犯人が在日外国人だからではないか』とつぶやいたら、多くの人から『ヘイトスピーチ』『差別主義者』と言われた。私は犯人が公表されない理由の一つを推論したにすぎない。しかも民族も特定していない。こんな言論さえヘイトスピーチなのか」と投稿した。

ネット上では議論が沸騰。
「警察が名前を隠すとこういうことになる」とか「言論弾圧だ」と書き込みが相次いだ。

また元検事の男性が「犯人が公表されない理由について述べたものではなく、犯人を何の根拠もなく在日外国人であると臆測した文章だ」とツイートし、百田氏のツイートがヘイトスピーチなのか否か議論が続いている。

【引用元:産経新聞】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について