山口組、稲川会、住吉会、暴力団トップ3人が中華街に集結…会合の狙いとは/不気味な沈黙注目の定例会も…警察の出方を静観/実話3誌【週刊大衆】【アサヒ芸能】【週刊実話】その取材体制

山口 稲川 住吉

日本の主要な暴力団のトップ3人が一堂に会したのだから、これは「サミット」と表現するしかない。

顔を合わせたのは、六代目山口組の司忍組長、稲川会の清田次郎会長、住吉会の関功会長。
会合場所は、横浜の中華街であった。

地下鉄みなとみらい線の「元町・中華街」駅を出て、山下公園を背にして「朝陽門」をくぐる。

平日でも多くの客でにぎわう中華街で一、二を争う高級有名店「華正樓本店」は、門から徒歩で1分ほどの場所にある。

威風堂々とした店構えを見ても、その格式の高さは一目瞭然だ。

その華正樓本店の周辺が慌ただしくなりだしたのは9月29日午前11時頃で、「稲川会の幹部が若い衆にあれこれと指示を出して、準備を始めた。店員が店の駐車場のパイロンを片付けたりもしていました」と、暴力団に詳しいジャーナリストが語る。

「11時半頃からは黒塗りの車が店のまわりを巡回するようになり、それから1時間ほどが経つ頃までに、店の周辺の角々にコワモテの男たちが見張りに立った。

また、少し離れたところには大型警察車両や覆面パトカーも配置されていた」

山口組の司組長、稲川会の清田会長、住吉会の関会長の3人の他、各団体の幹部も含めた総勢11人が店に到着したのは12時半から45分にかけて。

司組長、清田会長、関会長の3人は3階にある「牡丹」という個室、それ以外の8人は同じく3階にある「花梨」という個室に入った。

「牡丹」は18畳、「花梨」は23畳ほどの広さで、中央には円卓、壁には水墨画がかかり、部屋の奥一面には磨りガラスがはまっている。

■「外交メッセージ」

「当日、店で食べたのは1人2万円のコースだった」と明かすのは、さる暴力団関係者。

「コースの内容は前菜から始まり、フカヒレの姿煮、伊勢エビの塩味炒め、和牛ミニステーキXO醤炒め、あわびの姿煮、北京ダック、チャーハン、デザートです。酒は飲まず、飲み物はもっぱらお茶だけだった」

司組長らが店から出てきたのは13時50分頃。
店の前で挨拶を交わすとそれぞれ車に乗り込み、その場を去っていったが、気になるのは次の1点。

果たして、主要暴力団のトップ3人は何について語り合ったのか――。

「暴力団トップによる“サミット”と言うと、1992年、山口組や稲川会、住吉会など7団体のトップが極秘会談を行い、暴対法への対応策を協議した例が知られている。

今回は92年の時のような明確なテーマはなかったようですが、トップ3人が会うこと自体に意味があった」

そう説明するのは、先のジャーナリストである。

「背景にあるのは、昨年8月末に山口組が六代目山口組と神戸山口組に分裂したこと。

情報戦略に長けた神戸側は“六代目の親戚団体や友好団体がどんどん離反し、こちらに加勢している”との情報を発信し続けてきた。

対する六代目側は今回の“サミット”により、稲川会との強固な関係を改めて示し、その上、住吉会とも話が出来ることをアピールした」

これというテーマは設定されていなくとも、そこには重要な「外交メッセージ」が含まれていたのだ。

「週刊新潮」2016年10月13日神無月増大号 掲載

【引用元:デイリー新潮】

■神戸山口組、不気味な沈黙注目の定例会も…警察の出方を静観

指定暴力団山口組(総本部・神戸市灘区)と分裂した神戸山口組(本部・兵庫県淡路市)の対立抗争が膠着状態に陥っている。

和歌山市では今月9日、神戸側の中核組織、山健組傘下組織の会長が殴られ死亡する事件が発生したが、表立った動きはみせていない。
神戸側の不気味な沈黙は何を意味するのか。

神戸山口組は12日、本部事務所で直系組長らを集めた定例会を開催した。

山健組系紀州連合会の会長(50)が9日未明に和歌山市内の飲食店付近で顔などを激しく殴られ、死亡する傷害致死事件があっただけに、内容が注目されたが、事件についての言及はなく、年始の行事についての説明があっただけだったという。

「執行部はこれまで再三、不用意なトラブルを起こすなと傘下組織に伝えていた。そんななかで起きた事件。

酒を飲んだうえでのトラブルだったとして執行部としても今のところ、静観しているのではないか」(暴力団関係者)

実際、和歌山県警によると、松下会長は知人3人と飲食店にいたところ、後から来店した5、6人の男らと口論になり、暴行され、さらに店外に出た後も路上で顔などを素手で殴られたという。

「和歌山では分裂後、山口組の直系組織と紀州連合会を含む神戸側が緊張状態にあった。

直系組織の組長は9月5日に新神戸駅で起きた6代目組長に対する山健組などによるサイン騒動の際、警備役を務めていた。

男らは山口組関係者とみられ、そんな背景もあって口論からけんかに発展した可能性が高い」(捜査関係者)

警察当局が9月以降、両組織への取り締まりを強化していることもある。

特に神戸側では直系組長5人が逮捕され、うち4人の勾留が続いている。

さらに神戸側が本部事務所を置く淡路市では地元住民らが今月6日、「暴力団追放淡路市民の会」を結成。
本部事務所の立ち退きを求めて活動を始める動きもある。

暴力団関係者は「抗争は、両組織と警察の取り締まりの三つどもえのバランスで推移するが、ひと昔と比べ、警察の力が圧倒的に強くなっている。今は警察の出方を見ている状況だろう」と話している。

【引用元:zakzak】

■ヤクザ界の「クオリティマガジン」実話3誌【週刊大衆】【アサヒ芸能】【週刊実話】その取材体制

9月29日、神奈川県横浜市内の高級中華料理店で、日本最大の指定暴力団・六代目山口組の司忍組長と、関東の有力団体である住吉会の関功会長、稲川会の清田次郎会長との“3トップ会談”が開かれた。

これだけの大物が一堂に会したのは各団体が結成されてから初めてのこと。

極秘扱いだった会合場所にはテレビや新聞といった主要メディアの姿はなかったが、『週刊アサヒ芸能』(以下アサ芸)、『週刊大衆』(以下大衆)、『週刊実話』(以下実話)の実話系週刊誌(以下実話誌)のヤクザ担当者らは、いち早く現場に陣取り、カメラのファインダーを覗き込みながら組長らを待ち構えていた。

翌週号で3誌とも極秘会談を大々的に報じ、大手メディア関係者を驚かせることになるが、その内幕を実話誌関係者がこう明かす。

「会談の開催情報は、事前に各誌の担当者に“主催者”側から連絡が入っていました。選抜された代表カメラマンが建物の中で写真撮影ができました。

その写真は共有されています。3誌に掲載された会食時の写真が、ほぼ同じカットなのはそのためです」

山口組が分裂して以降、3誌は1年以上にわたって毎週特集記事を掲載。「一般読者はもちろん、ヤクザや警察関係者まで手にとってくれています。分裂から半年間ほどは3誌とも売上部数が2割ほど伸びた」(同前)という。

暴力団関係者までが実話誌を熱心に読む理由を山口組関係者はこう語る。

「情報の正確性という点で実話誌は群を抜いている。末端の組員らは、組織の人事情報などを実話誌で確認しているほどだ。

他組織の動向もわかるので、我々にとって実話誌は官報や業界紙並みに有益な情報源でもある」

まさに“ヤクザ界のクオリティマガジン”なのだ。

しかし、山口組は五代目時代から「メディアとの接触禁止」を謳う。
どうやって情報を取るのか。取材体制は各誌で異なる。

アサ芸は、「記者とカメラマンの2人で取材に当たるのが基本」(同誌関係者)だといい、大衆は「六代目山口組情報に強いベテランのライターがカメラマンも兼任し、取材している」(同誌関係者)という。

一方、実話は記者や編集者ら数人のチーム編成で臨んでおり、「関西常駐のフリー記者も配置している」(同誌関係者)という力の入れようだ。

こうした体制で、情報統制が厳しさから“菱のカーテン”と呼ばれる山口組の内部事情を探るのである。

「週に何日も神戸の本部前に張り込んで、出入りする組長などに“おはようございます”と挨拶して顔を覚えてもらうことから始まります。

定例会や餅つき、事始めなどの行事があるたびに取材に駆け付け、徐々に信頼関係を構築して初めて、口を開いてもらえるようになる」(実話誌ライター)

組関係者から直に情報を得る以外に“ヤクザ記者クラブ”が情報収集に一役買うこともあると話すのは、暴力団に詳しいジャーナリストの鈴木智彦氏である。

「1984年に勃発した山一抗争時代から山口組を取材し続けている大ベテランのヤクザライターらを中心に情報はみんなで共有する。ヤクザライターらのメーリングリストまであります。

その“記者クラブ”で入手した情報は、メンバーに回る仕組みになっていて、ヤクザ記者たちの秘密の情報共有ツールになっています」

※週刊ポスト2016年10月28日号

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について