工場勤務17歳女性が「風俗嬢」を希望する理由

工場勤務17歳女性が「風俗嬢」を希望する理由

生活困窮者支援を行うソーシャルワーカーである筆者は、仕事がら、普段から多くの生活課題を持つ人々の話を聞かせていただく立場にある。

話を聞いていると、すでに多くの若者が現在の生活にすら困窮している状況が見えてきた。

一日一日を生きることに精一杯で、将来のビジョンや長期的な展望を見出すことが非常に困難な様子も明らかになった。

これから紹介するのは、特殊な事例では決してない。わたしが向き合ってきた、生活上の課題や生きにくさを抱える人たちの実例である。

「切実な声を代弁してほしい」「より多くの人へ自分たちの困窮状態を伝えてほしい」、と訴えてくれた友人、パートナーだ。彼らの声を、聴いて欲しい。

どこにでもいそうな女の子に見える彼女は

夜間定時制高校に通学する林さん(17歳女性)

林さん(仮名)は、埼玉県内の定時制高校に通う女子高校生である。ロングの茶髪と、赤いマニキュアが印象的だ。

美容に関心が高く、化粧品などにもこだわりたいという。
将来は美容系の専門学校に進学したいという希望を持つ、どこにでもいそうな女の子だ。

しかし、話を聞いてみると複雑な事情がうかがえる。

現在、彼女は夜間に高校へ通い、昼間は食品加工工場でアルバイトをしている。彼女の給料は埼玉県の最低賃金の時給で計算がされている。

「これまでは802円だったんですが、最近は820円に時給が上がりました。景気が良くなっているから給料が上がったのでしょうか(笑)」と屈託のない笑顔で話してくれた。

わたしは、「最低賃金は政策や企業と労働者との協議の影響が強いから、景気の動向は関係ないかもしれないね」と答えつつも、その賃金の少なさに驚かされる。

埼玉県では2015年10月から最低賃金が18円上昇した。それでも8時間働いて一日6560円である。

工場は受注量の関係から仕事の少ない時期は、一日5時間か6時間しか働けない時もあり、生活が大変になる。
彼女も生活に困って相談に来た若者のひとりである。

彼女が7歳の時、両親は離婚している。
その後、母と弟2人との4人暮らしを始めたが、母親のパートだけでは生活費が少なく、苦しい生活だったそうだ。

そのため、離婚から3年後、母は知り合いの男性を頼り、5人での暮らしが始まった。

だが、林さんとその男性との関係は悪く、ケンカや口論が絶えず、家出や非行を繰り返すようになったという。

中学生のころから、何度も児童相談所に通報されて、児童養護施設や自立援助ホームなどに入所した経験を持っている。

「わたしの居場所は家にはありませんでした。母もおじさん(母の内縁の夫)も生活に余裕がなく、話すたびにケンカになるので耐えられなくて帰りたくなかったんです。でも友達の家に長くいることはできないし、中学時代は公園で寝ていたこともありました」

林さんは、中学校卒業と同時に定時制高校に進学し、そのころから友人の紹介で今も働いている工場でアルバイトを続けている。

家庭の事情によっては、高校生がアルバイトをして、その給料を自身の生活費に充てながら暮らさなければならない状況がある。

金沢大学准教授の杉田真衣氏は、貧困状態や不安定就労下にある女性について調査研究をしている。

そのなかで、「最初に強調しておかなければならないのは、彼女たちが高校在学時から、労働に従事していることである。

裕福な家庭にいる子どものように親から小遣いを受け取り、自由に使えるおカネを手にすることができないだけでなく、必要な生活用品、学業用品を自分で購入することで間接的に家計を支援しており、親からもそれを期待されているからである」(『高卒女性の12年―不安定な労働、ゆるやかなつながり』大月書店)と指摘している。

林さんも別居している母親からいまだに何度も生活費を仕送りしてほしいと連絡があるそうだ。

林さんが住んでいる現在のワンルームマンションは、工場の社長名義で借りている。マンションの連帯保証人は、勤め先の先輩になってもらった。

林さんは未成年であるため、本人名義で賃貸契約ができない。いくつも不動産屋には断られたという。

「家族に連帯保証人をお願いすると金銭をタカられるので、工場で働く親しい先輩になってもらいました。だから家賃滞納とかできないんですよ。家賃は月額5万円。先月は給料が9万円だったので、家賃払うと生活が無理なんです」

その生活費が足りないために、高校の教諭に相談をしたところ、わたしを紹介されて相談に来られたのだという。

何とか高校通学を続けて卒業したいと語る彼女は、十分な食事もとれていないため、かなりやせている。

「友達はダイエットに励んでいるけど、わたしは日常がダイエットですから(笑)」と語るくらい、食事は粗雑だ。
今でも忘れられないのは、相談を受けた日に聞いた食事の内容である。

「今朝は何を食べたの?」という問いに対し、「今朝というか、最近は毎日カレー。1週間まとめて作って、お腹が空いたときにチビチビ食べる。今日でカレー3日目」と彼女は答えた。

ほかにも雑炊、鍋もの、煮込みうどんなどを大量に作り置きして、なくなるまで毎日少しずつ食べ続けることで生活しているのだ。

最低賃金で働いて生活しながら、高校で勉強することは大変である。
さらに最近は十分な食事もとれていないので、体調不良が続き、仕事も満足にできていない。

だから生活保護申請をするために、わたしも福祉課へ同行することとなった。
今は生活費で足りない部分だけを生活保護費で支給してもらう手続きを開始している。

当然ながら、彼女は自分が生活保護制度の保護要件を満たし、支援が受けられることは知らなかった。

彼女と接していてわたしが最も衝撃を受けたのは、次のような言葉だった。

「早く18歳になりたい。風俗店で働けるようになるから、おカネに困ることもなくなるでしょ? 風俗店でおカネを稼いだら、専門学校にも行けるかもしれないし」

希望は風俗店で働くこと――。

現在、『女子大生風俗嬢―若者貧困大国・日本のリアル』(中村淳彦、朝日新書)が反響を呼んでいる。

そこでも触れられているように、生活に困窮している現代の若い女性たちは驚くほど、性風俗店との距離が近い。

当然のように、性風俗産業従事者には、一般労働市場よりも多くの賃金が支払われる。

女子高校生の林さんもすでにその構図を漠然とつかみ、性風俗産業が生活上のセーフティネットの一部として認識されているのである。

「とりあえず、まずは来年、キャバクラくらいから試してみたい。友達の紹介で、やってみてもいいかなって思っている」と林さんはうれしそうに語る。

児童福祉法が十分に機能していないばかりか、未成年が自分の希望をかなえるため、自分の性を売らなければならないと積極的に考える現実に、日本社会はどのように対処していくのか。
未成年の相談者から突きつけられるわたしたちへの課題は極めて重い。

【引用元:東洋経済オンライン】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について