【アメリカ大統領選】ドナルド・トランプの勝利を映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』が予言? シカゴ・カブスの優勝も実現しネットで話題に

ドナルド・トランプの大統領選の結果をバック・トゥ・ザ・フューチャーが予言か

日本時間の11月9日8時に始まった2016年米大統領選はドナルド・トランプ氏の勝利が確定しましたが、ネットでは「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2」が今回のことを予言しているみたいだと話題になっています。

同作では、未来(2015年)のスポーツ年鑑を手にしたビフ・タネンという男が競馬で大富豪となり、世の中を牛耳る様が描かれるのですが、そのビフのモデルとなったのがトランプ氏(脚本を務めたボブ・ゲイル氏がインタビューで答えています)。

劇中では大統領ではないものの、街を支配するなど権力を持つ人物として描かれていました。

Twitterでは、「そっくりだよなと思ってたら実際モデルだったらしい」と、ビフのモデルがトランプ氏だったことに驚く人や、「政治まで同じだったらどうなることやら」と不安になる人、「ビフが大金持ちになった場合の世界みたいになりそうで楽しみだな」と映画と同じ世界になることを望む人、「バック・トゥ・ザ・フューチャー2.5としてビフが大統領になってるスピンオフを作って欲しい」と新作を期待する人など、さまざまな反応が。

また同作には、2015年の未来にやってきたマーティが「シカゴ・カブスがワールドシリーズで全勝する」という報道を見て驚くシーンがあります。

カブスは1945年からずっとリーグ優勝すら果たせていないチームで、公開当時は「あの弱小チームが優勝」と時代の変化を印象づけるジョークとして用いられていました。

しかし、11月2日(現地時間)にそのカブスがシリーズ優勝を飾ったことで、全勝ではありませんでしたが、「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2の予言が1年違いで当たった!」と大きな話題になりました。

ちなみに、ビフ・タネンを演じたトーマス・ウィルソン氏は2015年にシカゴ・カブスがリーグ優勝を逃したとき、ビフ姿の写真を添えて「ヘイ、シカゴ。あれは映画だよ」と、おちゃめなツイートを投稿しています。

今回もなにかしらツイートをしてくれるのでしょうか、注目が集まりそうです。

【引用元:ねとらぼ】

映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー Part2」がドナルド・トランプ氏の次期大統領就任を予言していたとネット上で話題だ。

【BuzzFeed Japan / 徳重辰典】

同映画では、未来(2015年10月21日)にタイムスリップした主人公マーティと敵対するビフ・タネンというキャラクターが登場するが、その姿はトランプそっくりだ。

ビフはカジノで成功し「アメリカ一の富豪」と呼ばれ、世の中を牛耳る存在。

傲慢な性格で、作中ではマーティをたびたび苦しめる。

次期大統領の座が確実となったトランプ氏と重なる部分も多い。

実際、脚本家のボブ・ゲイル氏は昨年、ビフのモデルがトランプ氏であることを明かしている。

このためトランプ氏優勢が伝えられると「カブスの優勝とトランプの世界を予言したバックトゥザフューチャー恐ろしい」などTwitter上では驚きの声が上がった。

映画ではマーティが電光掲示板に表示された「ワールドシリーズ カブス勝利」を目撃し、驚くシーンがある。

当時はあり得ないこととして冗談のネタだったが、今年シカゴ・カブスは108年ぶりにワールドシリーズを制覇とこちらも”的中”している。

ビフが支配する世界はディストピアとして描かれるが、映画ではマーティがタイムスリップし、歴史を変えることで、より良き未来へと変わる。

ただ現実では一方通行。タイムスリップはなく、やり直しはできない。

【引用元:BuzzFeed Japan】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ運営者について