ターゲットは留守児童!? 中国で相次ぐ、教師による卑劣な「教え子レイプ」

中国 強姦

教師と生徒の“禁断の恋”はどこの国でもある話だが、お隣・中国では最近、教師による生徒への強制わいせつ行為や強姦事件が相次いで起きている。

 香港紙「東方日報」(9月23日付)によると、福建省寧徳市内の小学校教師の男(55歳)が同18日に強姦容疑で逮捕されたという。この教師は今年3月、教え子である6年生の女子児童を強姦した上、妊娠させた疑いが持たれているのだ。女子児童は中絶手術を受けておらず、現在すでに30週を迎えているという。当局は女子児童への影響に配慮し、事件の詳細は明らかにしていない。

同じく3月には、広西チワン族自治区欽州市の中学校の男性教師が、白昼の校内で女子生徒を強姦しようと裸で襲いかかり、近くにいたほかの教師に阻止されたが、その時の様子を撮影した映像がSNSで拡散された。

 さらに4月、山東省済南市の小学校で、40歳の男性教師が10歳の女子児童を校内の事務室に呼び出して襲いかかり、ケガを負わせたとして、強姦と傷害の容疑で逮捕された。警察の調べによると、この教師はこれまでも同様の手口で、強姦行為に及んでいたとみられる。

 中国版Twitter「微博」では、一連の事件に対して、

「俺が親の立場だったら、この教師を殺してる」
「10代の娘が50代の汚い男にけがされたと思うと、耐えられない」
「宦官が教師になったらいいのに。アソコはないけど、頭はいいから、ある意味安心だ」

など、さまざまなコメントが寄せられた。

「教師による性犯罪が増える背景には、両親の不在、すなわち留守児童の存在が挙げられます。祖父母や親戚に預けられた子どもたちは愛情に飢えており、一番身近な学校の先生に懐くことが多い。結果、『犯しても口外しないだろう』『どうせ留守児童だから、両親にバレないだろう』と考えたり、勘違いして本気で教え子を好きになる教師が増えているといいます。両親が不在なので、強姦された心理的なショックや、妊娠したことに周囲が気づいてあげられないという事情もあります。教育現場での教師による性犯罪は、中国で大きな社会問題になりつつあります」(広州市在住の日本語学校の教員)

 中国では、強姦に対して死刑を含む厳罰で臨んでいるが、実際は数年の刑期で出所することが多いという。このままでは、聖職者の信用は下がるばかりだ。

【引用元:日刊サイゾー】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について