欅坂46のナチス軍服問題、イスラエル大使館「ホロコースト特別セミナーに招待します」FBで公式に表明…欅坂46謝罪めぐりネットで賛否「当然」か「難癖」か

欅坂46のメンバーがナチス風の衣装を着用

アイドルグループ「欅坂46」が着た黒い衣装がナチス・ドイツの軍服に酷似しているとして、ツイッターなどネット上で批判を受けている問題で、在日イスラエル大使館は3日、フェイスブック上で「メンバーの皆様をホロコースト(ドイツでのユダヤ人大虐殺)に関する特別セミナーにご招待させて頂きたい」と申し出ていたことが分かった。

フェイスブックによると、騒動を報じたメディア記事を掲載した上で「タレントさんは多大な影響力があり、皆様がこの重大な問題について知識を持つことが重要です」と前置きし、「欅坂46のメンバーの皆様をイスラエル大使館でのホロコーストに関する特別セミナーにご招待させて頂きたいと思います」と書かれている。

同大使館は祝日休館のため詳細について分からないが、ツイッターでは「なりすましアカウントかと思ったらガチの公式声明だった…」「何だかえらい話になってきた」「衣装担当は先にイスラエル大使

【引用元:産経新聞】

■欅坂にチクリ「セミナー招待」宣言のイスラエル大使館にさまざまな声

アイドルグループ「欅坂46」がハロウィーンコンサートで着用した衣装が、ナチス・ドイツの軍服に似ていると世界的な批判を集めた問題で、在日イスラエル大使館は3日、公式フェイスブックやツイッターに、欅坂のメンバーを「大使館でのホロコーストに関する特別セミナーにご招待させて頂きたいと思います」と記し、呼びかけた。

フェイスブックなどでは、「タレントさんは多大な影響力があり、皆様がこの重大な問題について知識を持つことが重要です。

そこで、欅坂46のメンバーの皆様をイスラエル大使館でのホロコーストに関する特別セミナーにご招待させて頂きたいと思います」と記した。

この書き込みには「希望があればいつでも開催します、という感じならよい取り組みだと思うんですが、一方的に(半強制的なニュアンスで)招待します、と書くと『ナチ問題に関しては急にヒステリックになる人たち』という印象が強まるので書き方に気を付けられた方が良いかと思います…」「知らなかったわけでないとしても、気を付けないといけませんね。

特にナチスドイツに関連することには細心の注意を払う必要があります」「おそらく何も知らず、考えてもいないタレントを批判したり叩いたりするのではなく、これを機会に理解を深めるというのは、良い試みかと思います」などとさまざな声が届いた。

また、一方で大使館のツイートに批判的な意見も寄せられている。

【引用元:デイリースポーツ】

アイドルグループ「欅坂46」の衣装がナチスドイツを想起させるとしてユダヤ系人権団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター(SWC)」が謝罪を求めていた問題は、声明発表から24時間足らずで欅坂46側の運営会社や総合プロデューサーの秋元康氏が謝罪することになった。

「似ている」という指摘は10月22日お衣装の披露直後からくすぶっていたが、欅坂46の謝罪を伝える記事に寄せられたコメントには、衣装のデザインはグローバルスタンダードに合わず謝罪は当然だとする意見がある一方、「ただの難クセ」「ユダヤのプロパガンダ」などと、SWCの対応に疑問を示す声も出ている。

■ソニーや日本のブランドイメージも傷つくと主張

今回の衣装をめぐっては、米国のユダヤ人権団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター(SWC)」が10月31日(現地時間)、

「10代の若者がナチス風の衣装を着てステージや観客席で踊っているのを見ることは、ナチス大量虐殺の犠牲者に多大な苦痛を引き起こす」

と謝罪を要求。その上で、

「仮にグループ(欅坂46)に傷つける意図がなかったとしても、当該パフォーマンスはナチス犠牲者の記憶をおとしめるもので、ネオナチの感情が高まっているドイツやその他の国々の若者に誤ったメッセージを送ることになる。ソニーのような国際的ブランドには、もっと良いものを期待したい。ソニーは日本に恥をかかせている」

などとして、今回の騒動がソニーという国際的なブランドや日本という国の対外的イメージにも悪影響を与えると主張した。

この声明が掲載されたのは日本時間11月1日未明だが、同日夜には欅坂46のウェブサイトに「ご不快な思いをさせてしまったことに対し、心よりお詫び申し上げます」などとする謝罪コメントが掲載され、総合プロデューサーの秋元康氏も「監督不行き届きだった」として陳謝した。
「『ガス室』なかった」記事で雑誌廃刊に追い込む

こういった対応を伝えるJ-CASTニュースの記事には、様々な声が寄せられた。

「グローバル化したこの世界でそういうことに事前に気づかない時点で、プロデューサーとして失格」
「中国のアイドルが劇場を第七サティアンと呼んで正大師のコスプレで歌ってたら日本人としてどう思う?オウムの比じゃないぞナチスは」

などとして、衣装はきわめて不適切だとの声が相次いだ。一方で、

「ユダヤのプロパガンダは若者の表現の自由を奪った。大変な罪だ」
「自称被害者の人権ヤクザはどこの国にも居るって事だ」
「ただの難クセ」

などとしてSWCの声明を非難する声も多い。

SWCは、ホロコースト否定論やユダヤ陰謀論を唱えるメディアに対して、広告主を巻き込みながら激烈な抗議活動を展開することで知られている。

例えば1995年1月に文芸春秋社の月刊誌「マルコポーロ」が掲載した「ナチ『ガス室』はなかった」と題する記事をめぐるトラブルでは、「ホロコーストはソ連などの共産主義政権の作り話」などとする内容に、SWCやイスラエル大使館が猛烈に抗議。

文芸春秋社のスポンサーに広告出稿を取りやめるように働きかけるなどの運動を展開した。

その結果、文芸春秋社は雑誌の回収と廃刊、編集長の解任を決め、全面謝罪。
社長も引責辞任に追い込まれた。

【引用元:J-CASTニュース】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ運営者について