NYに住む60代の韓国人、マクドナルド店員に殴られたとして本社相手に10億円の賠償を要求

マクドナルド NY

ニューヨークに住む60代の韓国人の老人が、マクドナルドの従業員に殴られたとして、 本社を相手に1000万ドル(約10億円)の賠償を要求する民事訴訟を起こし、韓国メディアの注目を集めている。

2月16日、この男性がコーヒーを買うためにニューヨークのクイーンズのマクドナルドを訪れたことがトラブルの発端だ。

男性によれば、事件当時、4人のレジの店員がいたがいずれも雑談に夢中で、注文してから
10分ほど待たされた。「時間がかかりすぎだ」と言うと、50代の女性マネージャーから、「あなたのような人に売るコーヒーはない。出て行け」と叫んだという。

男性がこの様子を撮影するためにスマートフォンを取り出そうとしたところ、 女性マネージャーは1.5mの長さのほうきでキムさんの右手をなぐりつけ、携帯電話も落下して故障してしまったという。

米マクドナルドでは韓国人の老人たちと店の間で、長時間滞在をめぐるトラブルも起きている。

だが今回は10億円という高額訴訟だけに、大きな騒ぎになりそうだ。

【引用元:もぐもぐニュース】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について