『あ~よかった』『さよなら大好きな人』大ヒットの気デュオ『花*花』が突然テレビから消えた驚きの理由とは?

花*花

「あ~よかった」「さよなら 大好きな人」で大ブレイクした人気デュオ・花*花のおのまきことおじまいづみが27日深夜にテレビ東京系で放送された「じっくり聞いタロウ~スター近況報告~」(木曜深夜0・12)に出演。紅白歌手にもなったがわずか4年で活動休止にいたった理由を語った。

 当初、「あ~よかった」はインディーズでのデビューだった「花*花」だったが、関西のFMラジオで人気に火がつき、2000年にメジャーデビュー。二曲目の「さよなら 大好きな人」もヒットし、紅白歌合戦にも出場した。だが「さよなら-」は2人が出会う前にこじまが作詞作曲。MCの次長課長・河本準一が「では53万枚は(作詞作曲の印税は)すべて(こじまさん)?」と収入について確認。おのは「そうです」とうなずき、“歌唱印税”しか入らず2人に収入格差があったことを明かした。

 さらに、メジャーデビューからわずか3年で活動休止になった理由について「事務所がなくなるっていう…まさかの」とおのが告白。事務所の親会社は音楽とはまったく関係のない、クレーンゲームのぬいぐるみを制作する企業だったが、2003年にぬいぐるみ工場があった中国でSARS(重症急性呼吸器症候群)が流行し、事業が傾いた。そのため社長が突然「音楽事業部、辞めます!」と言い出し、マネジャーからコンサートの打合せの後に「実は事務所がなくなります」と宣告された。

 こじまが「むちゃむちゃ忙しくて、すごい疲れていて」と、当時は取材対応などに追われ、本来の音楽活動ができていなかった状況を振り返った。すると名倉が「じゃあ、二人とも休みたいなと思った時に、ちょうど(事務所が)潰れてくれたんや」と変なフォロー。花*花としての音楽活動をいったんストップするにあたり、解散だと動き出すのが難しいが、休止にしておけば再始動がしやすいと二人で判断。デビューする前の生活に戻ったという。

 花*花は、1998年にインディーズデビュー。2003年に活動休止を発表した。それぞれメジャーから退き、ソロ活動を継続。デビュー10周年の2009年から再始動している。

【引用元:デイリースポーツ】

■「さよなら大好きな人」で知られる女性デュオ「花*花」が活動休止に追い込まれた真相とは

「さよなら大好きな人」などのヒット曲で紅白歌合戦にも出場した女性デュオ「花*花」が27日深夜、テレビ東京系「じっくり聞いタロウ」(木曜、深夜0時12分)に出演し、活動休止の真相を明かした。

 こじまいずみ(40)とおのまきこ(39)の女性デュオの「花*花」は、1998年にデビューし2000年に「あ~よかった」でメジャーデビューを果たし、この年に紅白初出場を果たすなど人気を博した。

 ところが、「さよなら大好きな人」は約53万枚を売るヒットを残したが、2003年に突然、活動を休止した。その理由を番組で「事務所がなくなってしまった」ためと明かした。当時の事務所は所属する芸能人が「花*花」の2人だけ。音楽をマネジメントする会社だったが親会社がまったく別の業種で、当時、中国国内で流行したSARS(重症急性呼吸器症候群)の影響で経営していた工場が閉鎖し、音楽事業からの撤退を余儀なくされたという。

 2人によると年末にマネージャーから「事務所なくなります」と突然告げられ、活動休止を余儀なくされたという。それでも地道にそれぞれが音楽活動を続け、2009年に再結成し現在に至っていると明かした。

【引用元:スポーツ報知】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について