『スマスマ』SMAPからのラストメッセージ「みなさまの気持ちに、深く感謝いたします」最後は通常通り義援金の呼びかけ

年内で解散する人気グループ・SMAPのフジテレビ系冠番組『SMAP×SMAP』が26日、最終回を迎えた。

午後6時30分からスタートし、午後11時1分から5人がそろって歌う最後の曲「世界に一つだけの花」がオンエア。

色とりどりの多数の花に囲まれたスタジオで5人が思いを込めて、300万枚を突破したグループ最大のヒット曲を熱唱した。

5人はおそろいの紺色の記事に花のモチーフがあしらわれたスーツでスタジオに登場。

歌い終えると、そろって頭を深々と下げ、これまで番組を見てくれた視聴者や応援してくれたファン、自分たちを支えてくれたスタッフたちに感謝の気持ちを表現した。

 スタッフから「OK」の声がかかっても、中居正広はなかなか頭を上げられず。

スタッフの大きな拍手が響く中、頭をあげると目には涙が浮かんでいたが、すぐに後ろを向いて涙を流す姿は誰にも見せなかった。

 エンディングでは、SMAPの5人と20年以上に渡る人気番組を支えてきた171名のスタッフと一人ひとりの記念撮影に応じた。

番組の最後には、レギュラー放送時と同様に、東日本大震災の義援金の呼びかけが行われた。

 この日の放送では、同番組やSMAPが総合司会を務めた『27時間テレビ』の名シーンなどがまとめられた総集編として放送されたが、午後10時50分ころに、初めてSMAPからのメッセージが届けられた。

 SMAPのコメントは、以下の通り。

スマスマ20年、そしてグループ活動28年、
みなさまの気持ちに、深く感謝いたします。
ありがとうございました。
SMAP

 同番組は1996年4月15日にスタートし、この日までの放送回数は920回。

平均視聴率は関東地区で18.2%、関西地区で16.7%、最高視聴率は2002年1月14日放送回で、関東地区は34.2%、関西地区で36.5%を記録した(視聴率はビデオリサーチ調べ)。

【引用元:ORICON STYLE】

■SMAP×SMAP最終回…「世界に一つだけの花」で幕下ろす「深く感謝いたします」

年内で解散するSMAPのフジテレビ系「SMAP×SMAP」最終回(後6時半)が26日に放送された。

メンバー全員がそろうのはこの番組が最後。今月2日に収録したという「世界に一つだけの花」が公開され、幕が下ろされた。

ラスト歌唱前には「スマスマ20年、そしてグループ活動28年、みなさまの気持ちに、深く感謝いたします。ありがとうございました。SMAP」とのメッセージが表示。
グループとして視聴者、ファンへ向け感謝の気持ちを表した。

最終回は6人での番組開始からSMAPの足跡をダイジェストで振り返る構成。並行してファンからメンバーへのFAXを受け付けた。

13年放送で好評を博した「初めての5人旅」もたっぷりと放送。
中居正広(44)が酸欠状態になりながらやり遂げた14年FNS歌謡祭での45分間ノンストップライブなど、番組の20年9か月の歴史が詰め込まれていた。

NHKは紅白歌合戦(31日、後7時半)をラストステージとするよう出演へ向け水面下で交渉を続けていた。

だがSMAPは19日付でNHKに対して手紙を送付。
「連名で「20年間一緒に歩んできたスタッフがいて、5人でレギュラー出演をさせて頂いた『SMAP×SMAP』を自分たちのラストステージとさせて頂きたいという想いに至りました」とつづった。

SMAPは今年1月、解散騒動が表面化した。
5人はスマスマの生放送で謝罪し、グループ存続を表明したが、8月になって年内解散を発表した。

【引用元:スポーツ報知】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について