『世田谷ベース』に「所ジョージ死刑」「サトラレ電波」との落書きで事件化/″落書き事件″と改装の理由について直撃すると…

所ジョージ

11月某日の朝、所ジョージが事務所兼遊び場として使用している『世田谷ベース』を訪れたところ、事務所の責任者を名乗る男性から険しい表情で「あなたたち!さっきからずっとそこにいますけど、何をしているんですか?」と詰問された。

記者が身分を明かすといくぶん口調が和らいだが、取材の意を告げても断られた。

「いや、今日はもうやめてください。お引き取りください!」

ピリピリした空気だったのには理由がある。事務所の壁に2か所、道路に1か所の計3か所に、赤いスプレーで落書きをされていたからだ。落書きは“所ジョージ死刑”が1つ、“サトラレ電波”が2つ。

後者は意味不明の言葉だが、前者には明白な悪意があることはわかる。落書き犯と勘違いされてしまったようだが、そもそも、同所を訪問したのは、現在行われている改装工事についての話を聞くためだった。

「2~3か月くらい前から工事が始まりました。クレーン車が入っていくのを見たこともあります。外観を変えているような感じですね。なかなか終わらないから、近所でも話題になっていたんですよ」(近隣住民)

今回、この落書きが事件化されていることも鑑みて警視庁に聞いてみたところ、

「公式に発表されている事案ではないので、回答することはできません」

とのことだった。とはいえ、ただの落書きとして放っておくことはできない。個人の資産や公共の道路を傷つけたわけで、明らかに犯罪である。

「ネットで心ない悪口を書かれたりすることはこれまでにもありました。しかし、今回のように落書きされたのは初めてだったみたいですよ。

さすがに悪質だということで、警察に被害届を出したそうです。『世田谷ベース』の周辺には、防犯カメラが設置されています。事件当日、犯人が防犯カメラに映っていたようなので、捜査が進んでいるのではないでしょうか」(所の知人)

こういった落書きで逮捕された場合、どんな罪に問われるのだろうか。『弁護士法人・響』の徳原聖雨弁護士は、

「今回のケースは器物損壊罪に該当します。法律上は3年以下の懲役か、30万円以下の罰金・科料に問われます。ただ、初犯の場合だと執行猶予1年~2年か20万円前後の罰金ですまされることもあります」
■″落書き事件″と改装の理由について直撃すると

所ジョージが事務所兼遊び場として使用している『世田谷ベース』。11月某日、なんとこの事務所の壁に2か所、道路に1か所の計3か所に、赤いスプレーで心のない落書きが。

落書きは“所ジョージ死刑”が1つ、“サトラレ電波”が2つ。

現在行われている改装工事についての話を聞くために訪れたところ、この衝撃的な落書きを目にした。被害届を出しているとあって、どうやら事件化しているようだ。

『世田谷ベース』には所の自動車やバイクが置かれているガレージがあり、遊び道具やフィギュアなどのコレクションを収蔵する倉庫としても使われている。

「家庭菜園もあって、所さんが自ら耕して野菜を育てています。炎天下で作業に没頭しすぎて熱中症で倒れたこともありました。収穫した野菜は、奥さまが調理して、来客に振る舞うこともあるそうですよ」(テレビ局関係者)

広い駐車場も備えられていて、ビートたけしや木梨憲武などの友人がよくやってくる。同じ趣味を持つ者たちが集う憩いの場なのだ。

「『所さんの世田谷ベース』(BSフジ)の収録もここで行われていて、遊びと仕事両方の“基地”となっています。彼は自他ともに認める無類の自動車好きで、特にアメリカ車が大好き。作業スペースもあるので、コツコツと自分好みに改造しているんですよ」(芸能プロ関係者)

自分のペースで趣味を楽しむために、『世田谷ベース』の改装を始めたのだろうか。その矢先に陰湿な嫌がらせを受けたとあっては、さぞ不愉快なことだろう。落書きがあったという翌日の朝に再び同所を訪れ、自宅前にゴミを捨てに出てきたところを直撃した。

―『世田谷ベース』を改装されているようですが、具体的にどのあたりを?

「狭くなったから、普通の家みたいに増築しているだけのことだよ。こんなことじゃ記事にならないんじゃない。普通に家を増築しているだけなんだからさぁ」

―いつごろから改装されているのでしょうか?

「工事の申請を出してから1年くらい。申請ってなかなか下りないんだよ。芸能人だからって特別扱いしてくれないんだよね。さすが役所だね……。って、うっかり俺もこうやって話しだしちゃったじゃねえかよ。いいよ、君に協力してあげるよ」

改装の内容について聞いていくと、徐々に表情が和らぎ、笑顔になった。

「増築すると畑が狭くなるから作物は減るよね。建物が10畳くらい増えるんだから、畑もそのぶん減る。もうこの工事は半年くらいやっているから、作物はいっさい作ってないわけ。そうやって、農業的なことを休むのも“生活が変わって面白いな”って思うよ」

―新しい生活をしたかったことが、改装のきっかけですか?

「違う違う。単純に物が増えたからだよ。これ以上、倉庫に入らないんだよ。もうゴミしか入ってないんだけどさ。一番下の物を出そうにも、物が重なっちゃって、何が何だかわからない状態だったんだよ。だから、そういうのを片づけようと思ったんだ」

―改装するのは大変ではありませんか?

「増築の何が楽しいって、遠足前の気分になることかな。“あそこにあれを置こう”とかさ。部屋の模様替えとか面倒くさいけど、ワクワクするじゃない?雑巾がけもホコリをふくのも面倒くさいけど、自分でデザインしてジャッジできる。

そういうのは、『週刊女性』の読者の主婦の方たちも感じていると思うよ。だから、できあがりが楽しみだね。まあ、コメントとしては、“そのうちテレビで見ることになりますので、楽しみにしていてください”ってところかな」

―ところで昨日、こちらの壁に落書きがあったようなのですが?

「…………。それは、事務所の人間に聞いてください。俺が全部管理しているわけじゃないから」

落書きの話になると途端に表情が曇り、結局、最後までコメントはしてくれなかった。改めて所属事務所に問い合わせると、

「現段階でお話しすることは何もありません」

という答えだった。

【引用元:週刊女性】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ運営者について