『朝日新聞』掲載のSMAP大応援広告、6個目の★は隠しメッセージか…森且行説も

SMAP広告

31日に解散するSMAPに新聞広告で思いを伝えようと、ファンらが30日付の朝日新聞全国版朝刊に8ページにわたるメッセージ広告を掲載した。

 朝日新聞社のクラウドファンディングサイト「A-port」で資金支援を呼び掛けていた「SMAP大応援プロジェクト~新聞メッセージ・どうか届きますように~」では、1口3000円という形で1万3000人を超える人から約3900万円が、20日から28日までの短期間に集まったという。

 広告の最初のページA面は中央に「いつもたくさんの愛と勇気をくれたSMAPへ」と書かれ、2ページ目のB面から7ページ目のG面までは支援者らの名前で埋められた。

 各ページの最下段には「強く強く 未来を信じて」(B面)「ココカラ 手を繋ごう」(C面)「私たちはその手を離しません」(D面)「これからも私たちはそばにいます」(E面)「We Love SMAP Forever」(F面)、そしてデビュー曲のタイトルでもある「Can’t Stop!! -Loving-」(G面)のメッセージが記された。

 また、B~G面のページ中央には★マークの中に順番に「We」「Love」「s」「m」「a」「p」の文字がデザインされ、「We Love smap」のメッセージ。さらにA面の上部には5個の☆☆☆☆☆、H面の上部には5個の★★★★★が置かれ、両面とも離れた位置に6個目の☆と★が「広告」という文字の下に隠れるように置かれた。

 この6個目の☆と★についてネット上では、1996年に脱退した森且行(現オートレーサー)を示す「隠しメッセージでは」というコメントが寄せられている。

 最終ページのH面には「一人ひとりにできることはわずかでも、集まれば大きな力になることを実感しました。この想いがどうか届きますように。」というメッセージと、フジテレビ「SMAP×SMAP」でSMAPが呼び掛け続けた東日本大震災の復興支援について、引き続き支援が必要との広告が掲載された。

【引用元:デイリースポーツ】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について