『20世紀少年』作者・浦沢直樹、W不倫報道後の近況を直撃するも大激怒「人として反省しなさい!!」

「ボブ・ディランがノーベル賞を取ったけど、授賞式に先約があるから出ないって。おネエちゃんかな?」

と、11月25日に大阪で行われたトーク&ライブで軽妙な話術を見せた、漫画家の浦沢直樹。『YAWARA!』『20世紀少年』などを手がけた、日本漫画界屈指のヒットメーカーだ。

’16年11月26日から’17年1月25日まで行われている『浦沢直樹展 描いて描いて描きまくる ―大阪の巻―』の初日前夜に行われたスペシャルイベントでは、まるでミュージシャンのライブのようにノリノリ。しかし、ある質問に話題が及ぶと、

「ハハハ……、お騒がせしました……」

と歯切れが悪く笑うのみ。

―否定されていますが、そのとおりでいいのですか?

との問いかけには関係者が制止に入るほど。結局、

「いや、いや」

と、明確に否定しなかった浦沢だが―。

『週刊女性』は、’15年8月から10月にかけて、とある女性と浦沢が親密な関係だという情報をキャッチ。ふたりが並び歩く姿、食事をする姿、ラブホテルに入る姿などを目撃していたが、お互いに家庭を持つ身の“W不倫”だったのだ。

「お相手は大手出版社に勤務する50代前半のAさん。雑誌の連載を通じて知り合ったそうです。今は編集から離れた部署について、基本的には定時で仕事をしていますが、彼女は時間を自由に使えていました」(Aさんの知人)

報道後、浦沢の不倫相手がAさんではないか、ということが会社内でもウワサになったそう。中には、彼女に直接声をかける人もいたとか。

「業界柄、話はすぐに広がります。彼女のことを心配して、“大丈夫?”と声をかけた人もいました。すると“話はもうついているから”と。旦那さんと別れることはないみたいです」(前出・Aさんの知人)

では、浦沢はどうか。前述の大阪での個展に加えて、報道時に放送されていた、自身がホストを務める番組『浦沢直樹の漫勉』(NHK Eテレ)は、年明けにパイロット版が放送され、続編の話も持ち上がっているという。それなりに仕事は順調そうだが―。

「講談社の青年漫画誌に連載していた『BILLY BAT』が8月中旬に終了して以降、読み切り以外の作品はありませんし、現在もまだ次の連載は決まっていない状態。漫画家の持病でもある腰痛の悪化などもあり、この先の予定は白紙状態です」(コミック誌編集者)

近況を直撃すべく、彼の自宅へ足を運ぶと、ダウンコートにジーンズというラフな格好で、3匹の愛犬を散歩させている浦沢を発見!

―いまもAさんとは連絡をとられていますか?

「……」

突然の直撃に驚きの表情を浮かべて無言で歩きだすが、怒りが湧き上がってきたのかくるりと振り返ると、

「すごく失礼だよね。人として失礼!」

と記者を一喝。目をむいて、

「自分がどれだけ失礼なことをしてるかわかる? 人のプライベートをこういうふうにするって。人として反省しなさい。何も言うことないから」

そう言うと、愛犬3匹を引き連れて足早に去っていった。

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ運営者について