『SMAP×SMAP』最後の歌収録、リーダー中居正広は嗚咽を漏らした…最終回の歌収録現場の裏側

SMAP

2016年12月1日の午後、SMAPのメンバーを乗せた車が次々とフジテレビ・湾岸スタジオに到着した。

車を降りたメンバーは慣れた様子で1人ずつ個室の楽屋に入っていく。

放送期間20年9か月、放送回数920回。
『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)の収録は週2回、この数年は決まってこのお台場のスタジオで行われてきた。

入り口から最も奥の控え室が中居正広(44才)。
その手前に木村拓哉(44才)、稲垣吾郎(42才)、草なぎ剛(42才)、香取慎吾(39才)の個室が続く。

その日は珍しく、中居がスタッフのために手配したケータリングがスタジオ脇に用意されていた。

まず収録されたのは、12月5日放送分のライブコーナーで、ゲストは久保田利伸(54才)だった。

久保田は木村が大ブレークしたドラマ『ロングバケーション』(1996年)の主題歌を歌っていた縁もあり、スマスマへの登場は最多の8回目。

「木村さんが久保田さんに笑顔で話しかけるなど、普段と変わらず、撮影は進んでいきました」(番組関係者)

ゲストライブが終わると、メンバーは楽屋に戻り、再び衣装を着替える。
準備が進むと、しだいに緊迫感がスタジオを包み始めた。

この日以降、歌の収録の予定はない。つまり、次に収録するのが、5人で歌う最後の曲なのだ。

5人がセットに立つ。数十人のスタッフが固唾をのんで見守るなか、流れ始めたイントロは、『世界に一つだけの花』だった。

「20年続いた番組のファイナルである12月26日放送に向けて収録しておきたいと番組スタッフ側からメンバーに提案したところ、それはメンバーの気持ちも同じでした。

“これまで支えてくれたファンたちへ最後にやっぱり届けたい曲、それならば歌う曲はこれしか考えられない”と5人の気持ちが一致したんです」(前出・番組関係者)

SMAPの代表曲であることはいうまでもないが、解散発表以降、ファンが購買運動を起こし、シングルの累計売り上げ295万枚を超え、300万枚に迫っている。

ファンのために歌いたい――そんな思いが彼らを動かした。

「歌唱前は落ち着いているように見えました。曲中も感情を高ぶらせることなく、それでもいつものように思いを込めて、しっとりと歌い上げていました。

逆にそれを見つめていたスタッフの中には“これが最後かもしれない”と涙を流す人もいました」(番組スタッフ)

スタジオの外のモニター前にも関係者たちが集まって、“ラスト・ソング”が流れると静まりかえったという。

空気が一変したのは、『世界に一つだけの花』の最後の音が消えたときだった。

カメラが止まり、“オッケーです”という声が飛んだ瞬間、中居が帽子で顔を押さえるようにして、後ろを向いたのだ。
肩を震わせ、嗚咽を漏らす。

感情のほとばしりは他のメンバーも同じだった。木村も顔を伏せたまま、動かない。その間、約30秒──。

前出・番組関係者は、中居が『スマスマ』で涙を見せたのは今回が3回目だと言う。

「最初は森且行が卒業した1996年5月の放送で『ベストフレンド』を歌ったとき。

2度目は2013年4月にメンバー5人で初めての旅行をした際、カラオケで『ベストフレンド』を歌いながら号泣しました。

“SMAP愛”の強い中居くんだけに、5人揃っての最後の歌唱に、込み上げるものを抑えることができなかったんでしょう」

収録が終わるとメンバー5人と数人のスタッフが順番に記念撮影に臨んだ。

目を腫らした中居がスタッフに「ありがとう」と声をかけ、沈み気味の場を盛り上げようとしていたという。

※女性セブン2016年12月22日号

【引用元:NEWSポストセブン】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について