【フライデー続報】俳優生命の断崖絶壁に追い込まれた成宮寛貴…違法薬物使用疑惑を否定、尿鑑定で「陰性」身の潔白主張も…

成宮寛貴

黒のブルゾンにアルファベットがちりばめられた派手なハーフパンツ。

写真は11月下旬、都内にある自宅マンションから出てきた俳優・成宮寛貴(34)をとらえたものだ。

本誌は先週、成宮のコカイン吸引疑惑を報じた。
彼の友人を名乗るA氏からの告発を受けた本誌は、自宅ソファに腰かけ半透明のシートに広げられた白い粉に手を伸ばす成宮の姿を掲載した。

この記事が出た直後、成宮は、「事実無根の記事に対して、非常に憤りを感じます。私、成宮寛貴は、薬物を使用したことは一切ございません」と、コメントを発表。

彼の所属事務所も「民事・刑事問わずあらゆる法的措置をとる」と表明した。

ところが発表から5日経った12月7日現在、事務所は具体的なアクションを起こしていない。

本誌は写真の他にも、成宮がA氏に対してコカインを要求したという生々しい肉声データを入手している。今回は、その一部を紹介する。

まずは先週号で指摘した11月9日。

成宮とA氏は前日11月8日の夜9時ごろから、六本木にあるレストランの個室で食事をしていたという。

店に入ってしばらくすると成宮が「あってもいいんじゃない?」と言い出し、いつものようにA氏にコカインを買いに行くことを要求したというのだ。

“パシリ”をやらされたA氏は店の外に出て、路上にたむろする外国人の売人からコカインを購入。

成宮はパケ(小分けされた袋)を受け取ると、パケの中のものをスマホの上に広げたという。

「ヒロキはクレジットカードを使ってコカイン(の粗い粒)を砕き、1本の線になるようにラインを引き始めた。

それから千円札を巻いて作ったストローで、コカインを鼻から吸いだしました。とても慣れた手つきだった」(A氏)

この日、二人は日付が変わるころまでレストランで過ごした。
そして一旦別れた数時間後、成宮の自宅マンションで再び合流することになったという。

以下は、二人が合流する前に電話で交わしたやり取りだ。

A氏「ヒロキ、今日のどうだった?」

成宮「良かったよ~。美味しかったぁ、美味しかったぁ」

A氏「どうする?もう1個、欲しい?」

成宮「チャーリー?そうね……とりあえず……持ってきて」

A氏「なんでみんな『チャーリー』って言うの?」

成宮「ハハハ(笑)みんあそういうふうに言うね」

「チャーリー」とは、コカインの頭文字「C」から生まれた隠語のこと。
使用者の間では、売買の際に直接的な表現を避けるために使われている。

そして成宮は5日後の14日も、A氏にコカインを要求したという。
午前1時40分ごろ、西麻布のクラブで遊んでいたという成宮がA氏に電話をかけたやり取りが肉声データとして残っている。

A氏「なにが欲しいの?」

成宮「チャーリー」

A氏「…。1個?」

成宮「2個、2個、2個。えっと…1万4000円?」

A氏「ちゃんと立て替えてくれる?」

成宮「もちろん、もちろん。いま欲しいの。いまから、Can you come to…西麻布?」

A氏「うん…」

A氏は告発に至った経緯について、こう語る。
「ヒロキは有名人だから身元がわかるのが怖いという理由で、絶対に自分でコカインを買わない。

いつも『売人から買ってきてよ』と人に買いに行かせるんです。なんで僕がこんなことをしないといけないのか…。これ以上、危ない橋は渡れないと思った」

【引用元:フライデー】

■俳優生命の断崖絶壁に追い込まれた成宮寛貴

先週発売号で俳優の成宮寛貴の違法薬物使用疑惑を報じた「フライデー」(講談社)が、発売中の今週号でも続報を報じている。

先週号の報道を受け、成宮の所属事務所はマスコミ各社に対して「事実無根」と主張。

発行元の講談社に対して法的措置を取る方向であることを表明していた。

今週号では、成宮が薬物の購入を依頼していたという男性の友人が成宮との電話を録音した肉声データを公開。

男性は先週号に掲載された、成宮がコカインを使用していると思われる写真を提供。

その理由として「薬を買いに行かされるので縁を切りたかった」としている。

肉声データは11月の2回に渡る電話を録音。
男性が「どうする、もう1個欲しい?」と聞くと、成宮は「チャーリー?そうね…とりあえず持ってきて」。

別の日には「なにが欲しいの」と聞くと「チャーリー」と、コカイン使用者の間では隠語として使われている単語を出して購入を依頼していたというのだ。

この記事を受け、各スポーツ紙に対し成宮の所属事務所は薬物検査のため成宮の尿鑑定を行った結果、「12月7日付で陰性の結果を得ました」と説明し重ねて薬物使用を否定。

しかし、同誌では成宮の事務所スタッフが編集部の動きを探るような電話をかけてきたことも報じている。

「陰性が出たのなら、その書面を提示するなどしなければまったく信用性がない。

事務所サイドは成宮が“シロ”という決定的な証拠が出せない状況に追い込まれてしまっているため、訴えて裁判をすれば不利になるだけ。

成宮は1月クールのドラマに出演が決まっていたが、降板させられることが濃厚。このまま俳優業を続けるのは難しいだろう」(芸能記者)

来週号の同誌がどんな続報を出すかが注目される。

【引用元:リアルライブ】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について