【訃報】流行語「こじらせ女子」生みの親・雨宮まみが死去/「死にたくなる夜のこと」という詩をブログで発表していた

【訃報】流行語「こじらせ女子」生みの親・雨宮まみが死去/「死にたくなる夜のこと」という詩をブログで発表していた

流行語「こじらせ女子」を生み出したライターの雨宮まみさん(40)が11月15日に亡くなった。
BuzzFeed Newsの取材に出版関係者が明らかにした。

雨宮さんが連載していた大和書房によると15日朝、自宅で床に倒れているところを警察に発見された。

同社は「事故」で亡くなった、としている。葬儀は親族のみで執り行われ、一般向けのお別れ会は予定されていない。

雨宮さんのツイッターは11月14日で更新が途切れている。

【BuzzFeed Japan / 嘉島唯、石戸諭】

関係者によると、11月16日に死去の連絡があり、17日に近親者のみのお別れ会が開かれる。
雨宮さんのツイッターは11月14日で更新が途切れている。

代表作に「女子をこじらせて」「自信のない部屋へようこそ」、社会学者・岸政彦さんとの対談「愛と欲望の雑談」などがある。

雨宮さんのエッセイの魅力は、どんな時も「なんとなく押し付けられる正しさ」を振り払ってくれるところにある。

現在連載している「40歳が来る!」は、桐野夏生『ダーク』から引用した「40歳になったら、死のうと思っていた。」から始まる。

——————————
「ババア」と呼ばれると、怒りとか失望とかよりも先に「ああ、こういう『女の年齢』ってものに、いつまでつきあわされるんだろう?」という気持ちがわいてくる。

若さや美しさに嫉妬? そんなこと、まともにしていたら、40歳まで生き延びることはできなかった。自分より若くて美しい人間は死ぬほどいる。

さらに自分より才能もずっとあって、お金もずっとあって、成功している人だっている。

そういう人たちの前で、「自分は自分です」と存在するために、卑屈にならずに快適な友達付き合いができるように、どれだけ気持ちをしっかり持ってきたことか。

いつまでも若い人でいたいわけじゃない。もうババアですからと自虐をしたいわけじゃない。私は私でいたいだけ。

私は、私のままで、どうしたら私の「40歳」になれるのだろうか。そしてどんな「40歳」が、私の理想の姿なのだろうか。

自身のブログでもまったく飾らず、率直に寂しさを表現していた。
今年の6月に更新された「死にたくなる夜のこと」には、自身の死生観についても綴っている。

——————————
死んでもなにも起こらない。

あとに残された人がいろいろ面倒だろうから、申し訳ないだけで。

それでも、この苦しさがあとどれだけ続くのかと思うと、耐えられなくなって、ベランダからじっと地面を見つめるときがある。
——————————

それでも、最後には「明日が、強烈な一日であるように」と締めくくる。

独身で生き、寂しさと優しさを正面から描いた、雨宮さんの文章に元気づけられた女性は多いだろう。

「あわせなければいけない」という無言の圧力、こうあれねばならないと押し付けられる「正しさ」から守ってくれる言葉だった。

先述の連載では、11月1日に「40歳で人生が始まる」というタイトルの記事を書いていた。

——————————
40歳は、80歳まで生きると仮定したら、ちょうど折り返し地点になる。生きていることは、当たり前じゃない。

だから私たちは何度でも誰かと約束を交わし、相手と生きて再び会えることを祈る。

【引用元:BuzzFeed Japan】

■急死の雨宮まみさん、「死にたくなる夜のこと」という詩を発表していた

「こじらせ女子」が2013年の新語・流行語大賞にノミネートされた作家の雨宮まみさんが、15日に死去していたことが17日、分かった。40歳だった。大和書房が公式サイトで発表した。

雨宮さんは6月、自身のブログで「死にたくなる夜のこと」との題名の詩を掲載し、死生観を明かしていた。以下はその抜粋。

「死にたくなる夜のこと」

死にたくなる夜というのが、やってくる。
たいていはそのたびに、薬を飲んで、寝ようとして、

眠れなかったり、でもほかのことでは気を散らすことができなかったり、

朝日がのぼるまでの時間を、苦しいまま過ごすことになる。

「死んでもいいですか?」と、誰かに訊きたくなる。

否定してほしいわけじゃない。死んじゃダメだと言われたいわけじゃない。心配なんか、かけたくない。
でも、その言葉は甘えだと、よくわかっている。

死んでもなにも起こらない。
あとに残された人がいろいろ面倒だろうから、申し訳ないだけで。
それでも、この苦しさがあとどれだけ続くのかと思うと、耐えられなくなって、
ベランダからじっと地面を見つめるときがある。

冷たい手すりを握って、いつでもこの苦しみと決別しようと思えばできるのだ、と心に言い聞かせる。

死んだら、みんな、「わたしたちと一緒にいる時間は楽しくなかったの?」と思うだろう。
「笑っていたけど、あれは嘘だったの?」「苦しんでいることに気づいてあげられなかったの?」

そんなことない。全部本当で、楽しくて、愛されていることも知っていて、ただ、わたしにはわたしの、どうしようもない傷がある、というだけのことなんだ。

時間が経てば、こんな傷、何も感じなくなるときが来る。
経験でわかっていても、人の心は、なぜこんなふうに揺れるようにできているんだろう。

「この先の景色を見たい」という気持ちが、わたしにはない。

いつも、ずっと、一度もない。
「この人と一緒の時間を過ごすには、残りの人生は短すぎる」と思ったことは、一度だけある。

誰かと出会ったり、ものすごい才能を見たり、ひどいものに触れたり、そういうことがあるたびにまた、あの冷たい手すりを握りしめて、「もうここまででいい」と思うんだろう。

いつも、手すりから引き返した日常を生きている。普通に笑って、話して、食べて、仕事をして。

そうじゃない日常が、どこかにあるんじゃないか。
手すりを引き返すなら、もっと、思い切り、もっと、何か、強烈な何かが欲しい。
たまらなくそう思うときがある。

感情が、すこし、過多なのだろう。

明日が、強烈な一日であるように。
「これでいいんだ」と思えるような決断ができるように。
引き返した先のほうが、ずっといいんだと実感できるように。

夜が過ぎるのを待つ。

【引用元:スポーツ報知】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について