アイドルすぎる35歳の元日テレ女子アナ脊山麻理子、お次はセーラー服と競泳水着に挑戦!

脊山麻理子

元日本テレビアナウンサーの脊山麻理子(35)が、8月21日に2作目のDVD『永遠の青春白書・35夏』(イーネット・フロンティア)をリリースする。

すでに一部先行カットが公開されており、みずみずしいショットの数々が話題となっている。

タイトルにある通り同作のテーマは青春。
高校在学中にアメリカへ留学した脊山は青春時代にやり残したことがあるとのことで、憧れのシチュエーションを積極的に盛り込んだという。
そのひとつがセーラー服でプールサイドを掃除するというもの。

紺色のスカートをなびかせてデッキブラシを手にした姿は、まるで青春映画のワンシーンのようで爽やかな雰囲気にあふれた1枚となっている。

それ以外にも脊山は競泳水着に挑戦するなど、まさに青春を思い起こさせるシーンが満載。

脊山麻理子が競泳水着

脊山麻理子がセーラー服姿

もちろん、大人の色気を漂わせるセクシーなランジェリー姿などもあり、初々しさと色っぽさを兼ね備えた内容に仕上がっているようだ。

これを目にしたファンからは、「発売が待ち遠しい」「ここにきてセーラー服姿が見られるとはありがたい」「ぜんぜん劣化しないのが不思議」と期待の声が寄せられている。

しかし、その一方で「なぜ今さら青春なのか…」といった意見も。
中には「痛々しい」などと厳しいコメントも見られ、脊山が演じたキラキラとした青春の1ページに違和感を抱いた人も多いようだ。

昨年6月に発売されたファーストDVD『34~永遠の天然少女~』(イーネット・フロンティア)は、オリコン週間DVDランキングのアイドル・イメージ部門で1位を獲得するなどで大きな話題になった。

しかし最新作は別の意味でも注目を集めることになりそうだ。
だが、たとえネガティブな意見でも今の脊山にとっては歓迎すべきことなのかもしれない。

昨年“アイドルすぎる34歳”として脚光を浴びて多数のバラエティに出演した脊山だが、現在ではほとんどテレビで見かけなくなっている。
その原因は、やはりバラエティで結果を残せなかったことだろう。

たとえば昨夏放送の人気バラエティ『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)の生放送SPでは、ゲストが自身の暴露合戦を繰り広げたが、脊山は日テレ時代に先輩アナウンサーからしごかれたという普通のエピソードを披露した。

当時ADと交際していたことを明かしたものの相手は日本テレビの社員でもあり、暴露と呼べるほどのものではなかった。

自分のことを少しでも良く見せようという態度を崩さない脊山に向かって、有吉弘行(41)は「こんなクソ!ダメだよ」とキツいひと言を浴びせたのだった。

また、昨年の暮れの『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)では、“悩める女子”にアンジャッシュの渡部建(42)がダメ出しをする人気企画に登場。

しかし脊山はテーマそのものを理解していなかったかの、自宅や両親所有の別荘などをVTRで紹介して渡部にダメ出しされると、「普通に見せてくれって言うから見せただけで、文句言われる筋合いはまったくない!」と激怒してスタジオを凍りつかせた。

渡部の鋭いひと言を今後の芸能活動の糧にしようという企画にもかかわらず、なぜか怒り出した脊山にはMCのフットボールアワー・後藤輝基(41)も呆れ気味。

何とか番組は成立したものの、後藤はこの件で脊山のことを共演NGにしたという報道もあるほどだ。

「脊山さんは芸人さんからの評判があまり良くない。というのも本番でのツッコミやイジりに対して、収録が終わった後もネチネチと文句を言ってくるそうなんです。

そういうことがたびたびあり、もう脊山さんには話を振らないと決めている芸人もいると聞きます」(芸能ライター)

バラエティではなかなか個性を発揮できないでいる脊山。
それでも最新DVDが再び話題となればバラエティに出演する機会もめぐってくるだろう。

この1年間でタレントとして成長したところを見せてほしいものだが…。

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について