ガッキー×星野源「逃げ恥」日本シリーズの熱戦にも負けず! 右肩上がりで同枠ドラマ歴代最高視聴率を更新

逃げるは恥だが役に立つ(逃げ恥)

昨夜放送された、新垣結衣主演ドラマ「逃げるが恥だが役に立つ」(以下、「逃げ恥」)の第三話の平均視聴率が12.5%を獲得し、TBS火曜ドラマ枠の歴代最高視聴率を2週連続で更新したことが分かった。

初回の第1話は、TBS火曜ドラマ枠で過去最高の初回視聴率の10.2%を獲得。先週の第2話は、12.1%とTBS火曜ドラマ枠歴代最高記録を打ち立てていた。そして、昨日の第3話視聴率は、12.5%を獲得。

初回から右肩上がりとなり、第2話で「逃げ恥」が打ち立てたTBS火曜ドラマ枠歴代最高を更新する形となった。

昨日は、テレビ朝日で放送された「2016プロ野球日本シリーズ 日本ハム×広島・第3戦」が熱戦を繰り広げ、延長までもつれ込む展開に、視聴率も17.5%と高視聴率を獲得していた。

中継放送も延長され、試合が終了したのは22時30分頃。
22時から放送の「逃げ恥」の時間と重なっていたにもかかわらず、2週連続TBS火曜ドラマ枠の歴代最高視聴率更新は、「逃げ恥フィーバー」が世に浸透してきたことを示す結果となった。

「逃げ恥」は今までに、第1話放送日に公式HPの閲覧数が1日で100万ページビュー超え、無料見逃し配信の合計再生回数が史上初のミリオンを達成、YouTubeで期間限定公開された、ドラマのエンディングで主題歌「恋」に合わせて豪華キャストが踊る「恋ダンス」フルバージョンの再生回数が500万回超えなど、次々と記録を打ち立てている。

さらに、リアルタイムで視聴しなくては解答できない「逃げ恥クイズ」や、作中に登場する料理を紹介する「クックパッド」とのコラボ、「情熱大陸」や「NEWS23」、「サザエさん」などをパロディした演出など、視聴者を楽しませる内容も満載となっており、ネット上での評判も高い。

来週放送される注目の第4話は、みくり(新垣結衣)と津崎(星野源)の“契約結婚”が、とうとう津崎の後輩の風見(大谷亮平)にバレてしまうところからスタートする。

みくりは、二人の関係が理想的だという風見の家でも働くことを決意し、津崎と風見がみくりを“シェア“するというまさかの展開に、さらに注目が集まり視聴率を伸ばしそうだ。

みくりと津崎にすれ違いが生じてしまう第4話。
一体、“雇用主“と“従業員“の関係はどうなってしまうのか?「逃げ恥フィーバー」はこの先も勢いが止まることはなさそうだ。

■「逃げるは恥だが役に立つ」“契約結婚”のはずの2人の仲に「ニヤニヤ止まらない」も、衝撃のラストに「三角関係!?」

昨夜、第3話が放送されたドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」。

第3話では、自分の布団に残ったみくり(新垣結衣)の匂いに惑わされ、“プロの独身”のポリシーが保てなくなることを恐れた津崎(星野源)は、急にみくりに対して心を閉ざしはじめる。

みくりにはその理由も分からないままぎこちない生活をおくるが、ある日、偶然街中で風見と遭遇したみくりは、ただのイケメンではない風見の意外な面に好感を抱き、何の悪気も無く津崎の前でも風見の話題をよく出すようになって、津崎は…という展開を見せた。

この日、注目されたのはみくりと津崎2人の関係の変化。ただの“契約結婚”の間柄のはずが、津崎がみくりに対して恋愛感情を抱き始めている?と思われるような描写がいくつも見られた。

しかし、その様子があまりに“淡い”ものであるため、視聴者からはTwitterで「星野源さんこのドラマ見るまで普通のお兄ちゃんの印象だったのにだんだん可愛く見えて来て新垣結衣さんも本当可愛くて終始ニヤニヤ」「かわいすぎかよ、、、、ニヤニヤが止まらんかった。」「ニヤニヤ止まらないというかなんというかやばい」「がっきーも星野源も可愛い」という声が飛び交っていた。

また、劇中でみくりのある言葉に対して津崎が叫んだ「浸透力ハンパなーーーーい!」という台詞は視聴者の心をがっちりつかんだようで、「浸透力がハンパないのでもう一回見たい」「星野源の笑顔の心への浸透力半端なーーーーーい!!!!って叫びたい…」「浸透力ー!は笑ったww」「私の心に浸透力半端ないーーーーー」と話題になり、一時Twitterのトレンドに「浸透力半端」というキーワードがランクインしたほどだった。

そして、そんな物語のラストでは、ある衝撃の展開が待ち受けており、この展開には「なんだシェアって津崎しっかりしろ」「みくりさんをわたしもシェアしたい」「イケメンふたりにシェアされるとかwww」「面白くて来週がすごい気になる!!三角関係!?」「三角関係とか楽しみすぎて今から寝不足」「三角関係すらかわいい」という感想が寄せられていた。

【引用元:E-TALENTBANK】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について