キムタクの月9ドラマ『HERO』が今年7月に放送決定!!新メンバーとして北川景子、濱田岳、吉田羊なども出演!!

HERO 木村拓哉

「SMAP」の木村拓哉(41)が主演し、01年に最高36・8%、平均34・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録したフジテレビ系連続ドラマ「HERO」が同局7月期の月曜午後9時枠に復活することが25日、明らかになった。

木村演じる型破りな検事・久利生(くりゅう)公平が事件の真相に迫っていく群像劇。

久利生とコンビを組む事務官・麻木千佳を女優の北川景子(27)が演じるなど一部キャストもリニューアルし、新生「HERO」がスタートする。

さまざまな名作ドラマに主演してきた木村にとっても、最大の「当たり役」ともいえる風変わりな検事・久利生公平が13年ぶりに「月9」に帰ってくる。

01年1月期に放送された「HERO」は初回の33・4%から視聴率を一度も20%台に落とすことなく推移し、全11回平均34・3%を記録した大ヒットドラマ。

東京地検城西支部を舞台に、久利生と事務官・雨宮(松たか子)のコンビに加え、個性豊かな検察官たちのやりとりが人気となり、06年にはスペシャルドラマ化、07年には映画化された。

7年ぶりの復活に、木村は「お久しぶりです。2014年、再び城西支部に帰ってきました。よろしくお願いいたします」とコメント。

今月20日から撮影はスタートしており、通販オタクで徹底した現場主義を誇る久利生検事に身も心も染まっている。

城西支部のメンバーもリニューアル。

久利生とコンビを組む事務官には、新たに北川が起用された。

木村との共演は10年のフジ系「月の恋人~Moon Lovers」以来4年ぶり。

「木村さんのカメラ目線を見ると『わ、HEROだ!』と思ってしまいます」と興奮しつつも「今回から参加した人がプラスαの部分を担わなければいけないと思いますので、新しい風を吹かせられたら」と意欲をみせた。

城西支部のほかの検事役には杉本哲太(48)、濱田岳(25)、松重豊(51)、吉田羊(よう、年齢非公表)ら実力派俳優がそろう。

事務官コンビの小日向文世(60)と八嶋智人(43)は続投し、11年に死去した児玉清さん(享年77歳)が前作まで演じていた次席検事の役職には、これまで検事部長だった角野卓造(65)が昇格する。

オリジナルのキャストと新レギュラーの融合で、再び「HERO」がスタートを切る。

【引用元:スポーツ報知】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について