ゲス川谷絵音の新恋人・ほのかりんが「未成年飲酒疑惑」で芸能生命大ピンチ!? 番組出演もピンチで、「未成年飲酒スキャンダル」先輩の二の舞か

ほのかりん 2016

 ベッキーとの不倫騒動を起こした「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(27)とあらたな恋人とされるほのかりん(19)とが、梨狩りと温泉旅行に向かった模様が今週発売の「週刊文春」(文藝春秋)に掲載された。

 ベッキーとの不倫は褒められたものではないものの、現在川谷は夫人とも離婚が成立し、独身。新たな恋を楽しんでもなにも問題ないはずなのだが、実は、ほのかに「未成年飲酒疑惑」が浮上しており、波紋を呼んでいる。

「ほのかと川谷が週刊誌に撮られたのは今回がはじめてでなく、以前『週刊女性』(主婦と生活社)で撮られている。その時は女性はほのかと判明していなかったが、ダーツバーでふたりが飲酒していたと書かれていた。そのため、ほのかに未成年飲酒疑惑が浮上しているんです。現在、ほのかはNHKの番組に出演していますが、降板しなければならない事態にまで発展するかも」(芸能ライター)

 ネット上では川谷との交際や飲酒疑惑を問いかけるものが多数いたためか、すでにほのかは自身のTwitterを削除するなどの対応に入っているようだ。

今回の件は、あくまで疑惑にすぎないが、芸能界での未成年の飲酒は根深く問題となっており、過去にも輝かしい未来が約束されていたであろう多くの少年少女が、芸能界から追われるまでの騒動に発展したこともある。

 SKE48のエースでありAKB48で活躍する松井珠理奈は、”深夜バー入り浸り”を週刊誌に報じられた。「17歳の遊び方じゃない」と批判を浴び、清純イメージが失墜した。また、乃木坂46の大和里菜は、バーに出入りしていたため飲酒疑惑が取り沙汰され、契約解除に追い込まれている。

 また『あまちゃん』(NHK)に出演していた橋本愛に飲酒疑惑が浮上したこともある。追っていた週刊誌が、みんなでカクテルを飲んだとの証言を掲載したためだ。所属事務所は否定したものの、ネットを中心に批判が噴出していた。

 さらに古くは1999年、ジャニーズJr.4人が、女子大生たちとのパーティ模様に加えて飲酒・喫煙写真が「フライデー」(講談社)に掲載された。この際は、全員が解雇された。また、ロックバンド「ONE OK ROCK」の森内貴寛は、元ジャニーズのNEWSとして知られているが、在籍当時に、飲酒・喫煙・女性とのベッドイン写真が『BUBKA』に掲載され、その後事務所を退社している。

発覚後、それぞれ対応が違うため、今後ほのかがどうなるのかは不明だ。だが20歳以上なければ飲酒や喫煙が許されていないのは当然。ましてや耳目を集め、一挙手一投足が注目される芸能人ともなれば、人一倍自制を心がけることが求められる。生き馬の目を抜くような芸能界では、どこで誰が蹴落とそうと待ち構えているのかわからないのだから……。

【引用元:ギャンブルジャーナル】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について