コカイン吸引疑惑完全否定の成宮寛貴、「FRIDAY」が暴いた“新たな疑惑”とは?

成宮寛貴

 コカイン吸引疑惑が週刊誌「FRIDAY」(講談社)で報じられ、完全否定している俳優の成宮寛貴だが、同誌の直撃取材を受けた際の成宮のファッションが新たな疑惑を招いている。

「“オネエ疑惑”ですね(笑)。ワークキャップを目深にかぶり、黒のコートに身を包んでフリンジが付いた明るいベージュのストールを首に掛けた姿は美川憲一やおすぎとピーコを彷彿させます。何よりもエルメスのバーキンの持ち手を手首に掛けた持ち方なんて、男性は普通やらないですよね。アレは完全に女性の仕草ですよ」(芸能記者)

 成宮は女優のかたせ梨乃に見初められて芸能界入りしたが、それ以前は新宿2丁目の売り専バーで働いていたことは有名。本人もゲイバーで働いていたこと自体は認めているが、弟を養うために働いていたのであって、自身がゲイであることは否定している。

「両親が幼少時に離婚し、生活を共にしていた母親は成宮が中学生の頃に亡くなっています。そのため、弟と祖母の3人暮らしの家計を助けようと高校進学を断念して引っ越しのアルバイトをしていたが、より稼ぎのいい2丁目のゲイバーで働くようになった、というのが定説になっています。以前、有名大学に進学した弟の学費を払い続けたことが、美談交じりで報じられたこともありました」(同)

 インタビューなどでは女好きをアピールする成宮だが、確かにこれまで木村カエラや前田敦子、菜々緒などと熱愛がささやかれたことがある。しかし、いずれも大した話題にもならずにウワサが立ち消えになっている。

「木村カエラとは一緒に写ったプリクラ画像が流出しましたが、そもそもこのプリクラ撮影は雑誌の企画によるものでした。また、前田敦子とは単に共演しただけ。菜々緒とはディズニーランドでデートしている画像が流出したとされていますが、この画像は彼女が自身のインスタグラムにアップしたもの。本当にデキていたら、そんな画像を公開なんてしないですよね。つまり、あれほどのイケメンなのに、不思議なほどオンナの影がない。それに2丁目時代は評判の美少年で、パトロンを何人も抱えていたとの説が根強いですし、撮影現場ではオネエ言葉でしゃべっているという情報もあります」(同)

 成宮としてはコカインとゲイ、2つの疑惑を晴らさなければならないということか。

【引用元:日刊サイゾー】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について