ジャニーズの名物広報“Cさん”こと白波瀬傑が年内引退のウワサ! 後継者は“現場評最悪”の要注意人物か!?

白波瀬傑

ジャニーズ事務所で長年、マスコミとの折衝役を担当してきた名物広報責任者が、ついに年内で“引退”することが、業界関係者の間で話題になっているという。

“Cさん”と呼ばれ、テレビや新聞、週刊誌関係者から慕われていたという同氏だが、その後継者に対する現場評が、最悪だという。

「後任はYさんという人物で、肩書は“広報部長”。ここ1~2年の間くらいに、いつの間にかジャニーズの広報担当は、SさんとYさんの2本柱になっていたようですが、今後はYさんがトップになる見込みです。

Yさんは現場レベルのスタッフとは、名刺交換どころか挨拶さえしない態度で、各メディアのジャニーズ担当記者らも、『顔を見たこともなければ会話をしたこともない』という有様です」(スポーツ紙記者)

今後、全マスコミの窓口は、このY氏に引き継がれることとなるわけだが、前任のS氏と比較すると、「デメリットばかりが目立ってしまう」(同)ようだ。

テレビ局関係者もため息をつく。
「Sさんは、良くも悪くも粘着質タイプ(笑)。例えば、ジャニーズタレントの熱愛スクープが出た際など、テレビ局に何度もしつこく『番組でどのように取り上げるのか』などと連絡をしてくる。

正直、うんざりしてしまうこともありますが、逆にこちら側の『こういったインタビューを撮りたい!』という無茶振りも、頭ごなしに否定せず、いったんは検討して調整してくれる人。

一方Y氏は、そもそも現場レベルとは折衝さえ行わず、プロデューサーを飛び越え、直接編成に指示を出してくるタイプ。現場からすれば、これほどやりづらいことはありませんね」

ジャニーズは近い将来、社長を現職のジャニー喜多川氏から、現副社長の藤島ジュリー景子氏に引き継ぐといわれるが、ジュリー氏も、このY氏と同じ“手法”で知られているという。

「現場スタッフからすれば、ジャニーズとケンカになってでも、どんどん企画提案をしたいというのが本心ですが、ジュリーさんもこちらには一切目もくれないタイプ。これまでの印象では、とてもジャニーズのトップを張れる人物とは思えませんね」(制作会社スタッフ)

あるキー局のプロデューサーは、Y氏の態度に相当おかんむりのようで、「Sさんとの関係があるから、本来なら行く必要のないイベントにも取材班を出していたものの、『Yさんに変わったら、今後Jr.しか登場しないような記者会見は無視する』とまで言っています」(前出・関係者)とか。

さらに、週刊誌デスクからも、S氏について「死ぬまで、とは言わないけれど、あと3年くらいは現職でいてほしかった」という声が。

世代交代は企業の宿命だが、カリスマ社長と敏腕広報の後任について、ここまで悲観的な声が相次ぐ状況だけに、来年以降のジャニーズ事務所の行く末が不安視される。

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について