スマスマ最終回は「まるで追悼番組」「葬式かよ」とヒンシュクかった演出…時代錯誤の“キムタクタブー”には一切触れず

スマスマ最終回は「まるで追悼番組」 「葬式かよ」とヒンシュクかった演出

長い歴史に幕を下ろした「SMAP×SMAP」(画像は番組公式サイトのスクリーンショット)

 「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)の最終回が放送された2016年12月26日夜、ツイッターのトレンドワードは一時、番組関連のワードで埋め尽くされた。

 その中に、1つ、毛色の違うワードがあった。――「追悼番組」。

事情を知らない人からは「誰かなくなったのかと思った」との声も上がったが、ほかでもない、スマスマ最終回に向けられた言葉だった。

最終回は約5時間にわたるワイド特番で、これまでの名シーンの数々を振り返る内容だった。

途中、視聴者から当日募ったファクスの紹介が何度かあったものの、本人たちの生出演シーンは、事前報道どおり一切なし。

番組終了や解散について語るVTRもなく、主役不在のまま進行していった。

 生前の活躍を過去映像で回顧したり、ファンのメッセージとともに故人を偲んだりするのは、追悼番組によくある「型」だ。

スマスマ最終回は、そうした意味で追悼番組とあまり変わらない、と受けた止めた人は少なくなかったようだ。

なかでもラストシーンで、その「追悼感」がより強く出ている、と思った人が続出した。

 番組終盤、CM明けの画面に映し出されたのは、

「スマスマ20年、そしてグループ活動28年、みなさまの気持ちに、深く感謝いたします。ありがとうございました」

というSMAPからのメッセージ。白地に黒い文字で浮き上がり、ゆっくりと消えていった。

その後、オルゴール音とともに、これまでを振り返る写真や映像が流れ、12月1日に収録した「世界に一つだけの花」の歌唱映像につながった。

 5人は黒のタキシードに蝶ネクタイ姿で登場。
白いステージには5色の花を敷きつめて作った「SMAP×SMAP」の大きなロゴが飾られ、歌唱中には、色とりどりの花が後ろ一面に広がる演出がなされた。

5人は歌い終わると深々と頭を下げ、白い幕が下りるまで礼を続けた。

一面に広がる花、オルゴール、黒いスーツ…

 感動的なシーンとも言えそうだが、一連の流れは、少なからぬファンの不評を買った。オルゴールや花の演出は「葬儀場」を想起させたらしく、ツイッター上には、

「なんでオルゴールなんだよ。葬式の演出かよ」
「SMAPを生花で囲み、葬式に流すかのようなオルゴールで過去の映像。生前葬みたいだったと思うのは私だけかな?」
「黒いスーツ、咲き誇る無数の花、無言の深いお辞儀……まるで追悼番組のような終わり方」

といった声がいくつもあがり、トレンドには「追悼番組」が入ってしまった。

 ちなみに、ファクスの紹介など進行役を務めたのは、1月18日の「生謝罪」時にファンからのメッセージを読み上げていた西山喜久恵アナウンサー。そんな西山アナのMCに対しても

「きくちゃんが追悼番組醸し出してる」
「きくちゃんのしゃべり方が葬式みたい」

といった声が少なくなかった。

【引用元:J-CASTニュース】

■『SMAP×SMAP』最終回が、まるで追悼番組! 時代錯誤の“キムタクタブー”には一切触れず

 26日放送の『SMAP×SMAP』最終回の平均視聴率は、第1部(18時30分~19時)が14.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、第2部(19時~22時)が17.4%、第3部(22時~23時18分)が23.1%。唯一の撮り下ろし映像である「世界に一つだけの花」の歌唱シーンでは、瞬間最高視聴率27.4%を記録。歌い終わった中居正広が、背を向けたまま涙を拭う瞬間だった。

「当初予定していたフィギュア全日本選手権『オールジャパンメダリスト・オン・アイス2016』を深夜に移してまで、5時間弱もの大枠を確保したフジですが、メンバーの生出演はなく、ほぼ総集編。西山喜久恵アナが時折登場し、おごそかにファンのファクスを読む姿や、ラストで無数の花に囲まれてSMAPが歌う様子は、まるで故人をしのぶ追悼番組か、生前葬のようでした」(テレビ誌記者)

 番組では、時系列でSMAPの歩みを振り返る中、2001年に稲垣吾郎が公務執行妨害と道路交通法違反で現行犯逮捕された事件や、09年に草なぎ剛が公然わいせつ容疑で現行犯逮捕された事柄(共に不起訴)にも触れ、当時のニュース映像や、謝罪会見の模様などを放送。SMAPの紆余曲折を演出した形だが、一方で、木村のタブーについては、最後まで触れられなかった。

「ジャニーズ事務所が揉み消した中居正広の堕胎騒動や、その他の細かいスキャンダルは触れられないとしても、木村拓哉の結婚について最後まで触れなかったのは、異様としか言いようがない。木村は00年に記者会見を開き、当時妊娠4カ月だった工藤静香との“デキ婚”を報告。本人は、自身のラジオ番組で、静香に指輪を渡したエピソードを語るなど隠す様子はなかったが、なぜかその後、結婚の事実に触れること自体が芸能界のタブーとなってしまった。ジャニーズ事務所は今や、少年隊の東山紀之や、V6の井ノ原快彦、TOKIO・国分太一など、“イクメン”アピールをしているタレントも増えている。木村の結婚がいつまでもタブー扱いなのは、時代錯誤に思えてなりません」(同)

また、時系列で辿った同番組の総集編は、14年7月放送の『FNS27時間テレビ』の映像で終了。“分裂・独立騒動”を発端に不仲などが騒がれた今年については、一切振り返らなかった。

「1月に『SMAP×SMAP』内で生放送された謝罪会見が、まるでなかったかのような総集編。メンバーが最後の挨拶をすることもなく、結局、ファンが望んでいたことは、ジャニーズ事務所の手でことごとく阻止されてしまった」(同)

 フジがジャニーズ事務所の言いなりであることばかりが、ひしひしと伝わってきた『SMAP×SMAP』最終回。あまりに悲しい幕引きに、ファンの心情を慮るばかりだ。

【引用元:日刊サイゾー】

■『SMAP×SMAP』、涙や謝罪にオルゴール……過剰な“感動演出”が残念に思えた理由

1 年前の『紅白』ではこの姿が並んでました

 1996年4月から放送されてきたSMAPの冠番組『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)が、12月26日の放送分でとうとう終了した。

 中居正広の「マー坊」「計算まこちゃん」や木村拓哉の「Pちゃん」「ホストマンブルース」「体感エレベーター」、稲垣吾郎の「ゴロクミちゃん」「CCB吾郎」、香取慎吾の「カツケンサンバ」「カニ蔵」、草なぎ剛の「ツヨシ十二楽坊」「コップのツヨ子」「竹の塚歌劇団」といった秀逸なキャラクターコントの数々や、「粘土の王国」「アイドルキックオフ」といった企画など、見たいものは数えきれないほどあった。

 約5時間の最終回では、どこまで見せてくれるのか、期待が高まったが……。

フタを開けてみると、なんとも「コレじゃない」感の強い内容である。もちろん昔の懐かしい映像やラストステージなど、グッとくる場面はあった。SMAPメンバーたちの生の声が聞けなかったことは非常に残念だが、それを抜きにしても、もっとほかのやり方がいくらでもあったのではないかと思う。

 『SMAP×SMAP』の最終回なのに、番組から離れ、SMAPのヒストリーを時系列で並べるために、稲垣吾郎逮捕、草なぎ剛逮捕といったニュース映像や謝罪シーンまで盛り込まれる。これ、必要だろうか?

 そして、見たかったコントの数々は、やっぱり時系列で振り返る中に、さわり程度で映像が挟みこまれるのみで、「ストーリー」を盛り上げるかのような意図的なBGMがずっと流れている。もっと純粋にコントをたっぷり楽しみたかったのに。

 また、「ビストロSMAP」だって、コーナーを独立させ、『笑っていいとも!』(同)総集編のようなスタイルで、一気見せなどできなかったものだろうか。香取の「おいしい~♪」扮装〇連発など、一気に流したら見ごたえがかなりあるはずだ。

 肩の大きなブカブカのスーツ姿でキレキレに踊る派手派手でカッコいい姿も、テレを完全に捨てた全力コントも、もっとシンプルに純粋に見たかった。そこには感動的だったり、哀愁を感じさせたりするBGMなんて不要だと思うのだ。

 第一、約5時間の中に、「涙」や「謝罪」などの占める割合が多すぎたのではないか。視聴者からは「スマスマスタッフさんの愛を感じる」「スマスマ、泣けた」という声ももちろん多数上がっている。

 でも、いつでもカッコよくて面白くてワクワクさせてくれたSMAPのヒストリーには「涙」なんて似合わない。延々とBGMに「BEST FRIEND」が繰り返され、しまいにはそのオルゴール版が流されたときには、なんだか残念な思いでならなかった。

 そして、ラストステージでは、真っ白なバックで無数の花に囲まれて「世界に一つだけの花」を歌った5人。幕が降りていく中、いつまでも横並びで頭を下げ続ける5人。

 さらに、エンドロールが流れるときには、メンバー5人がスタッフ一人ひとりと記念撮影を行うシーンが流れた。なんだこれ?

 言い方は悪いが、スタッフの中には、到底SMAPと長年苦楽を共にしてきたようには見えない、かなり若く、関係の浅そうな者も多数いるように見えた。そんな状況でも「スタッフ一人ひとりとの記念撮影会」に応じなければいけなかったメンバーたち。なかでも最初から最後まで白い歯を見せて笑顔を絶やさなかった中居は、本当に気の毒に見えた。こんなときまで、フジテレビお得意の「内輪ウケ」を盛り込むのだろうか。

 長年多数の視聴者たちを楽しませてくれた『SMAP×SMAP』。でも、見たかったのはこんな最終回じゃない。

 本当にこれで最後なのだろうか。どうか寂しげなBGMなどつけず、純粋に過去映像をひたすら流す「コント傑作選」「ビストロSMAP傑作選」などを放送してくれないものだろうか。

【引用元:サイゾーウーマン】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について