タモリとの絆は裏切れない? SMAPの”紅白逆転出場”が濃厚に/視聴者は複雑?SMAP最後の晴れ舞台が「嵐との世代交代」の場に

解散目前のSMAPが最後の『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)で19日、芸能界の恩人と慕うタモリ(71)と共演を果たした。両者は同番組の名物コーナー「ビストロSMAP」に出演し、思い出話などトークに花を咲かせていた。そんなタモリの呼びかけによって、SMAPの紅白出場が濃厚になってきたという。

「タモリは『笑っていいとも!』(フジテレビ系)で中居正広(44)や草なぎ剛(42)、香取慎吾(39)と共演して以来、深く交流を続けてきた。そんなタモリの存在がきっかけで、SMAPが紅白に逆転出場するという情報がかけ巡っています」(スポーツ紙記者)

 NHKは当初、タモリを『紅白』の司会にすることでSMAPを引きずり出そうとしたものの、それは叶わなかった。しかし、粘り強い交渉が続けられ、今月7日、タモリは紅白にゲスト出演することが発表され、NHKが”SMAPの出場”を諦めていないことが明らかになった。そんな中で『女性自身』は11月29日発売号で「NHK紅白 奇跡実現へ!SMAP“出演枠”のため15分確保」と伝え、『週刊女性』は12月19日発売号で「SMAP『100%ない』と言われてきたNHK紅白に一転、出場へ」と相次いで報じて波紋が広がっている。

「タモリが紅白の司会を断ったのは予想通リでしたが、特別ゲストを引き受けたことで状況が一変しました。タモリとの再会を機に、SMAPメンバーの心境にも変化が生じ、『NHK紅白歌合戦』出場の可能性が再浮上している。実際に業界内でも、”タモリとの絆”に期待を寄せる声が戻ってきています」(スポーツ紙記者)

『SMAP×SMAP』でメンバー5人がタモリと言葉を交わしたことで、各々の心情に変化が起きていてもおかしくはない。さらに、ジャニーズ事務所サイドの態度も軟化しつつあるという。

「ジャニーズも当初はSMAPの『紅白』出場に拒否反応を示していたのですが、現在は『本人たちが望むなら、出場してもいい』との意向を周囲に漏らしている。残る問題は、香取をはじめとする解散派のメンバーが抱いている“晒し者になりたくない”といった意識。そのため、生の舞台は避けて、15分枠の特別中継という案も出ています」(テレビ局関係者)

 SMAPは最後の舞台に紅白を選ぶのか。かつては絶望視されていたファンへの最高のプレゼントだが、大みそかまでに刻々と状況は変化しているようだ。

視聴者は複雑?SMAP最後の晴れ舞台が「嵐との世代交代」の場に

 嵐が大みそかのNHK『紅白歌合戦』の大トリ最有力として各メディアで取りざたされている。今年はメンバーの相葉雅紀(33)が単独で白組司会を務めることが決定しており、番組のフィナーレを5人で締めくくることで新たな「紅白の顔」となるようだ。

 同番組で5度の大トリを務めた先輩グループ・SMAPの「後継者」とも報じられているが、その一方で絶望的と思われていたSMAPの「ラスト生出演」が実現する可能性が急浮上。SMAPとしてはジャニーズ事務所の「世代交代」アピールに利用される感があり、さらに屈辱の生謝罪を超える「晒し者」になる危険性もあるだけに複雑な思いを抱くファンが続出している。

■SMAP最後のステージが「世代交代アピール」の場に?

 嵐は過去は5人全員で5年連続の白組司会を担当。5度目の白組司会となった2014年に白組のトリを飾っているが、大トリ起用が実現すれば初めてとなる。ジャニーズ事務所の大黒柱として大車輪の活躍を見せている嵐は人気・実力ともに十分であり、相葉の単独司会ということで局への貢献度も申し分ない。

 だが、一方で今年いっぱいで解散するSMAPとの兼ね合いが微妙な状況になっている。NHKは局をあげてSMAP出場を目指し、一度は「メンバー間の意思疎通がとれない」という理由で頓挫した。しかし、発売中の『週刊女性』(主婦と生活社)が「SMAP『100%ない』と言われてきたNHK紅白に一転、出場へ」と報道。同誌によると、解散撤回を願うファンの37万人分の署名が集まったことなどで「SMAPはファンがあってのSMAP。最後はファンに向けて、ちゃんとお別れを言おう」とメンバーの意見が一致し、急転直下の出演決定となりそうだという。

 さらに12月19日に放送された『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)の「ビストロスマップ」に最後の客として出演したタモリ(71)が、頑なにオファーを断っていた『紅白』に特別ゲストとして出演することが決定。SMAPの5人と親交の深いタモリの出演が「奇跡の生出演」の実現に大きく影響するようだ。

 だが、今年の『紅白』の主役は明らかに嵐。華々しい「紅白の顔」になった嵐の脇で、SMAPが生出演を最後に解散していく様子は「世代交代」を象徴するシーンになりそうだ。だが、それは事務所サイドとNHKの思惑が重なった結果だという。

「嵐はジャニーズ事務所の次期社長と目される藤島ジュリー景子副社長(50)の超お気に入り。事務所の大黒柱にとどまらず、SMAPに代わる『紅白の顔』、さらに2020年の東京オリンピック・パラリンピック開会式への出演で『日本の顔』となることも視野に入れている。その大きな一歩としてSMAPとの世代交代を大々的にアピールしたがっていた。また、NHK上層部は安定した視聴率を稼ぐためにジャニーズ事務所の力が不可欠と考えており、事務所の意向に従って嵐を猛プッシュ。一方で『解散するSMAPのラストステージ』の放送も局として非常においしく、それを両立させるプランは渡りに船といわけです。結果、もしSMAP出演が実現しても世代交代アピールを後押しするような演出になってしまいそうな気配です」(芸能関係者)

一部報道では、相葉を皮切りに2020年まで嵐のメンバーが順番に白組司会を務めることが内定しているという「密約」が交わされたとも伝えられた。もはやネット上では「癒着」という声すら挙がっている状況だが、NHKの「ジャニーズ信仰」は根強く、切っても切れない関係となっていきそうだ。

 ジャニーズ事務所は『紅白』後も嵐を猛プッシュ。来年1月1日の『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)のスペシャルでは、同じくジュリー氏のお気に入りであるTOKIOと嵐が共演。同日夜には嵐の櫻井翔(34)が出演する『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)のスペシャルもある。

 さらに同3日は嵐がフジテレビをジャック。同日16時15分~18時まで恒例の新春特番『嵐ツボ』、18時~21時まで『VS嵐2017賀正 新春豪華3時間SP』、21時~23時30分まで櫻井主演の新春大型ドラマ『君に捧げるエンブレム』と、7時間以上にわたって「嵐だらけ」となる。

 まさにジャニーズの顔、ひいては芸能界の顔となりそうな勢いだが、これに不安の声も挙がっている。

「SMAPの穴を埋めるために事務所が嵐を猛プッシュするのは当然でしょうが、解散騒動のイメージが悪すぎるので『後継者』に指名された嵐の印象まで悪化している。それが影響しているのか、嵐のバラエティ番組は軒並み低視聴率。本来ならゆっくりとSMAPのような国民的グループに成長していくはずが、事務所の強すぎるゴリ押しによって無理が生じてきている。ジュリー氏の経営能力やプロデュース力を疑問視する声も多数あり、東京オリンピックで嵐が『日本の顔』になるどころか、数年内にジャニーズ事務所の凋落を招きかねないと業界内で危惧されています」(前出・芸能関係者)

 いずれにしても、ジャニーズ事務所の「世代交代」は決定事項。それが「SMAPのラストステージ」で行われてしまうのか、ファンは複雑な気持ちで見守ることになりそうだ。

【引用元:デイリーニュースオンライン】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について