ダウンタウン松本人志に命を救われた若井おさむ&甲本ヒロト…どん底状態に光

甲本ヒロト

ダウンタウン・松本人志が与える影響は、想像を超えるものがある。彼にあこがれて芸人になった者は多いが、その作品が自殺阻止につながった例もある。“ガンダム芸人”で世に出た若井おさむが、そうだ。

 若井は幼少期、母と兄から虐待を受けており、自殺願望が芽生えた。1日も早い自立を求めて、20代前半で居酒屋を経営した。名義は、唯一の拠り所だった父にした。ところが、味方であった父が他界すると、名義が兄たちに強奪され、若井はすべてを失った。

 人生に絶望したため、全貯金を使って東南アジアへ出発。死ぬことが頭をよぎっていたころ、偶然、日本人観光客に出会った。その人たちから、若井が大好きな松本が、日本でドラマに出演していることを知らされた。笑いにストイックな松本が、芸人以外の仕事をするはずがないと耳を疑ったが、その真実を確認するために一時帰国。

 連ドラ『伝説の教師』(日本テレビ系)を観た。作中の台詞である「人間は笑うために生まれてきたんや」が胸に突き刺さった。その後、人生を完全リセットするために、30歳目前に、よしもとクリエイティブ・エージェンシーが運営するタレント養成学校の大阪NSCに入学。晴れて、芸人になった。

 このドラマの主題歌は、↑THE HIGH-LOWS↓の『青春』。同グループは、95年に解散したロックバンド・THE BLUE HEARTSの甲本ヒロトらが結成したものだが、その甲本も、松本で命拾いをしている。

 90年代のバラエティシーンでその名をとどろかせた『ダウンタウンのごっつええ感じ』(フジテレビ系)。そのエンディングテーマに、↑THE HIGH-LOWS↓の1stアルバムに収録されていた『日曜日よりの使者』が起用された。これには、深いワケがあった。

 繊細な甲本はブルーハーツ時代、複合的な要因で悩み、不安を抱えていた。かなり追い詰められ、自殺しようと決意した。日曜日の午後11時ごろ、行動に移そうとしたそのとき、つけたままのテレビから、くだらない立ち話をする男性2人と、女性客の笑い声が聞こえてきた。今も続く『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』(日本テレビ系)だった。気づけば見入っており、「俺、まだ笑えるじゃん」と思い、自殺をやめた。

 この実話をベースに完成したのが、『日曜日よりの使者』。日曜日は放映日、使者はダウンタウンを意味した。松本が結婚をした際、SMAP・中居正広や木村祐一、ケンドーコバヤシ、雨上がり決死隊・宮迫博之などで身内のパーティーを開いたが、その席に甲本がサプライズゲストで登場。この名曲を披露したというエピソードがある。

 笑いの求道者・松本は、日本になくてはならない存在なのだ。

【引用元:リアルライブ】

■『ガキ使』で甲本ヒロトが自殺を思いとどまった? 松本人志に捧げられた曲とは

「俺らの世代でダウンタウンとブルーハーツに影響を受けてないヤツはいない」。

スピードワゴンの小沢がかつてこう語っていました。

片やお笑い、片や音楽。それぞれのフィールドで今までにないスタイルを打ち出し、カリスマ的人気を誇った2組。

同時期に若者を熱狂させたそれぞれのグループですが、接点はあまりありません。

でも、浜田はともかく、松本人志は確実にブルーハーツ、もとい、甲本ヒロトが好きなはずです。

その証拠に、『ダウンタウンのごっつええ感じ』と『伝説の教師』のエンディングテーマはTHE HIGH-LOWSの楽曲でしたし、若手時代の代表番組『4時ですよーだ』の最終回では、泣きながらブルーハーツの曲を唄っていました。

そもそも彼は、BOROの『大阪で生まれた女』やフォークバンド・野狐禅の楽曲など、ちょっと泥臭い音楽を愛聴する傾向にあるので、シャイで口下手な永遠のロック小僧・ヒロトが、懸命に想いを伝えようとシャウトする姿に惹かれるのは当然といえるでしょう。

……と、ここまで、松本がヒロトを好きである裏づけを書きましたが、では、ヒロト→松本への矢印はなかったのかというと、それがありありなのです。

というか、ヒロトはこのダウンタウンのボケ担当によって、命を救われているかも知れないのです。

そのリアルとも噂ともつかない逸話は、先述した『ごっつええ感じ』のエンディングに使用された楽曲『日曜日の使者』の誕生にまつわる話になります。

命を絶とうとしたヒロト、ダウンタウンのトークが目に入り……

それは、ブルーハーツ解散前後でのこと。もともとピュアで不器用な男ゆえ、自身の内外で起こる問題を見てみぬフリすることも、ポジティブに合理化することも出来なかったのでしょう。

バンド内の人間関係に疲れたのか、はたまた、将来に漠然とした不安を抱えていたのか、甲本ヒロトは、自殺を考えるほど悩んでいました。

考えに考え抜いた挙句、ついに「実行」へと移します。時刻は夜の11時。
日曜日が終わり、明日からまた新しい1週間が始まろうとしていた時です。

深い絶望の中、永遠に朝が来ない世界へ旅立とうとするヒロト。そんな彼の目に、ある映像が飛び込んできます。

つけっぱなしにしていたテレビのバラエティです。芸人2人が愚にも付かない立ち話を繰り広げています。その内容は、毒にも薬にもなりません。

でも、心の琴線に触れるそれは妙に可笑しくてヒロトは思わず「フフッ」と噴出してしまいます。

笑っているその一瞬、死にたいくらいの深い悩みもどこかへ消し飛んでしまったかのようです。いつの間にか、テレビに釘付けになり、終始笑顔でいるヒロト。

あっという間の30分が終了し、彼は気付きます。「俺、まだ笑えるじゃん」と。

この時見ていた番組こそ、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』だったのです。

松本の結婚式でも甲本ヒロトによって歌われた『日曜日の使者』

こうした実体験をもとに、ヒロトが松本人志のことをイメージして書いたのが、先述の『日曜日の使者』です。実際に歌詞を見ていきましょう。

「このまま どこか遠く 連れてってくれないか 君は 君こそは日曜日よりの使者」という歌い出しは、笑いのパワーで辛い現実を忘れさせてくれる松本のことを歌っています。

「適当な嘘をついて その場を切り抜けて 誰一人 傷つけない」という箇所は、浜田が選んだ視聴者からの質問ハガキで、松本が即興のボケをかますガキ使のフリートークを指しているのでしょう。

そこから「そして 東から昇ってくるものを 迎えに行くんだろ」と繋げます。

この歌は、明けるはずのなかったヒロトの夜を、太陽のような光で照らした日曜日よりの使者・松本に捧げられた曲なのです。

時を経て10数年後、ヒロトは松本の結婚式にサプライズゲストとして招かれ、この曲を披露します。

いかなるときも笑いで見る人を救ってきた「日曜日よりの使者」も、この時ばかりはボケるのも忘れて、涙ぐんだに違いありません。

【引用元:チョベリグニュース】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について