テレビ特番で涙の懺悔…番長・清原和博の切迫した金銭事情とは…覚醒剤で再逮捕の可能性も出てくるか

清原和博

「濃紺のスーツに身を包み、丸刈りだった頭を七三に分けた姿からは、当時の威圧するような雰囲気はなかったものの、腹はダブつき、目はうつろ。

額に噴き出る汗を拭いながら発する言葉に覇気はなかった。体調を含めて、むしろ心配になった」

古巣・西武関係者の感想だ。

清原和博(49)が、今年2月に覚醒剤使用で逮捕、起訴されてから初めて一部メディアの取材に応じた。

3時間に及ぶインタビューを行ったというTBSが、24日の「ニュースキャスター」でその一部を放送。

そこで清原は「このたびは世の中の皆さま、そして少年野球、高校野球、プロ野球、名球会、すべての皆さまのことを大変失望させてしまい、本当に申し訳ありませんでした」と頭を下げると、「覚醒剤は化け物、悪魔。一日一日の闘い。今日は勝ったぞ、明日も頑張ろうという毎日の積み重ね。二度と手を出さないとは言えない。そう言い切れるのは、最後、自分が死ぬとき」と、今も禁断症状に悩まされている現状を告白。
「息子に会いたい」と涙も見せた。

今年5月に懲役2年6月、執行猶予4年の判決を受けた清原はその後、大阪での病院治療を経て、9月ごろには都内のマンションで暮らすようになった。

事情を知る関係者によると、都内に戻ってからの清原は、すぐにでもメディアでの仕事を再開したいと考え、周囲に「公の場で謝罪しないままの状態が続いている。きちんと謝罪をしたい」と相談していたという。

「一番はカネの問題を抱えているからでしょう」

と語るのは、清原問題に詳しいさるジャーナリストだ。

「仕事がない清原は、貯金を取り崩しつつ、支援者の助力があって何とか生活できている状態。

一昨年3月に初めて薬物疑惑が報道されてから、丸3年近く稼ぎのない状態が続いていますからね」

実際、巨人の野球賭博問題が発覚した昨年、清原は親しいOBに関与疑惑が囁かれると、暴力団関係者に揉み消しを依頼。その際、「週刊誌に載ったら終わり。

そんなんが出たら収入がゼロになってしまいますから。ボクも収入ゼロになりましたから」と切羽詰まった声で話している。当然のことながら、今もそういう状況に変わりはないのだ。

■更生途中の元番長を担ぎ出すテレビ局の商魂

そんな清原の社会復帰の希望をくんで、支援者の一部には「謝罪すれば周囲も理解してくれる」などと諭し、テレビ局に対しては「インタビュー10分で100万円」と、具体的な数字を提示した者もいるという。

「保護観察処分にならなかった清原は、自力での更生が求められた。持病の糖尿病治療に加え、薬物治療にも相当なカネが必要。

左上半身と右足に彫った入れ墨を消すと言っているが、それにしたって何百万円もかかる。

逮捕前に交際が噂された現役女子大生のハーフ美女とは今も関係が続いているようで、彼女を支えていくためにもカネが必要です。

今は某芸能事務所の社長や焼き肉店経営者から資金的援助を受けているが、この先もずっとそうしたタニマチに食わせてもらっていくわけにはいかないですからね」(前出のジャーナリスト)

金欠という切迫した事情がある清原に今回、テレビ局が手を差し伸べたわけである。

だが、しかし、だ。清原自身がインタビューで覚醒剤について「二度と手を出さないとは言えない」と語っているように、今はまだ毎晩毎晩、クスリの「誘惑」と闘っている状態。

40歳代の再犯率は72・2%。ただでさえ更生は難しい覚醒剤に溺れた清原に必要なのは早期の社会復帰ではなく、しっかりとした治療とそれを可能にする生活環境のはずである。

そうだと分かっていながら、テレビ局は商売のために清原をカメラの前に担ぎ出す。薬物疑惑報道以降、何度も逮捕情報が駆け巡っているにもかかわらず、TBSとフジテレビはバラエティー番組に清原を出し、「クスリなどやっていない」と本人のウソの言い分を垂れ流した。

それで、視聴率が上がった、と大喜び。野球人としての仕事を失った清原を数字の取れるタレントとして重用し、結果的に覚醒剤を買うカネを渡していたようなものだった。

インタビューの一部を放送したTBSは今回、わざわざ尿検査で覚醒剤反応がなかったことを示す医師の診断書まで映していた。

免罪符のつもりだろうが、清原を自らの商売に利用していることに変わりはない。

「だから今回も、清原を支える全ての人間が公に出ることを望んでいたわけではなかった。

古くからの知人は、『みそぎが済むまでは表に出ない方がいい』とアドバイスしている。

テレビに出れば、清原に対する警察のマークは厳しくなってストレスがたまるし、カネが手に入れば再び薬に手を染めかねない。心中複雑のようです」(球界OB)

社会復帰を急ぐ清原も、それに手を貸すテレビ局も、結局はカネのためだとすれば逮捕前となにも変わっちゃいない。

【引用元:日刊ゲンダイ】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について