テレ朝・田中萌アナと加藤泰平アナの不倫交際がバレた理由、同じハンドクリーム使用で疑われた?

その夜は番組の打ち上げの食事会。一次会、二次会と終わって、時間は日付をまたぐ頃。一堂は三々五々に解散し、タクシーで帰途についた。

女性は共演者と同乗したタクシーを自宅付近で降りたが、すぐにはマンションに入らない。周囲を歩いて回って、やっと建物に入ると自分の部屋とは別フロアの廊下から下をのぞき込む。プライベートに関心を持たれがちな人気女子アナにとっては特に変わった行動ではない。

ちょうどその頃、男性も家族が待つ自宅マンションまで番組関係者とタクシーを走らせ、先に降りると同乗者を見送った。そこからだった。

男性は別のタクシーに飛び乗ると、向かった先は件の女性のマンション、そしてお泊まり。この不倫カップルはこう思ったに違いない。打ち上げの席上でも細心の注意を払った。それに、別々に帰ったというカモフラージュは完璧なはず。それなのに、どうしてバレたの――。

テレビ朝日『グッド!モーニング』に出演中の田中萌アナ(25才)と加藤泰平アナ(33才)の不倫交際が『週刊文春』(12月8日発売)で報じられた。百戦錬磨のベテラン週刊誌記者は、スクープの「ウラ」をこう読み解く。

「芸能人カップルでも、ここまで徹底するのは珍しい。深夜、別々のタクシーに乗ってそれぞれの自宅方面に走り去ったとなれば、男女の関係を疑う余地はないはず。それでも文春の記者がふたりの姿を追い続けたのは、不倫関係にあるという確実な情報がふたりの身近なところから漏れていたからでしょう」

テレ朝関係者が明かす。

「確かに、ふたりが交際していることは管理職や局の上層部にはバレてなかったと思います。報道が出てから、“なんでこんな重大な問題を報告しなかったんだ!”って怒り心頭でしたから。でも、現場レベルの若手や、ふたりと同年代の20~30代のスタッフの中には“なんとなく怪しい”と感じていた人も多かったんです。噂が立ち始めたのは2016年の春頃。ふたりの距離が妙に近いと思うことが多くて。打ち上げの席で気づくと隣に座ってる、みたいな」

同局には男女計60人のアナウンサーが所属。田中アナは入社2年目、対して加藤アナは11年目だ。

「同じ番組を担当していれば、他のアナより関係が密になるのは当然のこと。『グッド!~』には3年目の男性アナもいますが、まだまだ経験が浅い。田中アナが仕事の相談をする相手は、必然的に中堅の加藤アナになることが多かった。彼はしっかりとした実力を持っている上、人当たりもよく面倒見もよかったですから」(前出・テレ朝関係者)

当初は、「仲のいい先輩後輩」といわれても納得できるような間柄だった。だが、周囲が感じていた“違和感”の点と点は徐々に線で結ばれていく。

「ふたりが使ってるハンドクリームが同じブランドだったんです。手元が画面に映ることも多いから、男性アナでハンドクリームを常用している人もいて、同じブランドもたまたまともいえる。

でもそれだけじゃない。夏頃から田中アナがフットサルの話題をよくするようになったんです。スポーツをする印象があまりなかったし、サッカー中継とかを志望していたわけでもなかったから、珍しいなって。よくよく考えると、加藤アナが大のサッカーファンだったんですよね」(番組関係者)

ふたりのデート現場が目撃されたわけではなかった。しかし、田中アナの目線はいつも彼を追い、恋の香りは濃くなるばかり。

「一度、心配した先輩アナが加藤アナに田中アナとの噂について問いただしたことがあったんですが、彼はものすごい剣幕で否定したそうです。その反応自体、怪しかったそうですが…」(前出・番組関係者)

※女性セブン2017年1月1日号

【引用元:NEWSポストセブン】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ運営者について