ナイナイ矢部浩之と元TBS青木裕子夫妻、長男が難関の名門幼稚園に合格も「ほかにも受験する」

矢部浩之 青木裕子

「長男が合格したのは都内でも評判の幼稚園です。有名私立小学校へ入るための“お受験幼稚園”としても知られていて毎年、入園希望者が殺到します」(都内の名門幼稚園に子どもを通わせる母親)

『ナインティナイン』矢部浩之と青木裕子夫妻が長男の“お受験”に備えて、いくつかの幼稚園を見学しているというニュースは『週刊女性』10月25日号で報じたばかり。そして、このほど長男が名門幼稚園のひとつに合格したという話が飛び込んできた。

 夫婦で力を合わせ“お受験”に挑んでいるだけに喜びもひとしおだろう。

「お受験に関しては、どちらかというと奥さまのほうが積極的なようですが、今回はおふたりとも大喜びしておりました」(矢部の知人)

 とはいっても、矢部夫妻はこれで満足しているわけではないという。

「次の段階の“小学校受験”を考慮して、難関校への合格率がより高いところを狙っているようです」(芸能プロ関係者)

 矢部の所属事務所に話を聞いてみると、

「その幼稚園に合格したとのことですが、入るかどうかはまだ決めていないようです。ほかに選択肢があるようですし、まだこれから受験するところもあるみたいです」

 ということだから、まだまだ親子そろってひと息つける状況ではないようだ。

 ただ、お受験事情に詳しい『アンテナ・プレスクール』の石井至校長は、昨今の“名門”至上主義に苦言を呈する。

「名門幼稚園に入ったからといって、小学校受験が有利になることはありませんし、その先、お受験の最終段階である大学受験に関しても言わずもがなです」

 世間一般に言われているような、名門幼稚園→名門小学校という図式は必ずしも成立するわけではないという。それどころか、

「名門幼稚園と呼ばれているところは、都心に住むご家庭の園児が中心になるので、教育熱心なご家庭が多いという特徴があります。また、お受験する家庭が多く、ママ同士のお付き合いが大変かもしれません」(前出・石井氏)

“名門”といっても、いいことばかりではないようなのだ。それにしても、最近は有名校に子どもを通わせる芸能人が増えたが、

「芸能人は不安定な職業だから将来に不安を抱えている人が多いんです。自分の子どもにはそんな思いをさせたくないと、子どもが芸能人になっても、いつでもほかの職業にスイッチできるように学歴を重視するようになりましたね」(芸能レポーター)

■矢部浩之と青木裕子、超セレブ幼稚園の運動会見学で下調べ「自分の出身校に入れたい」(10/11(火))

矢部浩之と青木裕子、超セレブ幼稚園の運動会見学で下調べ「自分の出身校に入れたい」

来年、3歳になる長男の”お受験”が早くもスタートした矢部&青木夫妻

「子どもを抱いたきれいな女性がいたので、よく見たら青木さんでした。隣には矢部さんも。その場に溶け込んでいたので、この幼稚園にすでにお子さんが入園しているのかと思いましたよ」

 と語るのは、都内のある幼稚園に子どもを通わせている母親だ。9月29日に行われた運動会で、『ナインティナイン』の矢部浩之と妻の青木裕子の姿が目撃された。

 この幼稚園は保護者たちの間で“東京御三家”と呼ばれている幼稚園のひとつで、

「慶應幼稚舎への合格率が高く、入園の倍率は10倍。勉強だけじゃなく、カトリック精神に基づき情操教育に重点をおいた教育方針をとっています。でも、紹介者がいないと入学願書さえもらえないんですよ」(前出・子どもを通わせる母親)

 というほどの“超セレブ”園としても知られている。どうして矢部と青木が幼稚園の運動会にいるのだろうか? 

 ふたりは’13年3月に結婚し、翌年、長男が誕生した。今年の1月には次男が生まれている。

「長男が来年の3月で3歳になります。幼稚園に入園する年齢ですから、どこに入れようかと、下見していたんでしょう。ただ、その次の段階の“小学校のお受験”も考慮して、難関校への合格率が高いところを狙っているみたいです」(芸能プロ関係者)

 実際、ふたりはこの園以外にもいくつかの幼稚園を見学しているようで、来るべき春に備えて、今から準備しているのだろう。

 矢部の所属事務所に話を聞いてみると、

「いろいろと下見に行っているようですね。どちらかというと奥さんのほうが熱心だと聞いています」

 青木は慶應大学の出身。’01年、1年生のときには『ミス慶應』に輝いた才媛だ。

「将来、子どもを自分の出身校に入れたいと願う気持ちがあるんでしょう。最近の芸能人は子どもを難関校やセレブ校に入れたいと思う人が増えましたね」(芸能レポーター)

【引用元:週刊女性】

■矢部浩之 長男“園活”本命は「皇族ゆかりの超セレブ幼稚園」

都内も最低気温14度と一気に冷え込んだ10月中旬の朝。

「受付開始の15分ほど前に、矢部さんがいらっしゃいました。黒スーツに白いシャツ、黒縁メガネにマスク姿。すでに30人以上が並ぶ列の最後尾につくと、冷え込むなか、1時間以上、じっと立っておられました」(保護者の1人)

 超セレブ幼稚園の“入園願書”受付に並んだのは、ナインティナインの矢部浩之(44)。 矢部は、来年3歳になる長男を入園させようと、早朝から並んでいたのだ。矢部と妻の青木裕子アナ(33)は、今年に入って“園活”を続けてきたという。

「長男の幼稚園受験に熱心なのは、“教育ママ”の青木さんなんです。進学校から慶應大学に進学してTBSアナウンサーになった青木さんは、名門幼稚園に入れることで、長男の将来に“選択肢”を増やしてあげたい、という思いが強いんです」(矢部家の知人)

 そんな青木に、矢部は圧倒されているという。

「矢部さんは、長男には自由に育ってもらいたいと思ってます。もちろん、青木さんに協力して、矢部さんも全力でお受験をサポートしていますが、本音では、息子には自分が好きなサッカーをやらせたいだけ(笑)」(前出・知人)

 この日、早朝から矢部が願書提出に並んだ“本命”幼稚園は、運営母体の総裁を皇族が務めることが慣例になっている。では、矢部夫妻はなぜこの超セレブ幼稚園を選んだのだろう。受験情報などを発信するポータルサイト『バルクセル』代表の野倉学さんはこう言う。

「ここの卒園生は、有名小学校を受験する方が多いのはもちろんですが、みなさん、“絶対に慶應だけ!”というような“偏り”はないんです。そこで、お子さんの将来にさまざまな可能性を残すために、ここを選ばれる保護者も多いですね」

 別の教育関係者もこう言う。

「なごやかで自由な雰囲気の幼稚園ですね。近くに大きな公園もあり、子供をのびのびと活動させる教育方針に共感する方は少なくありません」

 なるほど、お受験指向の青木アナにも、のびのび指向の矢部にも“許容範囲”な幼稚園のようだ――。

【引用元:女性自身】

■ナイナイ矢部が“園活中” 「長男の名門幼稚園お受験」問題

運動会シーズン真っ只中の9月下旬、都内のある名門幼稚園でも賑やかに運動会が行われていた。

「聞いたことのある声が聞こえるな、と思ったら『ナインティナイン』の矢部さんがいたんです。お子さんを抱いた青木さんも一緒で。二人に気づいて立ち止まる人もいましたが、気にならないようで楽しそうに談笑していました」(園児の保護者)

 2013年に入籍した矢部浩之(44)と元TBSアナウンサーの青木裕子(33)夫妻は二人の息子をもうけ、長男は来年3月に3歳を迎える。お受験を控えて運動会の見学に来たようだ。

 二人が訪れたこの幼稚園、実はセレブが集まる名門として知られ、紹介者がいないと願書さえ入手できないとも言われているほどの『狭き門』だという。
「進学実績はトップクラスで、慶應幼稚舎に行くようなご家庭の『御用達幼稚園』といった存在です。紹介を受け、入園する前提で運動会などの行事の見学を重ねたうえで、ようやく入ることができる。紹介のない一般受験での入園はかなり難しいですね」(お受験事情に詳しいアンテナ・プレスクール校長の石井至氏)

 矢部夫妻も入園受験活動、いま流行りの『園活』の候補として、ここを訪れたのだろう。運動会見学から数日後、自宅から家族と出てきた矢部を直撃した。

――着々と園活を進めているようですね。

「いくつか良さそうなところを見て回っていますよ。嫁がいろいろと調べてきてくれて、毎日考えています」

――将来的には、青木さんが出た慶應を考えているんでしょうか?

「そんなことはないです。嫁も慶應に入れたいと強くは思っていません。女の子なら幼稚舎からエスカレーター式にと考えるかもしれませんが、男の子やからね。スポーツはしてほしいですね。最高なのはやっぱりサッカーかな。リビングにはサッカーボールが10個くらい転がってますよ」

 矢部の受け答えは終始にこやかなものだった。可愛い長男の園活に手応えを感じているのかも!? 10月13日(木)発売のFRIDAY最新号では、運動会の見学に訪れた時の写真を掲載している。

【引用元:フライデー】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について