ノンスタ井上当て逃げ 心配される相方・石田の“うつ再発”

お笑いコンビ「NON STYLE」の井上裕介(36)の当て逃げ事故をめぐり、相方・石田明(36)の精神面を不安視する声がファンの間で広がっている。

 石田は2000年に井上とコンビを結成してデビューを果たしたが、その1年後、父親が多額の借金を抱えていたことや苦手なトーク番組に出演するプレッシャーなどから、うつ病を発症した経験がある。

 精神安定剤や抗うつ剤、睡眠薬を大量に服用していたことをテレビで明かしたほか、過呼吸の症状を併発していたことも公表。「吸うタイミングが分からず、いっぱい吸っちゃうんです」と、呼吸もままならない状態だったらしい。

 うつ闘病中は自宅のベランダに飛び降り自殺防止用のネットを張っていたともいう石田。20代後半になって体調は回復したものの、重症だった期間の記憶はすっぽり抜け落ちているそうだ。

 そのため、石田がうつ病だったことを知るファンからは<石田さん、またうつになりそうで怖い>などメンタル面を気遣う声がネット上に相次いでいるほか、<井上は本当に何をやっているのか!>と怒りをあらわにする書き込みも少なくない。

 今回の一件で、年末年始の特番では井上の登場シーン削除などすでに多方面に影響が出始めている。相方の石田にも心労が募りそうだが、大丈夫なのか。

【引用元:日刊ゲンダイ】

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について